リュシエンヌ・ボワイエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リュシエンヌ・ボワイエLucienne Boyer, 1903年8月18日 - 1983年12月6日)は、フランスシャンソン歌手。代表曲として「聞かせてよ愛の言葉をParlez-moi d'amour)」「私の心はバイオリンMon cœur est un violon)」など。


概要[編集]

フランス・パリのモンパルナス地区生まれ。第一次世界大戦で父親を失い、家族を支えるため軍事工場で働き16歳頃からキャバレーや小劇場の舞台にあがり歌手としての一歩を踏み出した(もともとは女優志望)。その後の1927年、米国人プロデューサーで劇場オーナーのLee Shubertに認められ渡米しブロードウェイでの出演を経て、1928年フランスで最初のシングルをリリース。南米ツアーを行った後、フランスに帰国する。

1930年、Jean Lenoir作詞・作曲による「聞かせてよ愛の言葉を」をリリース。
同曲はフランスの第1回Grand Prix Du Disqueを受賞し、発表から現在にいたるまで様々な歌手やアーティストにカバーされている。
日本でもシャンソンの代表的な曲として、多くのシャンソン歌手や宝塚歌劇などで歌われ続けている。

1983年12月6日フランス・パリにて死去。


関連項目[編集]