H級戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

H級戦艦(Hきゅうせんかん)はビスマルク級戦艦に続いて第二次世界大戦中にドイツ海軍が計画していた超弩級戦艦の艦級である。Z計画の一環であり、5万トン以上の大型戦艦建造計画であった。

概要[編集]

H、J、K、L、M、N(いずれも仮称艦名)の6隻が計画され、1937年度計画でH、38年度計画でJ、K、39年度計画でLが予算承認され、Z計画によってMとNの建造も決定された。HとJは1939年中に起工されたが第二次世界大戦の勃発により建造中止となり、準備されていた資材は他に流用された。

その後、各種戦訓や占領したフランスの技術調査等を経て改良設計が毎年のように行われ、後日の戦艦建造再開に備えて各種の設計案が検討された。これらは策定年に併せてH41、42、43、44と呼ばれており、それに伴い当初の設計もH39と呼ばれるようになった。本記事ではH41~44についても解説する。

H39[編集]

1937-39年にかけて設計が行われ、上述のように6隻が計画され内4隻が予算承認、HとJの2隻が起工された。艦名はフリードリヒ・デア・グロッセ(Freidrich der Grosse)、グロースドイッチュラント(Grossdeutschland)のいずれかであろうと推定されている。建造費はHが2億4050万マルク、Jが2億3760万マルクである。

船体[編集]

船体構造は基本的にはビスマルク級戦艦の拡大改良型であり、外観も酷似している。相違点としては機関の変更により2本煙突となったこと、航空関連設備が艦尾に移され、三番主砲塔両脇にアラド196水上機6機を収容する格納庫[1]、四番主砲塔直後に旋回式カタパルトが設けられたこと[2]、等が挙げられる。

水面下では艦尾に大きな特徴を有し、被雷による舵機・推進機の損傷を局限するよう配慮された、独特の形状を為している。

兵装[編集]

兵装配置は主砲・副砲・高角砲に至るまでビスマルク級とまったく同一である。

主砲は40.6cm47口径連装砲4基8門で、仰角30°俯角6.5°を指向でき、最大射程3万6800mを誇る。砲弾は1門当たり120発、計960発を搭載する。

副砲・高角砲はビスマルク級と全く同一で、15cm55口径砲連装6基12門(-10°~35°、最大射程2万3000m、1門当たり150発計1800発搭載)、10.5cm65口径高角砲連装8基16門(最大仰角80°、各砲420発計6720発搭載)である。

機銃以下については不明。後に設計されたH41では36mm砲16門と20mm機銃34丁が予定されており、本級も同程度を搭載したであろう。

なお当初計画では53.3cm魚雷発射管(水中)を艦首両舷各3門計6門装備する予定だった。

防御[編集]

防御要綱もまたビスマルク級を踏襲している。

垂直防御は主甲帯150-300mm(傾斜なし)、水平防御は最上甲板30-50-80mm、主甲板100mmでビスマルク級同様舷側に傾斜部(120mm)を有していた。主砲塔は前面385mm、側面240mm、天蓋130mmで、他国戦艦と比べて特に厚いというわけではなく、主甲帯や砲塔天蓋などはむしろ薄い部類に属す。

水雷防御は防水区画の背後に45mmの1枚隔壁を有するのみで、やはり重厚とは言い難いものである。

機関[編集]

主機はオール・ディーゼルであり、本級の艦体規模としては非常に特異なものである。12基のMAN社製ディーゼルエンジンにより16万5000馬力をひねり出し、3軸のスクリューによって30.0ktの速力を発揮する。

燃料は基準で4000t、最大8700tを搭載し、1万9200浬/19kt、7000浬/28ktという長大かつ高速の巡航能力を獲得する予定だった。

その他[編集]

Hは1939年7月15日に起工され、9月30日に建造中止となった。この時点で進捗は800t分であり、3500tの資材が加工済、他に5800tが準備され、1万9000t分が発注済だった。1941年11月25日以降に解体されたとされる。起工から就役までは4年半乃至5年と計画されていた。

Jは1939年9月1日、まさに第二次世界大戦勃発の日に起工され、やはり9月30日に建造中止となった。以降の過程はHと同様である。

Kは1939年5月25日に建造が訓令されたものの、起工に至らなかった。3500tの資材が加工済、6500tが準備され、2万5800tが発注済だった。

MとNは1939年夏に建造が訓令され、10月10日にキャンセルとなった。

H41[編集]

戦訓により、H型を改良した設計案である。改良の主眼は水平防御の強化であり、主甲板の装甲は200mm(傾斜部175mm)に達した。主砲に42cm砲を採用する他、兵装・機関面の変更は少ない(魚雷発射管6門は復活している)。大型化によって速力は低下し、28.8ktで忍ぶ構想だった。搭載機数はH型から2機減って4機で計画されている。

H42~H44[編集]

その後も設計作業は続けられていた。年度が変わる毎に設計案は拡大していき、H42と43では48cm砲、そしてH44でついに50.8cm砲を主砲とするに至った。防御要綱は基本的な変化はないものの逐次増厚しており、H44では舷側最大380mm、主甲板330mm(傾斜部150-200mm)に達している。搭載機数は6~9機で計画された。

なお非公式プランながらH-45も存在する。列車砲「ドーラ」の艦載型を主砲とし(800mm砲8門)、排水量64万6642トンという常軌を逸した巨艦である[3]

一覧[編集]

ビスマルク(参考)
全長 251.0m、全幅 36.0m、吃水 8.63m(基準)・9.90m(最大)
排水量 4万1700t(基準)、4万5950t(常備)、5万0300t(満載)
機関出力 13万8000馬力(過負荷全力15万0170馬力)、速力 29.0kt(公試30.01kt)
燃料搭載量 3200t(標準) 6400t(最大) 航続力 8525浬/19kt
H
全長 277.8m、全幅 37.0m、吃水 9.6m(基準) 11.2m(最大)
排水量 5万2600t(基準)、5万6440t(常備)、6万2600t(満載)
機関出力 16万5000馬力、速力 30.0kt
燃料搭載量 4000t(標準) 8700t(最大) 航続力 1万9200浬/19kt 7000浬/28kt
H41
全長 282.0m、全幅 39.0m、吃水 11.1m(基準) 12.2m(最大)
排水量 6万2992t(基準)、6万8800t(常備)、7万4803t(満載)
機関出力 16万5000馬力、速力 28.8kt
燃料搭載量 不明 航続力 2万浬/19kt
H42
全長 305.0m、全幅 42.8m、吃水 11.8m(基準) 12.7m(最大)
排水量 8万3268t(基準)、9万t(常備)、9万6555t(満載)
機関出力 28万馬力、速力 32.2kt
燃料搭載量 不明 航続力 2万浬/19kt
H43
全長 330.0m、全幅 48.0m、吃水 12.0m(基準) 12.9m(最大)
排水量 10万3346t(基準)、11万1000t(常備)、11万8110t(満載)
機関出力 28万馬力、速力 31.0kt
燃料搭載量 不明 航続力 2万浬/19kt
H44
全長 345.0m、全幅 51.5m、吃水 12.7m(基準) 13.5m(最大)
排水量 12万2047t(基準)、13万1000t(常備)、13万9272t(満載)
機関出力 28万馬力、速力 30.1kt
燃料搭載量 不明 航続力 2万浬/19kt

脚注[編集]

  1. ^ このためビスマルク級に比べて三番主砲塔両側の上構が一段高くなっている。
  2. ^ このため四番砲塔の砲身は搭載機を避け、最大に近い仰角が固定位置となった。
  3. ^ David Porter "THE KRIEGSMARINE 1935-1945"より

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 「GERMAN WARSHIPS 1815-1945 Volume One」(Conway)
  • 「世界の艦船増刊第22集 近代戦艦史」(海人社
  • 「世界の艦船増刊第83集 近代戦艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊 1989年3月号増刊 第26集 ドイツ戦艦史」(海人社)
  • 「ドイツ海軍入門 広田厚司」(光人社
  • 「世界の戦艦 砲力と装甲の優越で艦隊決戦に君臨したバトルシップ発達史 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (41))」(学習研究社