コルダイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コルダイト (cordite) は、フレデリック・エイベルジェイムズ・デュワーによって1889年に発明された無煙火薬の1種である。ニトログリセリンニトロセルロース(綿火薬)からなり、安定剤のワセリンを添加した物をアセトンで溶かして練って粒子状に加工することで製造される。

.303ブリティッシュ弾に使用されている芯棒状コルダイト。
コルダイトMk I
ニトログリセリン58%、ニトロセルロース37%、ワセリン5%
コルダイトMD
ニトログリセリン65%、ニトロセルロース30%、ワセリン5%
なお、MDは MoDified の略である。
コルダイトRDB/コルダイトSC
ニトログリセリン52%、ニトロセルロース42%、ワセリン6%
なお、RDBは Research Department formula B の略であり、SCは Solventless Cordite の意味である。
コルダイトN
ニトログリセリン、ニトロセルロース、ワセリンに、3つめの爆発物成分としてニトログアニジンを加えたものである。