ウェイン・ショーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェイン・ショーター
Photo by Tom Beetz
Photo by Tom Beetz
基本情報
出生 1933年8月25日(80歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州 ニューアーク (ニュージャージー州)
ジャンル モード・ジャズ
クロスオーヴァー・ジャズ
プログレッシヴ・ジャズ
ポストバップ
ハード・バップ
ジャズ・フュージョン
職業 作曲者, バンドリーダー, サックス奏者
担当楽器 テナー;ソプラノ・サックス
活動期間 1959 – 現在
レーベル ヴィージェイ, ブルーノート, コロンビア, ヴァーヴ
共同作業者 アート・ブレイキー, マイルス・デイヴィス, ウェザー・リポート

{{{Influences}}}

ウェイン・ショーターWayne Shorter, 1933年8月25日 - )は、ジャズのテナーサックス・ソプラノサックス奏者。

アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれ。

略歴[編集]

デビューまで[編集]

幼少期は絵を描く事や映画を好み、12歳で油絵を州の美術展に出して入賞、15歳で長編漫画を描きあげる。しかし同時期にラジオで耳にしたビバップに強い啓示を受け音楽に興味を持つようになり、15歳の頃に楽器(クラリネット)を手に取って本格的なレッスンを受ける。ハイスクール卒業後はニューヨーク大学(音楽教育を専攻)への学費を得るためにミシン工場の在庫品係として働く。大学を出た彼はまもなく軍隊に徴兵される。陸軍に入隊し名狙撃手と呼ばれ、軍に残るよう説得されるも1958年に除隊する。その後ナイトクラブ等で演奏しジョン・コルトレーンとも知り合うなど腕を磨いた。

デビュー、ジャズ・メッセンジャーズ加入[編集]

メイナード・ファーガソンのバンドを経た後1959年アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズに入団。同グループの音楽監督の地位に就く。同年初リーダー作『Introducing Wayne Shorter』をヴィージェイ(Vee-Jay)に録音。1961年、ジャズ・メッセンジャーズの一員としてモダン・ジャズバンド初の来日を果たし、日本にファンキージャズブームを巻き起こす。またこの時実際に日本のジャズ・ミュージシャンにモード・ジャズを伝授している。

マイルス・クインテットへ[編集]

1964年マイルス・デイヴィスのクインテットにサム・リヴァースの後任として入団。すでに入団していたハービー・ハンコックロン・カータートニー・ウィリアムスとともにいわゆる「黄金のクインテット」としてアコースティックジャズの頂点を極めた。また、マイルス・クインテットへの加入と同時期にブルーノートレーベルでのレコーディングを開始し、数々の作品を発表した。なおこの時期のショーターの作品の中にはいわゆる「オクラ入り」、録音はされたもののそのまま発表されずに仕舞い込まれてしまう音源が多く存在したが、それらは'70年以降にアルバム/楽曲単位で大量に発表されている。1969年のマイルスの作品『In a Silent Way』より、後のメイン・インストルメントとなるソプラノサックスをプレイし始める。

ウェザー・リポート結成[編集]

マイルスのバンドを脱退した後の1970年ジョー・ザヴィヌルミロスラフ・ビトウスらとともにウェザー・リポートを結成。意識的に従来のジャズ・グループの方法論・運営方法を断ち切ったこのグループは、のちに人気ベーシストジャコ・パストリアスの参加も得るなど、クロスオーヴァー・ムーブメントの牽引グループとして人気を博した。また、この間ミルトン・ナシメントとの共同作業によるリーダー作『Native Dancer』を製作(1974年)。ジョニ・ミッチェルスティーリー・ダンカルロス・サンタナなどとのレコーディング活動も行う。1976年からはハービー・ハンコックの「V.S.O.P.クインテット」に参加する。

ウェザー・リポート以降[編集]

ウェザー・リポート解散直前の1985年には11年ぶりのソロ・アルバム『Atlantis』を発表し、自身初となるリーダーバンドを伴っての意欲的なツアーを行った。続く『Phantom Navigator』『Joy Ryder』とソロアルバムを発表した後は再びセッション活動等に重点を置き、1989年には、元イーグルスドン・ヘンリーのヒット曲 "The End of the Innocence"のサックス・パートを担当し、全米8位。1995年には7年振りとなるリーダー作『High Life』を発表する。しかし1996年のツアー中にトランスワールド航空800便墜落事故により妻を亡くす(夫を驚かせるために、訪ねることを事前に伝えずに搭乗したらしい)という不幸が起こってしまう(1985年には、重度の脳性小児マヒであった娘を亡くしている)。

2001年にはダニーロ・ペレス、ジョン・パティトゥッチ、ブライアン・ブレイドと共に新生アコースティックカルテットを結成し、大きな話題を集める。新たなパートナーと再婚、70歳を超える現在もこのメンバーでの意欲的なツアー活動や様々なアーティストとのセッション活動を続けている。 ウェザー・リポート時代を含め、グラミー賞を通算9度受賞している。 作曲家としても高く評価されており、「Footprints」「Yes or No」などスタンダード・ナンバーとなっているものも少なくない。 また、日本のスイングジャーナル誌の人気投票ソプラノサックス海外部門において、1973年から少なくとも2001年まで29年連続1位に輝いている。

ディスコグラフィー[編集]

Vee Jay[編集]

  • Introducing Wayne Shorter (1959)
  • Second Genesis (1960)
  • Wayning Moments (1962)

Blue Note[編集]

  • Night Dreamer (1964)
  • JuJu (1964)
  • Speak No Evil (1964)
  • The Soothsayer (1965)
  • Etcetera (1965)
  • The All Seeing Eye (1965)
  • Adam's Apple (1966)
  • Schizophrenia (1967)
  • Super Nova (1969)
  • Moto Grosso Feio (1970)
  • Odyssey of Iska (1970)

Columbia[編集]

  • Native Dancer (1974)
  • Atlantis (1985)
  • Phantom Navigator (1986)
  • Joy Ryder (1988)

Verve[編集]

  • High Life (1995)
  • 1+1 (with Hearbie Hancock) (1997)
  • Footprints Live! (2001)
  • Alegria (2003)
  • Beyond the Sound Barrier (2005)

Blue Note[編集]

  • Without a Net  (2013)

受賞歴[編集]

  • 1988「Ron Carter, Herbie Hancock, Billy Higgins & Wayne Shorter for "Call Sheet Blues" performed by various artists」
30th Annual Grammy Awards / Best Instrumental Composition
  • 1998「"Aung San Suu Kyi" performed by Herbie Hancock & Wayne Shorter」
40th Grammy Awards / Best Instrumental Composition
  • 2004「"Sacajawea"」
46th Grammy Awards / Best Instrumental Composition
  • 2014「"Orbits" Wayne Shorter, soloist(Track from: Without A Net (The Wayne Shorter Quartet)」
56th Grammy Awards / BEST IMPROVISED JAZZ SOLO