イエヴァン・ポルッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イエヴァン・ポルッカIevan Polkkaフィンランド語で「イエヴァのポルカ」の意。Ievan Polokkaとも)は、1930年代エイノ・ケットゥネンEino Kettunen)により作詞されたフィンランドの有名な伝統的ポルカ。また、エリン・ポルッカ(Ellin Polkka)という別の名でも知られる。下記フラッシュアニメーションによって知られるようになったイエヴァン・ポルッカのメロディは2パートから成るがエリン・ポルッカは4パートから成り、メロディも微妙に異なる。どちらのメロディが先に成立していたかについては不明。なぜかアイルランド音楽でも盛んに演奏される。

演奏者[編集]

歌詞[編集]

この歌は青年の視点で歌われる。イエヴァ(サヴォ方言でのエヴァ)は皆がポルカに合わせて踊っている家をそっと出て行き、そこでハンサムな青年と出会う。彼はイエヴァを自分の家に連れ込もうとしたが、家の前には怒ったイエヴァの母親が待ち伏せていた。口うるさく怒る彼女に、青年は「その雑音を止めろ。でないと僕は何をするか分からないぞ。あんたが大人しく家に帰ればあんたは怪我しないし、僕も彼女を口説ける」と言った。どうやら、母親が何を言おうとイエヴァと彼は「お似合いになりそう」だ。

言語[編集]

この歌はフィンランド中東部で話されているフィンランド語サヴォ方言で歌われている。

しかし以下に示すフラッシュムービーの歌詞はケットゥネンのオリジナルの作詞によるものではなくロイツマによるものである。この歌の歌詞はジャズスキャットの様に意味を成さない即興性の部分があり、歌い手により異なる。

知名度[編集]

この歌がよく知られるようになったのはフィンランドのカルテット・ロイツマの1995年のデビューアルバム「Loituma」によってである。このアルバムは1998年アメリカで「Things of Beauty」の名で発売された。

フィンランドではよく知られていたが、以前はそれ以外の国では知られていなかった。しかし、2006年4~5月にあるFlashアニメーションによってインターネットを通じ知られるようになった。

また別のバーションの同じ歌がロシアでは1995年映画Особенности национальной охоты』で使われており、人気だったためよく知られていた。

アニメ[編集]

この歌が使われたフラッシュアニメーションが有名になっている。その作品では日本アニメである『BLEACH』の井上織姫長葱を振り回しているシーンの動画がイエヴァン・ポルッカの第5節後半および第6節と組み合わされている。此処の歌詞の殆どには意味がなく、公式の歌詞には含まれていない。

ゲーム[編集]

2009年7月2日セガから発売されたPlayStation Portable専用ゲームソフト『初音ミク -Project DIVA-』で初音ミクが歌唱している楽曲が収録されている。アレンジャーはOtomania

関連項目[編集]

外部リンク[編集]