平岡精二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平岡精二
出生 1931年8月13日
出身地 日本の旗 日本 東京府東京市
死没 1990年3月22日(満58歳没)
学歴 青山学院大学経済学部卒業
ジャンル ジャズ
職業 ミュージシャン
作詞家
作曲家
編曲家
担当楽器 木琴
トランペット
アルトサックス
マリンバ
ヴィブラフォン
活動期間 1946年 - 1990年
共同作業者 平岡精二クインテット
ペギー葉山
山下毅雄
二代目平岡吟舟
村上一徳

平岡 精二(ひらおか せいじ、1931年8月13日 - 1990年3月22日)は、日本のジャズミュージシャン作詞家作曲家編曲家である[1][2]日本作曲家協会会員[1]

人物[編集]

1931年(昭和6年)8月13日、東京府東京市(現在の東京都)に生まれる[2]実業家であり木琴奏者平岡凞こと初代平岡吟舟(1856年 - 1934年)の孫であり、凞の次男、二代目平岡吟舟(本名・平岡次郎)の次男である[1]。シロフォン奏者・平岡養一(1907年 - 1981年)、フィギュアスケーター・平岡露子(1913年 - 2012年)の兄妹は父のいとこであり、「養一の長男」[2]とするのは誤り[1]初代東明柳舟(本名・高橋楊子、1882年 - 1949年)は、凞の次女であり、精二からは伯母に当たる[1]

幼少期、父からから木琴を習い、第二次世界大戦後、青山学院高等部在学中の15歳のころ、村上一徳(1913年 - 1963年)による「村上一徳とサーフライダーズ」に参加、プロとしてデビューする[1]。1951年(昭和26年)、ゲイ・セプテットに加入[1]、1954年(昭和29年)、青山学院大学経済学部を卒業し[1]ヴィブラフォン奏者として一本立ちする[2]。1956年(昭和31年)6月、「平岡精二カルテット」を結成、その後、「平岡精二シックステット」に発展、「平岡精二クインテット」を結成する[1][2]。渋みのある音色、抑揚の激しい歌で人気を博す。トランペットアルトサックスマリンバなども演奏する。1964年(昭和39年)、青山学院を舞台としたペギー葉山の代表曲『学生時代』を作詞・作曲・編曲、「平岡精二クインテット」が演奏した。山下毅雄の映画音楽等でマリンバを多く演奏したのが、平岡である[1]。山下と出逢うきっかけは、親戚の養一の家の近くに山下が住んでいたことだという[1]

1990年(平成2年)3月22日、死去した[1][2]。満58歳没。

ディスコグラフィ[編集]

フィルモグラフィ[編集]

クレジットは「音楽」である[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 平岡精二コトバンク、2015年2月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 平岡精二タワーレコード、2015年2月20日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]