ヒューストン・パーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒューストン・パーソン
演奏するパーソン(2006年)}
演奏するパーソン(2006年)
基本情報
出生名 Houston Person
出生 1934年11月10日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ サウスカロライナ州フローレンス
ジャンル ハード・バップジャズソウル・ジャズ
職業 サクソフォン奏者
プロデューサー
担当楽器 テナー・サクソフォーン
共同作業者 ジョニー・ハモンド楽団
エッタ・ジョーンズ

{{{Influences}}}

ヒューストン・パーソンHouston Person, 1934年11月10日 – )はアメリカ合衆国ジャズサクソフォーン奏者で音楽プロデューサースウィングハード・バップのジャンルで演奏しているが、特にソウル・ジャズにおいてすこぶる辣腕の演奏家として知られる。

略歴[編集]

サウスカロライナ州フローレンスに育つ。初めはピアノを弾いていたが、後にテナー・サクソフォンに転向した[1]サウスカロライナ州立大学に進学し、1999年には同大学の「名誉の殿堂」に登録された。米国空軍では、西ドイツへの進駐軍に在籍し、軍楽隊でドン・エリスエディ・ハリスシダー・ウォルトンレオ・ライトらと演奏した。後にコネチカット州ハートフォードハート音楽大学で研鑽を重ねている。

1960年代に、プレスティッジ・レコードへの一連のアルバムの録音で知られるようになった。ジャズ・オルガニストのジョニー・ハモンド楽団と共演したことがきっかけで、ジャズ・シンガーのエッタ・ジョーンズと知り合いになる。通説とは違ってジョーンズと結婚してはいないが、長年にわたって音楽面でのパートナーであり続け、録音や演奏・楽旅など、パーソンの経歴のほとんどはジョーンズとの関係がとりわけ知られている。

75点以上のリーダー・アルバムを、プレスティッジやウェストバウンドマーキュリーサヴォイミューズといったレーベルに残しており、現在はハイノート・レコードと契約している。録音では、チャールズ・ブラウンビル・チャーラップチャールズ・アーランドレナ・ホーンエッタ・ジョーンズルー・ロールズホレス・シルヴァーダコタ・スタントンビリー・バトラーリチャード・ホームズ[2]らと共演してきた。

特色ある小粋な音色と、表現力に富んだ演奏様式で名高く、1982年にはユービー・ブレイク・ジャズ・アワード(Eubie Blake Jazz Award)を受賞した。

註釈[編集]

  1. ^ Biography at allmusic
  2. ^ Henderson, Alex & Leggett, Steve at allmusic

外部リンク[編集]