ドミトリー・ドンスコイ (装甲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竣工当時のドミトリー・ドンスコイ。
艦歴
発注 ニューアドミラリティ造船所
起工 1880年
進水 1883年8月18日
就役 1886年8月1日
退役
その後 1905年5月29日、日本海海戦において自沈
除籍
前級 ウラジミール・モノマフ
次級 アドミラル・ナヒモフ
性能諸元(竣工時)
排水量 常備:5,683トン
満載:5,800トン
全長 92.96m
全幅 15.85m
吃水 7.0m
機関 型式不明石炭専焼円缶6基
+レシプロ機関1基1軸推進
(1895年に三段膨張型三気筒レシプロ機関2基2軸推進に更新)
最大出力 7,000hp(機関航行時)
(1895年:7,360hp)
最大速力 16.0ノット(機関航行時)
(1895年:16.2ノット)
航続距離 10ノット/6,000海里
燃料 石炭:850トン
((1895年:850+140トン)
乗員 将官・士官:23名
水兵:492名
(1895年:490名)
兵装 1880年:
20.3cm(30口径)単装砲2基
1863年型 15.24cm(28口径)単装砲14基
1865年 8.6cm(24口径)単装砲
オチキス 4.7cm(23口径)機砲4基
オチキス 1879年型 3.7cm(23口径)機砲4基
1861年型 13mm機関銃1基
1880年型 6.4cm(19口径)単装砲2基
38.1cm水上魚雷発射管単装6基

1895年:
1892年型 15.2cm(45口径)単装砲6基
1892年型 12cm(45口径)単装砲10基
オチキス 1888年型 4.7cm(43口径)機砲8基
オチキス 1879年型 3.7cm(23口径)機砲10基
1880年型 6.4cm(19口径)単装砲2基
38.1cm水上魚雷発射管単装6基

1902年:
1892年型 15.2cm(45口径)単装砲6基
1892年型 12cm(45口径)単装砲4基
1892年型 7.5cm(50口径)単装速射砲6基
オチキス 1888年型 4.7cm(43口径)機砲8基
オチキス 1879年型 3.7cm(23口径)機砲10基
1880年型 6.4cm(19口径)単装砲2基
38.1cm水上魚雷発射管単装6基
装甲(鉄製) 舷側:230mm(最大厚)、121mm(艦首尾部)
ボックスシタデル:102mm(壁面)、50~76mm(天蓋)

ドミトリー・ドンスコイ (Дмитрий Донской, Dmitri Donskoi) はロシア帝国海軍の舷側砲装甲艦。同型艦はない。艦名は、モスクワ大公ドミートリー・ドンスコイに由来する。

概要[編集]

本艦はロシア帝国海軍が自国の沿岸防衛のために建造した装甲艦である。

艦形[編集]

写真は近代化改装後のドミトリー・ドンスコイ。

本艦の基本構造は平甲板型船体に3本のマストと2本煙突を持つ装甲フリゲートで、艦首水面下に衝角を持ち、船体中央部に船橋を持つ。艦橋の背後には2本煙突が立ち、船体中央部の砲郭(ケースメイト)部に主武装を左右均等に配置していた。

1894 - 1895年には近代化改装が施され、機関を強化して帆走設備を撤去し、マスト上に3.7cm - 4.7cmクラスの速射砲を配置した見張り所を設けた。

戦歴[編集]

日露戦争において日本海海戦に参加。僚艦が次々に撃沈・だ捕される中で最後まで戦い、最後は鬱陵島付近で自沈して乗員は同島に上陸後捕虜となった。

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1860-1905」(Conway)

外部リンク[編集]