ヒンデンブルク (巡洋戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スカパ・フローに係留されるヒンデンブルク
艦歴
発注: ヴィルヘルムスハーフェン造船所
起工: 1913年10月1日
進水: 1915年8月1日
就役: 1917年5月10日
退役:
その後: 1919年6月21日にスカパ・フローで自沈
1930年浮揚、1932年解体
除籍: 1919年
性能諸元
排水量: 常備:26,947トン、満載:31,200トン
全長: 212.8m
全幅: 29m
吃水: 9.43m
機関: 海軍式石炭・重油混焼水管缶18基+直結タービン(高速2基・低速2基)4軸推進
最大出力: 72,000hp(公試時:95,777 hp)
最大速力: 27ノット
航続距離: 6,100海里(12ノット時)
燃料: 石炭:3,700トン、重油:1,000海里
乗員: 平時:1,038名(士官44名)
戦時:1,390名
兵装: SK L/50 30.5cm(50口径)連装砲 4基8門
SK L/45 15cm(45口径)単装速射砲 14門
SK L/45 88mm(45口径)単装高角砲 8門
50cm水中魚雷発射管 単装4門
装甲: 舷側:300mm(水線最厚部)
甲板:30mm(主甲板)、30mm(最上甲板)
ターレット:270mm(甲板上部)

ヒンデンブルク (SMS Hindenburg) は第一次世界大戦時のドイツ帝国海軍の巡洋戦艦で、デアフリンガー級巡洋戦艦の3番艦である。艦名はパウル・フォン・ヒンデンブルクにちなむ。フォン・ヒンデンブルクは本艦建造時、大将の最終階級で退役していた。(後に上級大将として復帰)

本艦は艤装に2年もの時間がかけられたが、その間に姉妹艦では単棒檣であった前檣を、強固な三脚檣に改め頂上部に射撃指揮所を設け、主砲仰角も16度に上げる改造を施し遠距離砲戦に耐えるようにした。しかし、艦隊に編入されたのは大勢の決した1917年10月末頃であった。

就役後2回の出撃を行っており、最初は1917年11月17日北海西部、2回目は1918年4月23日ノルウェー沿岸に向けたものだった。

ドイツ敗戦後の、1919年5月7日に発表されたヴェルサイユ講和条約案は、抑留中の全艦艇を連合国に引き渡すこととしたものであった。これにより本艦も、他の4隻の巡洋戦艦、11隻の弩級戦艦・超弩級戦艦、8隻の巡洋艦、48隻の駆逐艦とともにスカパ・フローに抑留された。

同年6月21日に、フォン・ロイター提督は英国の監視船が訓練のために出航した隙を狙い、艦隊が英国の手に落ちるのを妨げるべく、全ての抑留されたドイツ艦艇を沈める命令を下した結果、53隻の軍艦がスカパ・フローに没した。そして、ヒンデンブルクはその中で沈んだ最後の艦であった。

沈没したヒンデンブルクは1930年に引き上げられたが、解体されたのは1932年の事であった。

外部リンク[編集]