愛の喜びは

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

愛の喜びは』(あいのよろこびは、仏語Plaisir d'Amour, 伊語Piacer d'amor)は、ジャン・ポール・マルティーニが作曲した歌曲。作詞はジャン・ピエール・クラリス。

概要[編集]

原語はフランス語であるが、イタリア語の歌詞で歌われる場合が多い。甘いメロディとは裏腹に、愛の喜びはたった1日、愛の苦しみは一生という苦い歌となっている。

後にベルリオーズが小編成のオーケストラのための管弦楽曲として編曲した他、ラリエは「マルティーニ『愛の喜びは』による幻想曲」を作曲している。

アメリカロックンロールミュージシャンエルヴィス・プレスリーのシングル「好きにならずにいられない」の原曲でもある。

歌詞[編集]

フランス語(原詩) 日本語訳

Plaisir d'amour ne dure qu'un moment,
Chagrin d'amour dure toute la vie.
J'ai tout quitté pour l'ingrate Sylvie.
Elle me quitte et prend un autre amant.
Plaisir d'amour ne dure qu'un moment,
Chagrin d'amour dure toute la vie.
Tant que cette eau coulera doucement
Vers ce ruisseau qui borde la prairie,
Je t'aimerai, me répétait Sylvie,
L'eau coule encore, elle a changé pourtant.
Plaisir d'amour ne dure qu'un moment,
Chagrin d'amour dure toute la vie.

愛の喜びは はかなくも消えて
愛の苦しみ 心深く残る
あなたは 私の思い見捨て
新たな愛に 身をゆだねた
この小川が 遠い海へと
野を越え 流れ続けるように
私の愛も
溢れ続くでしょう、と
この岸辺で
あなたは言ったのに

参考文献[編集]

外部リンク[編集]