黒木為楨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒木 為楨
Kuroki Tamemoto.jpg
渾名 クロキンスキー
生誕 1844年5月3日
日本の旗 薩摩国鹿児島城下加治屋町
死没 1923年2月3日
日本の旗 東京市青山
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1871 - 1914
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―大将.svg 陸軍大将
除隊後 枢密顧問官
テンプレートを表示
黒木大将および第一軍参謀長藤井茂太遼陽会戦
黒木大将および英国の観戦武官イアン・ハミルトン沙河会戦

黒木 為楨(くろき ためもと、天保15年3月16日1844年5月3日) - 大正12年(1923年2月3日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将伯爵通称は七左衛門。

生涯[編集]

薩摩藩士・帖佐為右衛門の三男として薩摩国鹿児島城加治屋町猫之薬師小路(下加治屋町方限)に生まれる。のち、黒木万左衛門為善の養子となり黒木姓を名乗る。

戊辰戦争に4番隊半隊長として従軍。鳥羽・伏見の戦いでは、薩摩藩の小銃隊を指揮して幕府歩兵を集中射撃により敗走させ、宇都宮城攻防戦では城壁に突進して取り付くなど奮戦し、勝利の契機をつくった。明治2年(1869年)2月、1番大隊小隊長となる。

明治4年(1871年)4月に上京し、同年7月、陸軍大尉任官、御親兵1番大隊に配属。明治5年(1872年)8月、陸軍少佐に昇進し近衛歩兵第1大隊長に就任。近衛歩兵第2大隊長を経て、明治8年(1875年)2月、陸軍中佐に進級し広島鎮台歩兵第12連隊長となる。明治10年(1877年)3月、西南戦争に出征し、同年10月まで従軍。明治11年(1878年)11月、陸軍大佐に昇進。明治12年(1879年)1月、近衛歩兵第2連隊長に転じ、中部監軍部参謀参謀本部管東局長を歴任。明治18年(1885年)5月、陸軍少将に進級し歩兵第5旅団長に就任し、次いで近衛歩兵第2旅団長を務めた。

明治26年(1893年)11月、陸軍中将に進み第6師団長に就任。明治28年(1895年)1月、日清戦争に出征し威海衛の攻撃に参加する。同年8月、軍功により男爵を叙爵し華族となる。明治29年(1896年)10月、近衛師団長に親補され、西部都督に転じた。明治36年(1903年)11月、陸軍大将に進む。

明治37年(1904年)1月、軍事参議官に就任。同年2月、第1軍司令官となり、翌月、日露戦争開戦に伴い出征。鴨緑江から奉天会戦まで連戦し、ロシア軍からは、「クロキンスキー」と恐れられた。明治39年(1906年)1月、再び軍事参議官となり、明治40年(1907年)4月から6月までアメリカに出張。同年9月、軍功により伯爵を叙爵。明治42年(1909年)3月、後備役に編入、大正3年(1914年)4月1日に退役した[1]。大正6年(1917年)4月から同12年(1923年)2月まで枢密顧問官を務めた。

大正12年(1923年)2月3日午後10時、肺炎のため東京市青山の自邸において没。享年80(満78歳没)。

人物[編集]

  • 薩摩武士らしい豪傑肌の性格で、論理よりも経験を重んじる猪突猛進型の軍人であった。それを証明するかの様に、面白半分に相撲の相手を挑んできた明治天皇を容赦なく投げ飛ばし叩き付けたという逸話が残っている。
  • 野戦指揮官としての長年の経験と勘を生かした優れた采配を見せ、日露開戦直後の日本軍の快進撃は黒木の手腕によるところが大きい。しかし、その猪突猛進型の性格が災いし、総司令部の意思に反した突出を見せることがあり、奉天会戦時には余りの突出ぶりに満州軍総司令部より再三「進撃中止」の命令を出されている。
  • 日露戦後は他の軍司令官の大半が元帥位に登りつめたが、黒木だけは大将で軍歴を終えている。軍歴や功績を考慮すれば元帥に任命されてもおかしくはないのだが、黒木本人がお飾りだけの名誉職としての元帥位を嫌い、最後まで現場の指揮官としての地位を好んだということもあるが(同僚に書いた手紙の中に、そのような内容が記されているものが残っている)、その剛直で荒々しい性格が軍中央で好まれなかったというのが理由であるとされている。
  • 日露開戦後、全軍に対する訓示において、「忠誠を尽くし、武勇を振るい、速やかに平和を克服せざるべからず」と述べたとされる[2]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第503号、大正3年4月6日。
  2. ^ ノーベル書房編集部編『陸軍郷土歩兵聯隊写真集 わが聯隊』 ノーベル書房、1979年。p95

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


先代:
北白川宮能久親王
第6師団
第6代:1893年11月10日 - 1896年10月14日
次代:
茨木惟昭
先代:
佐久間左馬太
近衛師団
第5代:1896年10月14日 - 1897年10月27日
次代:
奥保鞏
先代:
山地元治
西部都督
1903年1月13日より中部都督部事務取扱を兼務
第2代:1897年10月27日 - 1904年1月14日
次代:
廃止