ジーン・アモンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジーン・アモンズ
(Gene Ammons)
基本情報
出生名 ユージーン・アモンズ
(Eugene Ammons)
出生 1925年4月14日
出身地 アメリカ合衆国の旗 ミズーリ州カンザスシティ
死没 1974年8月6日(49歳)
アメリカ合衆国の旗 ニュージャージー州モントクレア
ジャンル ジャズ
ビバップハードバップ
ソウル・ジャズ
職業 サクソフォン奏者
バンドリーダー
サイドマン
担当楽器 テナー・サクソフォン
レーベル ブルー・ノート
スティープルチェイス
ソウルノート
パルメット

{{{Influences}}}

ジーン・アモンズGene Ammons)こと本名ユージーン・アモンズ(Eugene Ammons, *1925年4月14日 – †1974年8月6日)はアメリカ合衆国ジャズサクソフォン奏者。父親はブギウギピアノ奏者のアルバート・アモンズ。「テナー・サクソフォン界のボス(The Boss)」や「ジャグ(Jug)」の愛称でも知られる。テナー・サクソフォン奏者のジョシュア・レッドマンに多大な影響を与えたと看做されている[1]

略歴[編集]

1943年キング・コラックスのバンドと巡業に出た際に、まだ18歳ながらも名前が知られるようになった。1944年ビリー・エクスタイン楽団に、1949年にはウディ・ハーマン楽団に入団しており、1950年にはソニー・スティットとデュオを組んだ。その後の活動は、麻薬の不法所持による2度の投獄1958年から1960年および1962年から1969年によって中断されている。リーダーとしては、1947年から1949年までマーキュリーに、1948年から1950年までアリストクラットに、1950年から1951年までチェスに、1950年から1952年までプレスティッジに、1952年にはデッカ、同じく1952年から翌1953年まではユナイテッドに録音している。その後の活動では、プレスティッジと契約した。

アモンズは、ヴォン・フリーマンとともに、テナー・サクソフォンのシカゴ派の開祖のひとりである。アモンズの演奏様式は、ベン・ウェブスターだけでなくレスター・ヤングからの影響も窺える。両者とも、テナー・サクソフォンの響きを、より高水準の表現力へと発展させるのに尽力したアーティストであった。アモンズは、デクスター・ゴードンソニー・スティットとともに、テナー・サクソフォンの発展をビバップ特有の音楽語法と統合しており、アモンズの演奏には、チャーリー・パーカー半音階技法やリズムの多様性が如実に現れている。

アモンズは、とりわけ代理和音への偏愛において、ビバップの技法的な面に習熟していたが、ウェブスターレスター・ヤングパーカー以上に、当時の商業的なブルースリズム・アンド・ブルースとの接点を保ってもいる。テナー・サクソフォンと電気式ハモンドオルガンとをしばしば組み合せた1950年代の「ソウル・ジャズ」の動きは、アモンズが開祖であると看做されている。デクスター・ゴードンソニー・スティットに比べて、瘠せて乾いた音色をしばしば用いるため、後のスタンリー・タレンタインヒューストン・パーソン、なかんずくアーチー・シェップのようなアーティストを予期させる歌い込み方をすることにより、楽器の幅広い響きを意のままに探究することができた。とはいえジョン・コルトレーンジョー・ヘンダーソンウェイン・ショーターらの、その頃に出現したモーダル・ジャズにはほとんど関心を示さなかった。

自作のバラードのいくつかの演奏は、抑揚の並外れた感覚や旋律の対比、力強い抒情的表現、さらに、ブルースビバップの、ある意味では「古典的」と言い得る特色の熟知を裏付けている。アモンズが演奏するスタンダード《アンサー・ミー、マイ・ラヴ(Answer Me, My Love)》の音源は、映画『ロマンス&シガレット』(2005年)のサウンドトラックに流用されている。

アモンズは、末期がんとの闘病生活の末に1974年に他界した[2]

註釈[編集]

  1. ^ Scott Yanow,Allmusic Biography Retrieved on 2012-07-20.
  2. ^ Scott Yanow, Allmusic Biography Retrieved on 2012-07-20.

外部リンク[編集]