アンソン (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Anson (79) at Devonport, March 1945.jpg
艦歴
発注
起工 1937年7月20日
進水 1940年2月24日
就役 1942年6月22日
退役 1951年11月
その後 1957年5月18日に廃棄処分
除籍
性能諸元
排水量 基準:36,727 トン
満載:42,076 トン
全長 227.1 m
全幅 31.4 m
吃水 10.5 m
機関 蒸気タービン4基4軸 110,000馬力
最大速 29.5ノット (54 km/h)
航続距離 6,000カイリ(14ノット時)
乗員 平時:1,553 - 1,558名
戦時:1,900名
兵装 35.6cm4連装砲塔2基、連装砲塔1基
13.3cm連装両用砲8基
2ポンド対空砲32基
40mmボフォース対空機銃14基
20mmエリコン機銃65基
艦載機 ウォーラス2機
モットー Nil desperandum - One mustn't give up hope

アンソン (HMS Anson, 79) は、イギリス海軍キング・ジョージ5世級戦艦。艦名はジョージ・アンソン提督に因む。

艦歴[編集]

アンソンはウォールズエンドスワン・ハンター造船所で1937年7月20日に起工し、1940年2月24日に進水した。当初はジョン・ジェリコー提督に因んでジェリコー(Jellicoe)と命名される予定であったが、1940年2月にアンソンと改名された。 1942年6月22日竣工。

第二次世界大戦[編集]

就役後、アンソンは本国艦隊の大半とともに北極海へと派遣され、ソ連との間で行き来する船団の護衛に従事した。1942年9月12日、アンソンは戦艦デューク・オブ・ヨークや軽巡洋艦ジャマイカ、駆逐艦ケッペルマッケイモントローズブラハムとともにQP14船団の遠距離護衛部隊に属していた[1]。12月29日、アンソンは重巡洋艦カンバーランドや駆逐艦フォレスターイカルスインパルシヴとともにJW51B船団の遠距離護衛を務めていた[2]。1943年1月23、24日にはアンソンは軽巡洋艦シェフィールド、駆逐艦エコーエクリプスフォルクナーイングルフィールド、モントローズ、クイーンボロレイダーオルカンとともにJW52船団の遠距離護衛を務めた。1月29日にRA52船団コラ湾から出発すると、アンソンは軽巡洋艦シェフィールド、駆逐艦イングルフィールド、オリビオビディアント、オルカンとともに1月30日からその遠距離護衛を行った[3]

1943年7月、アンソンはハスキー作戦の準備から敵の目をそらすための作戦に参加。10月、戦艦デューク・オブ・ヨークやアメリカ重巡洋艦タスカルーサとともにリーダー作戦に参加。この作戦ではアメリカ空母レンジャーの搭載機がノルウェー沿岸でドイツ船舶に対する攻撃を行った。1944年2月、ベイリーフ作戦に参加しフランス戦艦リシュリューや巡洋艦、駆逐艦とともにノルウェーの目標を攻撃する空母フューリアスを護衛した。4月3日、タングステン作戦(ドイツ戦艦ティルピッツに対する航空攻撃)に参加[4]。この作戦ではアンソンはヘンリー・ムーア中将の旗艦であった[5]

1944年6月にアンソンは改装のため退役し、1945年3月まで艦隊には戻らなかった。復帰するとアンソンは太平洋艦隊に編入された。しかし、アンソンが到着するころには戦争は終結していた。8月15日、香港の日本軍の降伏を受けるためアンソンはイギリス艦隊とともにシドニーから香港へ向け出港した。また、アメリカ海軍の戦艦ミズーリ艦上での日本の降伏文書調印の際の東京湾在泊艦艇の1隻である[4]


戦後[編集]

アンソンは太平洋艦隊の第1戦艦戦隊旗艦を務め、香港再占領を援護した。短期間の修理の後、1946年2月にグロスター公爵公爵夫人を乗せるためアンソンはシドニーからホバートへ移動し、二人をシドニーまで運んだ[6]

1946年7月29日にアンソンはイギリスに戻った。1949年に予備艦となり、1951年にGare Lochへと曳航された[7]。1957年12月17日、スクラップとして売却[8]

脚注[編集]

  1. ^ Rowher p. 195
  2. ^ Rohwer p. 219
  3. ^ Rohwer p. 226
  4. ^ a b Chesneau (2004) p. 15
  5. ^ Rohwer p. 314
  6. ^ Raven and Roberts p. 405
  7. ^ Chesneau (2004) pp. 15-16
  8. ^ Garzke p. 223

参考文献[編集]

  • Rohwer, Jürgen (2005). Chronology of the War at Sea 1939-1945: The Naval History of World War Two (Third Revised ed.). Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 1-59114-119-2. 
  • Chesneau, Roger (2004). King George V Battleships. ShipCraft. 2. London: Chatham Publishing. ISBN 1-86176-211-9. 
  • Raven, Alan; Roberts, John (1976). British Battleships of World War Two: The Development and Technical History of the Royal Navy's Battleship and Battlecruisers from 1911 to 1946. Annapolis, MD: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-817-4. 
  • Garzke, William H., Jr.; Dulin, Robert O., Jr. (1980), British, Soviet, French, and Dutch Battleships of World War II, London: Jane's, ISBN 1-7106-0078-X 

外部リンク[編集]