エルザッツ・モナルヒ級戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モナルヒ代艦級戦艦
Insert image here.svg
艦級概観
艦種 超弩級戦艦
艦名
前級 テゲトフ級
次級 -
性能諸元
排水量 常備:24,500トン
満載:-トン
全長 175.0m
172.0m(水線長)
全幅 28.49m
吃水 -m
機関 ヤーロー石炭専焼水管缶9基&同重油専焼水管缶6基
+形式不明低速・高速タービン2組4軸推進
最大
出力
31,000hp
最大
速力
21.0ノット
航続
距離
10ノット/5,000海里
燃料 石炭:1,425トン
重油:1,035トン
乗員 1,050名
兵装 シュコダ 35cm(44口径)三連装砲2基&同連装砲2基
シュコダ 15cm(50口径)単装砲14基
シュコダ 9cm(45口径)単装砲8基
シュコダ 9cm(45口径)単装高角砲12基
シュコダ 4.7cm(43口径)単装機砲2基
マキシム 8mm単装機銃2丁
45.7cm水中魚雷発射管単装2基
53.3cm水中魚雷発射管単装6基
(艦載艇装備:4cm(18口径)単装機砲1基×2隻)
装甲 舷側:220~310mm(水線部)
甲板:72mm(主甲板)
主砲塔:-mm(前盾)
主砲バーベット部:-mm(最厚部)
副砲ケースメイト部:-mm(最厚部)
司令塔:320mm(最厚部)

エルザッツ・モナルヒ級戦艦(SMS Ersatz Monarch class battleship)は、オーストリア=ハンガリー帝国海軍が建造を計画していた超弩級戦艦である。

概要[編集]

本級は、オーストリア=ハンガリー帝国海軍第一次世界大戦前に計画した超弩級戦艦である。当初は1914年5月に戦艦モナルヒ級の代艦として弩級戦艦を引き続き整備する計画であったが、イタリア海軍が弩級戦艦コンテ・ディ・カブール級を着工し、更なる増強(カイオ・デュイリオ級)も予測されたことから、最終的に正35cm砲を搭載する超弩級戦艦としての計画に変更された。3隻の建造が議会で承認され、1隻あたり82~83万クローネトリエステ造船所に発注されたが第一次世界大戦の勃発により全艦とも建造はキャンセルされた。

艦形[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国海軍は、前級のテゲトフ級戦艦で主砲に三連装砲塔を採用し、艦前後に背負式に各2基を配置する形態とした。艦形が比較的コンパクトにまとまり、主砲の各方向への指向門数確保の上で有利な配置であったが、発砲時の爆風の影響が強いことや、作動機構などの不利を抱えていたとされる[1]。本級ではその改善のためこの配置を採らず、大戦前のドイツ戦艦に類似する主砲配置要領への転換を図っていたとされる[1]。排水量30,000t(満載34,000t)、35cm主砲8-10門、速力30ktという計画もあった[2]

兵装[編集]

次の兵装の搭載を計画していたとされる。

  • 35cm(44口径)砲 三連装2基、連装2基
  • 15cm(50口径)砲 単装14基
  • 9cm(45口径)砲 単装8基
  • 9cm(45口径)高角砲 単装12基
  • 4.7cm(43口径)機砲 単装2基
  • 53.3cm水中魚雷発射管 単装6基

機関[編集]

次のような機関部構成とする計画であったとされる。

  • ヤーロー式石炭専焼水管缶9基・重油専焼缶水管缶6基
  • タービン4基(機関出力31,000馬力)

同型艦[編集]

  • エルザッツ・モナルヒ(SMS Ersatz Monarch)
  • フニャディ(SMS Hunyadi)
  • グラーフ・ダウン(SMS Graf Daun)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『福井静夫著作集 第六巻-軍艦七十五年回想記 世界戦艦物語』 p.172
  2. ^ 『福井静夫著作集 第六巻-軍艦七十五年回想記 世界戦艦物語』 p.175

参考文献[編集]

  • 福井静夫『福井静夫著作集 第六巻-軍艦七十五年回想記 世界戦艦物語』 光人社、1993年
  • 「Austro-Hungarian warships of World War I. University of Michigan」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]