ムリダンガム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムリダンガム

ムリダンガム(Mridangam)は、南インド太鼓の一種である。現在の形はをくりぬいた両面太鼓だが、一説によると、もともとは(ムリド)で(アンガム)が作られていたという。演奏者は、両手でそれぞれの面を打つことで音を鳴らす。右手側の高音と左手側の低音を複雑に組み合わせることで、さまざまなリズムを奏でる。伝統的なカルナータカ音楽(Carnatic)でも用いられる。

著名な奏者[編集]

  • カライクディ・R・マニ(Karaikudi R. Mani)
  • B・ハリクマール(B. Harikumar)
  • K・V・プラサード(K. V. Prasad)
  • パールガート・ラグ(Palghat Raghu)