加治屋町 (鹿児島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 鹿児島県 > 鹿児島市 > 加治屋町
加治屋町
—  町丁  —
鹿児島県立鹿児島中央高等学校
加治屋町の位置(鹿児島内)
加治屋町
加治屋町
座標: 北緯31度35分7.5秒 東経130度33分4.1秒 / 北緯31.585417度 東経130.551139度 / 31.585417; 130.551139
日本の旗 日本
都道府県 鹿児島県の旗 鹿児島県
市町村 Flag of Kagoshima, Kagoshima.svg 鹿児島市
地域 中央地域
地区 中央地区
人口 (2010年(平成22年)2月末現在)
 - 計 1,867人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 892-0846

加治屋町(かじやちょう Kajiya-Chō)は、鹿児島県鹿児島市町名。旧薩摩国鹿児島郡鹿児島城下加治屋町郵便番号は892-0846。人口は1,867人、世帯数は1,112世帯(2010年2月末現在)[1]。加治屋町の全域で住居表示を実施している。

江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した西郷隆盛大久保利通東郷平八郎大山巌山本権兵衛などの出身地としても知られている(#著名な出身人物の項を参照)。

明治維新で活躍した薩摩藩関係者の多くが加治屋町出身であったことから、司馬遼太郎は「いわば、明治維新から日露戦争までを、一町内でやったようなものである」と評している[2]

地理[編集]

鹿児島市の中央部、甲突川下流域に位置している。町域の北方には西千石町、南方には甲突川を挟んで上之園町及び高麗町、東方には山之口町及び樋之口町、西方には甲突川を挟んで中央町がそれぞれ隣接している。

東端を南北に鹿児島県道20号鹿児島加世田線が南北に通り、北端を鹿児島県道21号鹿児島中央停車場線が東西に通っている。両道路共に鹿児島市電が通っており、北東端には高見馬場電停、北西端には加治屋町電停、南東端には甲東中学校前電停(2015年4月30日までは市立病院前電停)が所在している。

町域の中央部には鹿児島県立鹿児島中央高等学校、甲突川河畔には維新ふるさと館が所在している。南端部には2015年4月30日まで鹿児島市立病院が所在していたが、上荒田町日本たばこ産業鹿児島工場跡地に移転した。

藩政時代には当地は下級武士の居住地(下加治屋町方限、上加治屋町方限などに分かれていた)であり、江戸時代末期(幕末)から明治時代にかけて活躍した西郷隆盛西郷従道大山巌東郷平八郎などの人材を数多く輩出しており、それぞれの生地に記念碑が建立されている[3][4]

河川[編集]

  • 甲突川
    町域の東南端部を流れる二級河川。町域内の甲突川左岸には維新ふるさと館などの歴史に関する施設や幕末をイメージし、武家屋敷などが再現された散策路として維新ふるさとの道が整備されている[5]

地価[編集]

2015年(平成27年)1月1日公示地価によれば、下記の加治屋町の商業地における地価は次の通りである[6]

国土交通省
  • 加治屋町12番16外(鹿児島5-24):57万4,000円/m2

歴史[編集]

江戸期の加治屋町[編集]

江戸期の加治屋町には鹿児島城下の士屋敷が多くあり、城下町内では鶴丸城から遠い位置にあったことから主に下級武士の居住地であった[7]。また加治屋町は近世においては上之加治屋町、下之加治屋町と分けられており、郷中としては上之加治屋郷中、下之加治屋郷中、馬乗馬場郷中が置かれた[8]

元禄16年には地内の勝目殿屋敷から出火、町域内の下町まで延焼し、士屋敷248所(1,006軒)、町屋敷385所(790軒)、南林寺及び脇寺12所(51軒)、門前90所(170軒)を焼失する大火となった。

市制施行以降[編集]

1889年(明治22年)に市制が施行されたのに伴い、鹿児島城下47町及び近在3村の区域より鹿児島市が成立し、江戸期の加治屋町は鹿児島市の町名「加治屋町」となった[9]

1963年昭和38年)9月には加治屋町の全域で住居表示が実施された[10]

史跡[編集]

国指定文化財[編集]

登録有形文化財(建造物)

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[13]

町丁 番・番地 小学校 中学校
加治屋町 全域 鹿児島市立山下小学校 鹿児島市立甲東中学校

施設[編集]

公共
教育
宗教

ギャラリー[編集]

誕生碑

著名な出身人物[編集]

交通[編集]

高見橋から天文館方面を望む(加治屋町は向かって右側に広がる)

道路[編集]

県道

鉄道[編集]

鹿児島市交通局鹿児島市電2系統

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 出生地は隣町の高麗町。幼少期に高麗町から移住
  2. ^ 出生地は伊集院郷古城村(現在の日置市伊集院町古城)。幼少期に父が有馬家の養子となったことに因り加治屋町に移住

出典[編集]

  1. ^ 統計情報 - 鹿児島市ホームページ
  2. ^ 加治屋町(鹿児島市) - 朝日新聞(2014年11月21日付)、2015年5月16日閲覧。
  3. ^ 角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.681-682
  4. ^ 加治屋町 - 鹿児島市 2011年12月6日閲覧。
  5. ^ 歴史ロード"維新ふるさとの道"完成 - 鹿児島市 2011年12月6日閲覧。
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 『鹿児島市史Ⅰ』 p.352 - 鹿児島市、1969年
  8. ^ 『日本歴史地名体系 47 鹿児島県の地名』 平凡社、1998年、158頁。ISBN 4-582-49047-6
  9. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.191-192
  10. ^ 『鹿児島市史 第三巻』 p.742 - 鹿児島市 1972年
  11. ^ 鹿児島県立鹿児島中央高等学校本館及び講堂 - 文化遺産オンライン、2015年5月17日閲覧。
  12. ^ 学校沿革 (PDF) p.3 - 鹿児島県立鹿児島中央高等学校、2015年5月17日閲覧。
  13. ^ 小・中学校の校区表”. 鹿児島市役所. 2015年5月17日閲覧。
  14. ^ 『国士有馬新七』 p.442 - 町田敬二、謙光社 1970年
  15. ^ プロデューサーズコラム 夏休み対策は充分ですか - 鹿児島県、2015年2月20日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯31度35分7.5秒 東経130度33分4.1秒