ミレーヌ・ファルメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 ミレーヌ・ファルメール
}
基本情報
出生名 Mylène Jeanne Gautier
出生 1961年9月12日(52歳)
出身地 カナダの旗 カナダケベック州モントリオール
職業 歌手作詞家作曲家女優
活動期間 1984年 - 現在
共同作業者 ローラン・ブトナ


ミレーヌ・ファルメール (Mylène Farmer、1961年9月12日 - ) はカナダモントリオール生まれのフランスの女性歌手、作詞家、作曲家。

略歴[編集]

本名はミレーヌ・ゴーティエ (Mylène Jeanne Gautier)[1]

1961年9月12日カナダケベック州モントリオール近郊のピエルフォンド (Pierrefonds) 生まれ。芸名のファルメール (Farmer) は女優フランシス・ファーマー(en:Francis Farmer) にちなむ。子供時代は昆虫と乗馬が好きだった。パリで演劇学校に通っている時にローラン・ブトナ (fr:Laurent Boutonnat) と出会い活動を始める。

デビューからファーストアルバム (1984–1988)[編集]

1984年にジェローム・ダーンの『Maman a tort』でデビュー、1986年の『Cendres de Lune』がファーストアルバム。ブトナが作曲のみならずビデオもふくめて共同製作している。ブトナはマイケル・ジャクソンの『スリラー』のような映画のように演出された10分程度にも及ぶ実際の曲よりも長いPVを制作するようになる。放蕩な自由主義をテーマにした曲とPVの『Libertine』でショッキング、退廃的と評され名声を得る。墓場を彷徨う吸血鬼の様子が印象的なPVの『Plus grandir』ロシア風の『Tristana』などのシングルがカットされた。ブトナの映画への傾倒は曲にも表れていて『Greta』ではグレタ・ガルボの声がコラージュされている。日本にはプロモーションで訪れたことがあるが、コンサートは開かれていない。

Ainsi soit je... (1988-1989)[編集]

1988年にセカンドアルバム『Ainsi soit je...』 が制作され、日本でも数年遅れて邦題『ミレーヌ・ファルメール』とされ発売される。『Ainsi soit je...』は日本ではTVのコマーシャルに使用された。エドガー・アラン・ポーの写真をつかったピクチャーCDなどゴシックテイストなアートダイレクションが強かった。このアルバムは80年代のヌベールシャンソンのうちで女性アーティストとして最も売り上げ枚数が多かった。このアルバムからは性の同一性への疑問をはらむ『Sans contrefaçon』、『Ainsi soit-je』、肛門におけるダブルペネトレーションについての挑発的な『Pourvu qu'elles soient douces』、シュールな『Sans logique』と初期の名曲とされるシングルが多くカットされた。またジュリエット・グレコの『Déshabillez-moi』もカバーしている。初期のライブの様子は 『En Concert』に収められているがヴァンパイアイズムの強いビジュアルとなっており、ティエリー・ミュグレーが衣装をデザインしている。

L'Autre... と "Désenchantée" (1990–1992)[編集]

1991年には『L'Autre...』(邦題『二重人格』)は大ヒットアルバムになり記録的なセールスを示し、世界の崩壊観を歌ったシングルの『Désenchantée』はフランスではシングル売り上げ最高記録となり9週間シングルチャートNo1となり、フランス以外でもベルギーオランダドイツオーストリアカナダなどでヒットチャートに入った。エミール・シオランの『絶望の極みで』に影響を受けたとされているこのアルバムは絶望やなどのテーマが顕著であり、アルバムのオープニングもアンチクライストを歌った『Agnus Dei』というややショッキングな曲で始まる構成となっている。『Désenchantée』(2002年にケイト・ライアン(en:Kate Ryan) によってカヴァーされまたヒットとなる)、ジャン・ルイ・ミュラ(fr:Jean-Louis Murat) とのデュエット曲『Regrets』、また女性であるゆえの悲しみや苦しみの歌『Je t'aime, mélancolie』、『Beyond my control』などヒット曲がシングルカットされアルバムはフランス国内だけで200万枚の売り上げを記録しダイアモンドアルバムと認定される。また『Psychiatric』ではデヴィッド・リンチの『エレファントマン』からの叫び声、『Beyond my control』ではラクロの『危険な関係』の映画の中からジョン・マルコヴィッチの声を曲の冒頭にサンプリングしている。

Giorgino (1992–1994)[編集]

ブトナ監督でミレーヌのサイコホラー映画『Giorgino』が上映されるも興行的には全くの失敗に終わる。現在ではPatheからDVDがフランスにおいてはリリースされている。この映画の失敗と熱心なファンがレコード会社の受付に銃を持って来てミレーヌに会えないことに怒り発砲し受付員が死亡するという事件があった事なども含めてか、ベースをしばらくロサンジェルスに移してレコーディングする。1992年には 今までのシングルのリミックスを集めた『Dance Remixes』が発売される。その中のエイズ以降の時代の愛とセックスについての『Que mon cœur lâche』はシングルカットされリュック・ベッソンがPVを監督した。

Anamorphosée (1995–1997)[編集]

1995年発売の『Anamorphosée』(邦題『アナモルフォーゼ』)は、ハーブ・リッツ撮影のフェミニンファッションでのCDジャケットであったり、映画『氷の微笑』を想起させるアベル・フェラーラの監督によるPVの『California』など話題性には事欠かなかった。『XXL』『L'instant X』、虐待に対する歌『Comme j'ai mal平和友愛についての『Rêver』などのシングルがカットされ『XXL』はチャートのNo1になる。アルバムは3ヶ月の間に50万枚以上の売り上げを記録しダイアモンドアルバムと認定された。またこのアルバムからのライブツアーは『Live Bercy』として発売され現在の所フランスでのライブアルバムの最高セール記録を保持している。このアルバムからはミッシェル・ポルナレフのカバー『La Poupée qui fait non』をカーリー(en:Khaled) とデュエットでしているものがシングルカットもされた。その後中国などに旅行にでた。

InnamoramentoMylènium (1998–2000)[編集]

1999年『Innamoramento』 (邦題『イナモラメント』)では仏教東洋への旅行がインスピレーションになったのか、より精神的に深みのある歌詞とサウンドを打ち出し、またミレーヌ自身も作曲に参加する。またアルバムのジャケットのアートダイレクションにはニック・バントック(en:Nick Bantock) の不思議な文通シリーズからの影響を見られる。ファーストシングルの『L'Âme-stram-gram』のPVでは『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』に影響を受けたワイヤーワークを使ったもので北京で撮影された。またキリスト教偽善信仰を描いたフランソワ・ハンス(fr:François Hanss) 『Je te rends ton amour』のPVはテレビ放映が禁止されVHSとして発売されその売り上げはAIDSチャリティー寄付された。ホロコーストに対する『Souviens-toi du jour』、近親相姦を想起させる曲『Optimistique-moi』、内省的な歌詞の『Innamoramento』などがシングルカットされた。アルバムはまたもやダイアモンドアルバムと認定される。このアルバムより大掛かりな『Mylenium Tour』を行う。これはフランスだけではなくロシアにも巡回し、日本でも開催することを検討したそうであるが、このツアーは非英語圏でのアーティストによる興行収入の最高記録を保持している。このライブアルバムからはアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリにインスパイアされたという『Dessine-moi un mouton』がシングルカットされた。

Alizée (2000–2004)[編集]

2000年またポップシンガーのアリゼを発掘し、プロデュースした人物でもある。ファルメールは長年にわたって、自作の歌詞『Moi Lolita』を歌える歌手を探していたが、アリゼを発見し、提供曲として歌わせたところ、『Moi Lolita』のシングルはヨーロッパ全土で合計300万枚以上を売り上げる大ヒットとなった。以後もアリゼの作品は、作詞がファルメール、作曲はブトナによりアルバムを何枚か発売した後にアリゼの妊娠・出産を境に別のプロジェクトとなる。

Les mots (2001–2003)[編集]

2001年には初のベストアルバムの『Les Mots』が発売される。アルバムと同じタイトルのシングル『Les Mots』はイギリスのシンガーシールとのデュエットであり言葉や世界や共生について歌っている。またこのPVは映画『Giorgino』の興行的失敗以来PV制作から遠ざかっていたブトナが監督し、絵画の『メデューズ号の筏』からインスピレーションを受けたものとなっている。このアルバムから『C'est une belle journée』『Pardonne-moi』がシングルカットされる。またアルバムのアートワークの写真はエレン・フォン・アンワース(en:Ellen von Unwerth)によるものとなっている。

Avant que l'ombre... (2004–2006)[編集]

2005年にはしばらく活動からは遠ざかっていたものの『Avant que l'ombre』 (邦題『迫り来る影の前に』)を発売。『Fuck them all』、『Q.I.』、癒しなどへの追悼や哀惜の念『Redonne-moi』、ストリップティーズによる女性セクシュアリティーを明るく肯定したPVの『L'Amour n'est rien...』日本のProduction I.G制作のアニメによってPVを製作した『Peut-être toi』など相変わらずシングルとPVのタイアップが話題にのぼった。このアルバムは以前のものよりもセールスの面では落ちたもののアルバムチャートではNo1となりマルチプラチナアルバムと認定される。『Avant que l'ombre』のコンサートはマーク・フィッシャーによるセットが大掛かりなためにパリのベルシーのスタジアムのみで13日間行われた。

Point de Suture (2008–2010)[編集]

2008年には『Point de suture』を発売する。以前よりエレクトロ系のポップサウンド色が強くなりアルバムのジャケットは日本のゴスロリ人形作家の三浦悦子によるものである。アルバムは映画『カリートへの道』のアル・パチーノの台詞「All the stitches of the world cannot sew us again」からである。『Dégénération』、『Appelle mon numéro』、『Si j'avais au moins...』、についての脅威を歌った『C'est dans l'air』 マスターベーションについての『Sextonik』などのシングルやMobyとのデュエットも含むこのアルバムからのシングルは全てNo1となりミレーヌはこれによりフランスでシングルチャートNo1曲最多保持者となった。ブルーノ・アレン(fr:Bruno Aveillan) が監督した『Dégénération』と『Si j'avais au moins...』は前編後編と続きになったPVになっており、ミレーヌ扮する意識不明で包帯で巻かれたエイリアンらしき謎の女性が覚醒とともにオージーがおきるといったもので、最後は地球の癒しとなっている。2009年にはN°5 on Tourをフランス各地で旺盛に行う。衣装はジャン・ポール・ゴルチエが担当した。

Bleu Noir (2010 – 現在)[編集]

2010年にはミレーヌはベン・ハーパーとリン・レノー(fr:Line Renaud) とのコラボレーションでレノーのカムバックアルバムに曲を提供しデュエットをレコーディングしている。またINXSマイケル・ハッチェンスのトリビュートアルバムに『Never Tear Us Apart』をカバーする。またオリジナルアルバムの『Bleu Noir』を発表。これは以前のようにプロデュサーにブトナが参加せず、レディー・ガガを手がけたRedOne(en:RedOne) によるプロデュースのフランス人の曖昧なニュアンスを歌ったという『Oui mais... non』やMobyなどが曲を提供したアルバムで好セールスをマークし新境地を開拓した。このアルバムによりミレーヌは全部で12曲のNo1保持することになる。2011年末には今までのベストアルバムを発表。ミレーヌ自身の水彩画のセルフポートレートがジャケットに使用されている。また2012年にはポップ色の強いアルバムMonkey Meを発表し、翌2013年にはロボットの登場するSF的な設定のTimeless 2013ツアーをフランス各地、スイス、ベルギー、ロシア、ベラルーシで行った。

上記のようにフランス語圏では絶大な人気を誇り、フランス最大の音楽賞であるNRJ Music Awardsの最優秀女性アーティスト賞を4度、最優秀アルバム賞を3度も受賞するなどフランスを代表する女性歌手である。

ステージにおけるエンターテイメント性[編集]

また同時にミレーヌは、儀式のようにステージのパフォーマンスを行い、セットや照明のデザインからも神秘的な世界を可視化するという大掛かりなコンサートを行ってきた。2000年に行われた『Mylenium Tour』では、H・R・ギーガーの巨大なアンコールワットの人面彫刻のセットから宙づりになって出現するというパフォーマンスを行ったが、その演出は、照明や音楽性もふくめて感情に訴える美的、詩的要素に富んでいる。また『Avant que l'ombre...』のコンサートにおいても壮大な階段や十字の花道のセットを組み、水のスクリーンに映像を投影するなど、アーティスティックな要素の豊かなショウを作り上げている。いずれにしても、しばしば十字架や『N°5 on Tour』におけるようにメメント・モリの骸骨など、スピリチュアルな図像をあしらったデザインを取り入れて、観客が儀式的な熱狂につつまれている様子をDVDからなどで見ることが出来る。


ディスコグラフィー[編集]

スタジオ録音[編集]

  • Cendres de lune (1986)日本版未発売
  • ミレーヌファルメール - Ainsi soit je... (1988)
  • 二重人格 - L'Autre... (1991)
  • アナモルフォーゼ - Anamorphosée(1995)
  • イナモラメント - Innamoramento (1999)
  • 影が迫り来る前に - Avant que l'ombre (2005)
  • 縫合 - Point de suture (2008)
  • 青黒い - Bleu noir (2010)
  • Monkey Me (2012)

ライブアルバム他[編集]

  • En Concert (1989、Cendres de LuneとAinsi Soit Je...から)
  • ダンス・リミックス - Dance Remixes (1992)
  • Live Bercy - (1997、Anamorphoséeツアー)
  • ミレニアム・ツアー - Mylenium Tour (2000)
  • 言葉 - Les Mots (2001、新曲つきベストアルバム)
  • Remixes (2004)
  • 影が迫りくる前に - Avant que l'ombre (2006、Bercy)
  • N°5 on Tour (2009)

シングル[編集]

  • 1984: Maman a tort
  • 1985: On est tous des imbéciles
  • 1985: Plus grandir
  • 1986: リベルティンヌ - Libertine
  • 1987: トリスターナ - Tristana
  • 1987: サン・コントルファソン - Sans contrefaçon(シャンソン・ユニット「アンフィニ」によって「告白」のタイトルでクレアシオン<創唱>)
  • 1988: アンシ・ソワ・ジュ - Ainsi soit-je
  • 1988: 白昼夢 - Pourvu qu'elles soient douces
  • 1989: サン・ロジック(わけもなく)- Sans logique
  • 1989: アラン - Allan
  • 1989: Plus grandir
  • 1990: A quoi je sers?
  • 1991: 夢から醒めて… - Désenchantée
  • 1991: リグレッツ(後悔) - Regrets(Jean-Louis Muratとのデュオ)
  • 1992: ジュテーム・メランコリー - Je t'aime, mélancolie
  • 1992: ビヨンド・マイ・コントロール- Beyond my control
  • 1993: ク・モン・コ・ラシュ - Que mon cœur lâche
  • 1995: XXL
  • 1995: ランスタンX - L'instant X
  • 1996: カリフォルニア- California
  • 1996: なんて辛いの - Comme j'ai mal
  • 1997: 夢みる - Rêver
  • 1997: アンシ・ソワ・ジュ - Ainsi soit-je
  • 1997: La poupée qui fait non
  • 1999: アーム・ストラム・グラム - L'âme stram gram
  • 1999: あなたに愛をかえす - Je te rends ton amour
  • 2000: あの日を思い出して - Souviens-toi du jour
  • 2000: オプティミスティーク・モワ - Optimistique-moi
  • 2000: イナモラメント - Innamoramento
  • 2000: リグレッツ(後悔) - Regrets
  • 2001: 羊を一匹描いて - Dessine-moi un mouton
  • 2001: 仙女の話とは... - L'histoire d'une fée, c'est...
  • 2001: 言葉 - Les mots(Sealとのデュオ)
  • 2002: 幸せな日に - C'est une belle journée
  • 2002: 赦して - Pardonne-moi
  • 2005: ファック・ゼム・オール - Fuck them all
  • 2005: Q.I.(知能指数)
  • 2006: Redonne-moi (François Hanss)
  • 2006: L'Amour n'est rien... (Benoit Di Sabatino)
  • 2006: Peut-être toi - Anata Kamo アナタ カモ -(プロモーションビデオはProduction I.G制作)
  • 2006: 影が迫りくる前に - Avant que l'ombre
  • 2006: Slipping Away - Crier la Vie -(Mobyとのデュオ)
  • 2008: 退廃 - Dégénération
  • 2008: 私の電話を呼び出して - Appelle mon numéro
  • 2009: せめてもう一度 - Si j'avais au moins...
  • 2009: C'est dans l'air
  • 2009: Sextonik
  • 2010: ウィ,でも…ノン - Oui mais... Non

売上記録[編集]

シングルセールス・ベスト10[編集]

  1. 夢から醒めて… - Désenchantée (1991)100万枚
  2. 白昼夢 - Pourvu qu'elles soient douces (1988)90万枚
  3. サン・コントルファソン - Sans contrefaçon (1987)70万枚
  4. 言葉 - Les Mots (2001)49万枚
  5. リベルティンヌ - Libertine (1986)40万枚
  6. ジュテーム・メランコリー - Je t'aime mélancolie (1991)30万枚
  7. 幸せな日に - C'est une belle journée (2002)28万枚
  8. トリスターナ - Tristana (1987)25万枚
  9. リグレッツ(後悔) - Regrets (1991)25万枚
  10. ランスタンX - L'Instant X (1995)21万枚

フランス1位獲得シングル[編集]

  • 白昼夢 - Pourvu qu'elles soient douces (1988)
  • 夢から醒めて… - Désenchantée (1991)
  • XXL (1995)
  • Slipping Away (Crier la vie) (with Moby) (2006)
  • 退廃 - Dégénération (2008)
  • 私の電話を呼び出して - Appelle mon numéro (2008)
  • せめてもう一度 - Si j'avais au moins... (2009)
  • C'est dans l'air (2009)
  • Sextonik (2009)

ベルギー1位獲得シングル[編集]

  • 夢から醒めて… - Désenchantée (1991)
  • Slipping Away (Crier la vie) (with Moby) (2006)
  • 退廃 - Dégénération (2008)


受賞[編集]

  • NRJ Music Awards
    • フランス語圏最優秀女性アーティスト賞 (2000,2001,2002,2003)
    • フランス語圏最優秀アルバム賞 (2000,2006,2009)
    • 最優秀コンサート賞 (2000)
  • Victoires de la Musique
    • 最優秀女性アーティスト (1988)
    • フランス語圏で最も輸出されたアルバム (1996)
    • この20年間に於いて最も素晴らしい女性アーティスト (2005)
  • ワールド・ミュージック・アワード
    • Best-selling Artist/France (1993)

脚注[編集]

  1. ^ The American society of composers, authors and publishers [1] . Retrieved 26 April 2009.

外部リンク[編集]