デクスター・ゴードン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デクスター・ゴードン
Dexter Gordon
デクスター・ゴードン(1977年)}
デクスター・ゴードン(1977年)
基本情報
出生 1923年2月27日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
死没 1990年4月25日(満67歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア
ジャンル ジャズ
職業 バンドリーダー
サクソフォーン奏者
俳優
担当楽器 テナー・サクソフォーン
活動期間 1940年 - 1986年
レーベル サヴォイ・レコード
ダイアル・レコード
ブルーノート
公式サイト The Official Dexter Gordon Website

デクスター・ゴードンDexter Gordon1923年2月27日 - 1990年4月25日)は、アメリカ合衆国ジャズテナー・サクソフォーン奏者であった。

来歴[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルス に生まれる。 1945年、デクスターはビリーのバンドを離れニューヨークに行く。1945年から1947年にかけてサヴォイ・レコードのためのレコーディング・セッションを行い、バド・パウエルマックス・ローチアート・ブレイキーなどの敏腕プレイヤーと共演。その成果は、『デクスター・ライズ・アゲイン』『ロング・トール・デクスター』といったアルバムに収められた。更に、1947年にはダイアル・レコードのためのセッションも行った。その後も活動を続けるが、1950年代後半は麻薬の影響でスランプとなる。

1960年代初頭から1976年にかけて、フランスデンマークを拠点に活動。再び音楽活動が軌道に乗った時期で、1963年にバド・パウエルらと共にパリで録音し、ブルーノートから発表した『アワ・マン・イン・パリ』は人気の高い1枚。その他、ケニー・ドリューなどと共演している。なお、デンマークのゲントフテに滞在していた頃、現地のジャズ・クラブのマスターで元テニス選手であったトルベン・ウルリッヒと親しくなり、トルベンの息子の代父となる。その息子は、後にメタリカのドラマーとして成功を収めるラーズ・ウルリッヒであった[1]

1976年にはアメリカに戻り、殿堂ヴィレッジ・ヴァンガードでコンサートを行った。後に有名サックス奏者となるジョー・ロヴァーノはこの時の演奏を生で聴いており、「私をサックス奏者として最も向上させてくれた経験だった」と述懐している。

1986年には映画『ラウンド・ミッドナイト』で主役を務め、アカデミー主演男優賞にノミネートされた。

1990年4月25日ペンシルベニア州フィラデルフィアで亡くなる。67歳だった。

脚注[編集]

  1. ^ メタリカ公式サイト内バイオグラフィー参照

外部リンク[編集]