スヴェトラーナ (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スヴェトラーナ Светлана
スヴェトラーナ
スヴェトラーナ
艦歴
起工 1895年6月28日 フォルジュ・エ・シャンチエ造船所
進水 1896年12月
就役 1898年3月21日
所属 Naval Ensign of Russia.svg ロシア帝国海軍バルト艦隊
沈没 1905年5月15日
除籍 -
要目
艦種 防護巡洋艦
艦級 スヴェトラーナ級
排水量 3770 t
全長 101.0 m
全幅 13.0 m
全高 5.7 m
機関 3倍垂直機関 2 基
ボイラー 18缶
出力 10100 馬力
スクリュー 2 基
速力 21.6 kn
航続距離 3500
乗員 士官 20 名
水兵 382 名
武装 45口径152 mm単装 6 門
50口径75 mm単装砲 4 門
47 mm単装砲 8 門
37 mm単装砲 2 門
装甲 甲板 38 - 64 mm
司令塔 100 mm

スヴェトラーナ(ロシア語:Светланаスヴィトラーナ)は、ロシア帝国一等防護巡洋艦(Бронепалубный крейсер I-го ранга)である。二線級の戦力しか持たなかったため、武装ヨット(вооруженная яхта)や補助巡洋艦(вспомогательный крейсер)とも呼ばれた。1895年から1905年にかけてロシア帝国海軍で運用された。艦名は、キリスト教聖女である聖スヴェトラーナに由来する。1892年に退役した先代のフリゲートから艦名を受け継いだ。

概要[編集]

建造[編集]

スヴェトラーナの建造は、1895年6月28日フランスル・アーヴルにあるフォルジュ・エ・シャンチエ造船所で始められた。翌1896年12月には進水し、1898年3月21日を以って戦列に加わった。

当初、スヴェトラーナは海軍元帥用の武装ヨットとして使用された。そのため、スヴェトラーナには平時における外交交渉や、外交接待に際する使用が主として求められた。

実戦[編集]

日露戦争が開戦すると、スヴェトラーナは第2艦隊の一艦として戦闘に参加することとなった。極東への派遣を前に武装の換装が行われ、47 mm4 門と75 mm砲を装備した。また、無線機光学照準器が搭載された。スヴェトラーナはセルゲイ・シェイン大佐の乗艦の下、アルマースウラールジェームチュクイズムルートからなるロシア艦隊の偵察部隊を率いた。

1905年5月14日の日中に行われた日本海海戦に参加したスヴェトラーナは、敵の砲弾によって艦首に破孔を穿たれ大破した。スヴェトラーナは水雷艇ブィーストルイを伴い戦線を離脱した。艦長のシェイン大佐は艦をヴラジヴォストークへ逃すことを試みたが、大日本帝国海軍の三等巡洋艦新高および音羽は執拗にこれを追撃した。スヴェトラーナは前日の海戦での損傷のため15 knまでにしか速力が上がらず、18 knを発揮する日本巡洋艦の追跡を逃れることが不可能であることは明らかであった。

最期[編集]

15日午前9時頃、シェイン大佐は朝鮮半島海岸で自沈することを決意し、艦の進路を西へ変更した。新高と音羽は、距離9000にまで迫ったところで砲撃を開始した。手負いのスヴェトラーナも奮戦し音羽に2 発の命中弾を与えたものの、舵機に被弾し蛇行を始めた。午前10時40分、ブィーストルイがスヴェトラーナを離れ逃走を開始した。新高はこれを追った。

戦闘開始1時間を経て、弾切れとなったスヴェトラーナの沈没は時間の問題となった。死傷者は刻々と数を増し、艦内には海水が溢れた。シェイン大佐は艦の自沈を命じたが、弾薬庫は浸水し自爆もならなかった。いよいよ進退窮まったスヴェトラーナであったが降旗は掲げず、敵弾の嵐の中ただ沈没のときを待った。午前10時50分、音羽は砲撃を中止した。このときすでにシェイン大佐は戦死、副官のアレクサンドル・ズーロフ中佐も瀕死の重傷を負っていた。艦長戦死により乗員たちは次々と海面に身を投じた。午前11時6分、スヴェトラーナは横転し沈没した。沈没位置は竹辺湾沖、北緯37度6分 東経129度55分であった。生存者291名は日本の特設巡洋艦亜米利加丸によって救助された。一方、戦場より逃れたブィーストルイは辛くも朝鮮半島沿岸に到達し、乗員の手によって自沈させられた。

その後[編集]

スヴェトラーナの艦名は1913年に建造の開始された新型軽巡洋艦に受け継がれたが、ロシア革命によりこの艦の運命は大きく変わった。1928年に戦力化されたときには艦名はプロフィンテルンに改められており、さらに1935年にはクラースヌイ・クルィームに改称、この名称で最も知られるところとなった。その後スヴェトラーナの名称を持つ艦艇は建造されておらず、日露戦争で戦没した防護巡洋艦が完成した最後の軍艦スヴェトラーナとなっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]