出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(たな)とは、主に収納を目的した構造物、あるいは家具。究極的には上にものが置ける棚板のことである。なお、前面にをつけた構造物または家具を戸棚(とだな)という。家具のみならず、商品陳列に用いられる棚もある(後述)。

棚板を壁に取り付けたり、組み合わせて家具を作る。本棚食器棚蔓棚パーゴラ)など様々な棚が存在している。日本語では、主にオフィス家具や什器としてののことは英語風にラックとも呼ぶ(正確には「棚」に対応するのは"shelf"(シェルフ)である。ラック(rack)は、棚を取り付ける「架」である)。「移動可能な棚」と「壁設置式の棚」とに分類される(後者に書院造の「床脇棚」がある)。

こうした実用具としての棚以外にも宗教面で用いられる「神棚」(江戸時代以降に登場)や「閼伽棚」もある。

現代では棚の利用法は多様化しており、本棚であっても本を収納せず、集めたフィギュア(人形)コレクションなどの玩具を飾るといった利用法や博物館でいえば資料・標本・遺物・レプリカといった多目的なもの(見学物・実験物)を載せ、来客に見せ、理解を深めることを目的とする場合もある。博物館で用いられる棚は家具というより商品を陳列する「見世棚(みせだな)」と同様、「見せる為の棚」である(民具・家具を載せた棚もある)。博物館で用いられる棚では、ものを永く大衆に見せる為、ものを保護する必要があり、防犯対策や天災対策という観点も含めて、ガラスケースで覆われている場合がある(これは貴金属や宝石を載せる棚でも見られる)。形状も多様で、見せるものに合わせて、円柱状の棚が用いられる場合もある。また、台上に品物を載せるという意味では、屋台で用いられる台も広義では棚である。

日本における歴史[編集]

古くは、垂仁紀(4世紀)に「板挙、これをば拕儺(タナ)と云ふ」と記述されており、古代から言葉に変化はない。

平安貴族の什器=日用家具の一つとして、下段に両開きの扉が付いた棚である「二階厨子(ずし)」があり、上に「唾壺(だこ)」(を吐き入れる器)などを置いた。また、「二階棚」も貴族にとって必需品であり、上に「半挿(はんぞう)」(や水を注ぐ器)を置いた。このように、平安期における棚は、器を置くものであった。

鎌倉時代になり、武家社会において書院造が登場し、南北朝から室町期に整えられていく過程で、床の間と共にその脇壁に設置された「違い棚」(「床脇棚」の一つ)が登場する事となる(壁設置式の棚)。江戸期では、客に合わせ、この違い棚にその人が好みそうな本などを置いてもてなした(古くは、上段と下段では置く物が決められていた)。近世江戸期に登場する「神棚」も分類的には、壁設置式の棚である。

「床脇棚」のような壁設置式棚の利点として、地震が起きた際、本棚のように人に向かって倒れたり、人めがけてぶつかって来るといった凶器とならない点があり、欠点としては、重量が大きいものは載せられないという点がある(棚下の空間を確保するその構造上、中腹部に脚立といった支えるものがない為)。

草庵の形式として、部屋の外に設置する「閼伽棚」が存在する(神棚と同様、宗教で用いられる棚であるが、神棚が部屋内に対し、閼伽棚は外に設置される)。

近代法制の成立によって、現在ではほとんど用いられなくなった棚もあり、一例として、「冠棚」がある。冠棚とは、元服時にかぶせられる冠を置く棚(日本では烏帽子が用いられたため、実質、「帽子棚」)をいうが、近代以降、成人の定義を法的に定めたため、元服の文化自体がなくなり、冠棚の言葉自体、用いられなくなった(一部、行事で烏帽子が用いられる)。

画期的だった日本の「見世棚」商法[編集]

商店において、道側に陳列台を造り、その上に品物(売り物)を載せ、道行く人に売る方法があるが、この陳列台を「見世棚(みせだな)」という。言葉自体は鎌倉時代末頃より登場し、それは台を高くして「見せる」から「見世」となり、室町期になり、「店」となった。この見世棚を用いた商法は、当時の中国・朝鮮にはあまり見られず、永享年間(15世紀初めから中頃)に来日した朝鮮通信使の朴瑞生(ぼくずいせい)が京都の町の様子を見聞した際の報告として、「日本の市の人々は店の軒に板を使って壇を設け、物を売るから塵にまみれず、買う人も見やすい。我が朝鮮の市では魚肉などの食物も地面に置いて売っている。日本の風にならって改良したいものだ」と見世棚について感心したことが記述されている。このことからも中世の日本において登場した見世棚が衛生上と商業上の両面で東アジア各国から見ても画期的だったことがわかる。以降、現代に至るまで、商品陳列に棚は欠かせない存在となっている。

近世では見世棚に関連した句も書かれており、松尾芭蕉の『薦獅子(すすめじし)』(冬)では、「塩鯛の 歯ぐきも寒し 魚(うお)の店(たな)」の一句が例。

棚に由来する神名[編集]

8世紀の『万葉集』巻10・2029番にも記される「織姫(たなばたつめ=はたおりひめ・おりひめ)」は、「棚機津女」とも記すが、その由来は、水辺に掛け造りした棚の上で、聖なる来訪者=神(孫星)を待ってを織っている婦人からきたという説があり、古代から機織りのために水辺で棚が作られ、用いられていたと考えられている。

この棚の解釈については、棚状の建物(巨棚)の上で、神の嫁となる神聖な女性が神が訪れるのを待つ「水神の祭り」が源流であったとする説もあり、日本古来の宗教行事と棚が深く繋がっていたことを示す。『古事記』に記載される足一騰宮(東征以前の神武帝をむかえるために築かれた宮)の構造についても、『古事記伝』の解釈に従うなら、棚に似た形式であり、ウサツヒコがこの宮=巨棚を建てたのは、神を祀る形式であり、カムヤマトイワレヒコを神として迎えいれ、もてなしたことになる。このように古代日本では、海・河・池などの水辺に「棚造り」の建物を築いていたと想定される(祀る形式としては社より古いことになる)。

備考・その他[編集]

棚のような台(あいづ
  • 階段状になったものを棚と表現する事もある。大陸棚棚田など。ただし、雛人形を飾る「雛壇」(これも階段状の棚板)は通俗的には棚と呼称されない。
  • 和美術の分類で棚などに配置する事を目的として作られた作品を「棚物」という。例として、「盆栽棚」がある(盆栽の項に複数棚の画像が見られる)。
  • 棚という語を用いた日本のことわざとして、「棚に上げる」、「棚から牡丹餅」などがある。
  • よく用いられる家具であることから、へそくり(資金)を隠す場所に選ばれる面がある。類例として、落語の演目『水屋の富』において、当たった富くじの大金をどこに隠すかで、「戸棚や神棚に隠すべきか(泥棒の裏の裏をかいている内にコロコロ変わる)」と悩む語りがあり、近世頃から資金を隠す場所として諸々の棚がポピュラーであったことがわかる。
  • 棚は建物の内外に設置される「家具」というイメージがあるが、近代以降の列車(機関車から新幹線に至るまで)といった乗り物にも座席の上部には棚が設置されている。多くの棚は板上であるが、列車内の棚は座席の上に設置するという都合上、下から上を見上げる時、何の荷物が置かれているのか判別しやすいよう、鉄棒を鉄格子のように間隔をあけて並べた構造になっているタイプも存在する。列車内の棚も、壁に設置するタイプの棚といえる。
  • 本棚など大きく重たい棚は、地震の際、人に倒れて凶器となる恐れがあり、地震が多い日本などの国では、地震対策として固定器具といった関連商品が推奨されている。例として、「転倒防止シート」があり、歴史上、棚が人に倒れてくることが多かったゆえ発展した道具といえる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 家具
  • - 日本語における「みせ」「たな」の読みは、見世棚に由来する(上述)
  • 茶棚 - 袋棚
  • ワイヤーシェルフメタルラックスチールラックスチールシェルフホームエレクターマキーノ) - 棚の高さが自由に調整出来る組み立て式金属棚。止め具には円柱型プラスチックが用いられ、円柱型ポール棒および棚四方隅配置円柱型穴の3者が咬み合い固定される仕組みとなっている。棚はメッシュ構造である為、殆どの部品が金属製であるにも関わらず全体重量は同サイズの家具より比較的軽い。重量など物理的衝撃には頑丈な反面、棚留めにプラスチックを使用している為、火災がもたらす高温熱に対しては脆弱(留め具が溶解して、全体形状を保てず倒壊する)。主にホームセンターDIY取り扱い店で販売されている。