クロスリバー州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロスリバー州
州の愛称: 人民の天国
クロスリバー州の位置
ナイジェリアの国旗 ナイジェリア
州都 カラバル
設置日 1967年5月27日
公用語 英語
面積 20,156 km² (19位)
人口
 -1991年 国勢調査
 -2005年 推計
28位
1,865,604 人
3,104,446 人
州知事
一覧
リイェル・イモケ (PDP)
ISO 3166-2:NG NG-CR
公式サイト Cross River State

クロスリバー州ナイジェリア南東部の

地理[編集]

西部の州境にクロス川が流れ、クロス川右岸北部はアクワ・イボン州と係争中である。北にベヌエ州、北西にエボニ州、南西にアビア州と接する。東にカメルーンと接し、絶滅危惧種クロスリバーゴリラの生息域でもある。南はビアフラ湾大西洋に臨む。

歴史[編集]

1967年東部州が分割された際にその東部に南東州として設置され州都はカラバルに置かれた。1976年クロス川に因み改称され、オポボをリバーズ州に移管した。1987年に南西部のクロス川右岸がアクワ・イボン州に分割された。

1999年から2007年の知事はドナルド・デュークで、2007年5月29日以降の知事はリイェル・イモケである。

住民[編集]

民族[編集]

住民の民族構成はエフィクベクワラエジャガムなど多様である。

言語[編集]

宗教[編集]

大半はキリスト教徒である。

外部リンク[編集]