インターネット現象の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インターネットにおける流行・現象の一覧(インターネットにおけるりゅうこう・げんしょうのいちらん)[1]は、インターネット・ミームインターネット口コミアマチュアの有名人などの一覧である。

アニメーション[編集]

  • キャラメルダンセン - 2001年スウェーデンの音楽グループCaramellが発表した楽曲。空耳歌詞により「ウッーウッーウマウマ」の邦題がある[2][3][4]
  • Nyan Cat - PRguitarmanの猫のアニメーションをdaniwellPの楽曲と合わせた、saraj00nの作品。Youtubeにアップロードされたことにより莫大なヒットを記録し[5]、二次的著作物も多数制作された[6]

人物[編集]

架空の人物[編集]

  • スレンダーマン - サムシング・オーフル・フォーラムの利用者であるエリック・クヌーゼン(Eric Knudsen)が生み出した架空のキャラクター。スレンダーマンに関する架空の怪談などが広まりキャラクターへの人気が高まった一方、スレンダーマンの手下になることを夢見るあまり殺人未遂事件を起こす者も出てきた[8]

脚注[編集]

  1. ^ Oxford English Dictionary. Oxford University Press. (2008). "A very notable or extraordinary thing; a highly exceptional or unaccountable fact or occurrence; (colloq.) a thing, person, or animal remarkable for some unusual quality; a prodigy." 
  2. ^ “【トレビアン動画】アキバでも垂れ流し!! 中毒動画『ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)』”. livedoorニュース. (2008年2月11日). http://news.livedoor.com/article/detail/3504781/ 2009年1月28日閲覧。 
  3. ^ “腰クネクネ謎のダンス 「ウマウマ」大流行の兆し”. livedoorニュース. (2008年3月8日). http://news.livedoor.com/article/detail/3544687/ 2009年1月28日閲覧。 
  4. ^ “「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」がCD化 販売中止のトランスアルバムが新装復活”. ITmedia. (2008年2月25日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/25/news030.html 2009年1月28日閲覧。 
  5. ^ Talking Twin Babies, Nyan Cat among YouTube's top videos of 2011”. Los Angeles Times (2012年12月20日). 2012年8月1日閲覧。
  6. ^ “もうすぐ2000万再生! 夢中になっちゃう人続出の「Nyan Cat」ゲームを集めてみました”. ITmedia. (2011年6月23日). http://gadget.itmedia.co.jp/gg/articles/1106/23/news024.html 2012年8月2日閲覧。 
  7. ^ Wins! Obama Girl Reacts!! アンバー・リー - YouTube
  8. ^ ホラーサイトの架空キャラに触発され友人刺す、米で2少女起訴”. AFPBB (2014年6月4日). 2014年6月7日閲覧。

関連項目[編集]