出羽重遠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
出羽 重遠
Dewa Shigeto.jpg
生誕 1856年1月17日
陸奥国会津藩
死没 1930年1月27日(満74歳没)
日本の旗 日本 東京府
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1878年 - 1925年
最終階級 海軍大将
除隊後 稚松会会長
テンプレートを表示

出羽 重遠(でわ しげとお、安政2年12月10日1856年1月17日) - 昭和5年(1930年1月27日)は、日本海軍軍人華族。最終階級は海軍大将栄典正二位勲一等功二級男爵

経歴[編集]

陸奥国会津若松城下に、会津藩士・出羽佐太郎重信[1]を父として誕生。幼名は房吉。戊辰戦争では白虎隊に属して戦った。戦後、父が会津松平家御用掛として上京したのに伴われ、秋月悌次郎らから教育を受けている。

明治11年(1878年)8月16日、海軍兵学寮5期)を卒業。同期に三須宗太郎大将。 「浪速」回航委員として英国出張を命ぜられ、航海長として帰国。「高千穂」分隊長、「高雄」副長、「赤城」艦長等現場経験を重ねるとともに、海軍省第一局第一課長(後の軍務局第一課長)、大臣官房人事課長といった軍政関係に配置された。

日清戦争西海艦隊参謀長として迎え、明治27年(1894年)12月27日、大佐に昇進すると同時に連合艦隊参謀長へ異動。伊東祐亨・連合艦隊司令長官の補佐にあたる。日清戦争後は再び軍務局第一課長、軍務局軍事課長を務める。明治31年(1898年山本権兵衛海軍大臣に就任するとその次官に望まれた。出羽は斎藤實を推薦し、自らは「常磐」回航委員長となった[2]。明治33年(1900年)5月20日、少将へ昇進[3]と同時に常備艦隊司令官に補され、続いて軍務局長兼軍令部次長という軍政軍令の要職を兼任する稀な経験をしている[4]

日露戦争凱旋式当日の海軍首脳 左4人目から順に
伊集院五郎上村彦之丞東郷平八郎山本権兵衛伊東祐亨片岡七郎、出羽重遠、斎藤実山下源太郎、中列左から6人目加藤友三郎

日露戦争に第三戦隊司令官として参戦。巡洋艦4隻を率いて、日本海海戦まで第一戦隊とともに第一艦隊に属して戦い、その後樺太作戦のために編成された第四艦隊の司令長官を務めた。日露戦争後第二艦隊及び佐世保鎮守府の各司令長官、教育本部長を務め、第一艦隊司令長官在任中の明治45(1912年)年7月9日大将へ昇進した。それまで有栖川宮威仁親王以外の13人の海軍大将は全て旧薩摩藩出身者であり、加えて賊軍といわれた会津藩出身であったことから当時の新聞報道でも大きく扱われた。その後軍事参議官在任中にシーメンス事件査問委員長を務めている。

妻は会津藩士・大沼親誠の娘。妻の妹は鈴木貫太郎夫人とよ[5]。妻の弟が大沼龍太郎である。長男の重夫は海軍兵学校(34期)出身の海軍軍人で、海軍大尉で死去。次男の泰邦は加藤定吉の養嗣子、四男重芳は貴族院議員となった。重夫の娘は寺垣猪三與倉守之助(機関少将)の養女となる[6]

年譜[編集]

出羽重遠と小林躋造

栄典[編集]

外国勲章等

脚注[編集]

  1. ^ 17石3人扶持。斗南藩少属庶務掛。
  2. ^ 松下芳男『日本軍閥の興亡』芙蓉書房、1975年。263頁
  3. ^ 角田秀松中将が明治28年8月15日に少将となっており、会津藩出身の海軍将官としては2人目となる。
  4. ^ 明治35年10月29日-明治36年9月5日
  5. ^ 半藤一利『聖断 昭和天皇と鈴木貫太郎』PHP文庫 51頁、星亮一『出羽重遠伝』光人社NF文庫 123-124頁
  6. ^ 『人事興信録』(1928年)
  7. ^ 『官報』第1830号「叙任及辞令」1889年08月05日
  8. ^ 『官報』第2000号「叙任及辞令」1890年03月04日
  9. ^ 『官報』第3253号「叙任及辞令」1894年05月07日
  10. ^ 『官報』第3279号「叙任及辞令」1894年06月06日
  11. ^ 『官報』第4122号「叙任及辞令」1897年04月02日
  12. ^ 『官報』第4178号「叙任及辞令」1897年06月08日
  13. ^ 『官報』第4426号「辞令」1898年04月06日
  14. ^ 『官報』第5490号「叙任及辞令」1901年10月19日
  15. ^ 『官報』第6100号「叙任及辞令」1903年10月30日
  16. ^ 『官報』第6965号「叙任及辞令」1906年09月14日
  17. ^ 『官報』第7218号「叙任及辞令」1907年07月22日
  18. ^ 『官報』第404号「叙任及辞令」1913年12月02日
  19. ^ 『官報』第492号「叙任及辞令」1914年03月23日
  20. ^ 『官報』第728号「叙任及辞令」1915年01月08日
  21. ^ 『官報』第1232号「叙任及辞令」1916年09月07日
  22. ^ 『官報』第1989号「叙任及辞令」1919年03月24日
  23. ^ 『官報』第3430号「叙任及辞令」1894年12月03日
  24. ^ a b 『官報』第3676号「叙任及辞令」1895年09月28日
  25. ^ 『官報』第3453号「叙任及辞令」1895年01月04日
  26. ^ 『官報』第4402号「叙任及辞令」1898年03月09日
  27. ^ 『官報』第5131号「叙任及辞令」1900年08月09日
  28. ^ 『官報』第6315号、「叙任及辞令」1904年07月19日。
  29. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日
  30. ^ 『官報』第6926号「叙任及辞令」1906年07月31日
  31. ^ 『官報』第7272号「授爵叙任及辞令」1907年09月23日
  32. ^ 『官報』第7874号「叙任及辞令」1909年09月21日
  33. ^ 『官報』第60号「叙任及辞令」1912年10月11日
  34. ^ 『官報』第1575号「叙任及辞令」1917年11月01日
  35. ^ 『官報』第931号「彙報」1930年02月07日
  36. ^ 『官報』第924号「叙任及辞令」1930年01月30日
  37. ^ 『官報』第5811号「叙任及辞令」1902年11月15日
  38. ^ 『官報』第7025号「叙任及辞令」1906年11月28日
  39. ^ 『官報』第8049号、「叙任及辞令」1910年04月25日。

参考文献[編集]

  • 会津郷土資料研究所編『慶応年間 会津藩士人名録』勉強堂書店、1992年。
  • 小島一男『会津人物事典 (武人編)』歴史春秋社、1995年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。

関連書籍[編集]


先代:
上村彦之丞
伊集院五郎
第二艦隊司令長官
第2代:1905年12月20日 - 1906年11月22日
第4代:1908年5月26日 - 1909年12月1日
次代:
伊集院五郎
島村速雄
先代:
坂本俊篤
海軍教育本部長
第8代:1906年11月22日 - 1908年5月26日
次代:
有馬新一
先代:
有馬新一
佐世保鎮守府司令長官
第14代:1909年12月1日 - 1911年12月1日
次代:
島村速雄
先代:
上村彦之丞
第一艦隊司令長官
第6代:1911年12月1日 - 1913年12月1日
次代:
加藤友三郎