群衆 (歌曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

群衆』(ぐんしゅう、原題:La Foule)は、シャンソンとして有名な曲で、エディット・ピアフの歌唱が有名。

概要[編集]

バルス・ペルアーノ(ペルー風ワルツ)の曲"Que nadie sepa mi sufrir"(誰も私の苦しみを知らないなんて)が、1936年にアルゼンチンでリリースされたのが、この曲の初登場である。作曲はアンヘル・カブラル(Ángel Cabral)、作詞はエンリケ・ディセオ(Enrique Dizeo)で、共にアルゼンチン人である。

1953年にアルゼンチンに旅行していたエディット・ピアフが、吹き込まれたレコードをたまたま聴いて気に入り、ミシェル・リブゴーシュ(Michel Rivgauche)がフランス語の歌詞をつけたヴァージョンを歌って、1957年にヒットさせた。以後、この曲はシャンソンとして有名になった。歌詞なしのアコーディオン演奏も聴かれる。

日本でも、加藤登紀子沢田研二がカヴァーしている。

なお、原曲は3拍子であるが、2拍子のヴァージョンもよく聴かれる。

カヴァー[編集]

外部リンク[編集]