鴨緑江会戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鴨緑江会戦
Battle of Yalu River 1904.jpg
「勇烈ナル我軍鴨緑江河畔二露国コサック騎兵ヲ撃退之図」 楊斎延一
戦争日露戦争
年月日1904年4月30日 - 5月1日
場所鴨緑江義州周辺
結果:日本の勝利
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国 ロシア帝国の旗 ロシア帝国
指揮官
第1軍司令官黒木為楨大将 シベリア第2軍団ミハイル・ザスーリチ英語版中将
ニコライ・カシタリンスキー英語版中将
戦力
約42,000名 約24,000名
損害
死傷者約1,000名 死傷者約1,800名
日露戦争

鴨緑江会戦(おうりょくこうかいせん)は日本陸軍第一軍が鴨緑江を渡河して満州へ向かう途中で、これを阻止せんと待機していたロシア陸軍との間で起こった一連の戦い。鴨緑江渡河作戦(おうりょくこうとかさくせん)とも言われる。

ロシア軍兵士が日本軍兵士よりも優秀であると過信して兵力を分散配置したザスーリチ将軍に対して日本陸軍は十分な火砲を持って攻撃し、損害を与えた。また、ロシア陸軍が全軍を用いての決戦を避け早期に退却を行ったため、日本陸軍は渡河をたいした損害なく完了することができた。

九連城の山頂に「鴨緑江戦蹟」と名付けられる一種の忠霊塔丹東市に残る。戦蹟は文化大革命の時期に一部破壊されたが、日本から受けた屈辱の歴史を後生に残すとして地元政府によって補修された。山は「日本山」とも呼ばれも咲く[1]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞2009年4月14日13S版7面

関連項目[編集]