ブルース・フレーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルース・フレーザー
Bruce Austin Fraser,
1st Baron Fraser of North Cape
1888年2月5日 - 1981年2月12日
BruceFraser.JPG
生誕 イングランドの旗 アクトンミドルセックス
死没 イングランドの旗 ロンドン
軍歴 1904年-1951年
最終階級 海軍元帥
テンプレートを表示

ブルース・オースティン・フレーザー(Bruce Austin Fraser、1888年2月5日-1981年2月12日)はイギリス海軍の軍人。海軍元帥、初代フレーザー・オブ・ノース・ケープ男爵、GCBKBE第二次世界大戦当時のイギリス海軍の上級司令官の一人である。第二次世界大戦終了時にイギリス太平洋艦隊司令長官の任にあり、アメリカ戦艦ミズーリ上での日本の降伏文書調印の際、イギリス代表として降伏文書に署名した。

海軍における初期の経歴[編集]

フレーザーは1904年1月15日に士官候補生としてイギリス海軍に入隊した。新人士官としてフレーザーは、軍において頭角を現す可能性をすぐに見せ始め、1907年3月から1908年12月までの中尉[1]としての過程をすべてトップクラスで通過した。すなわち、1907年3月15日に中尉となったフレーザーは、1908年3月15日には大尉となっていた。これらの時期は概ね海峡艦隊地中海艦隊で費やされた。1910年8月に本国艦隊に戻ると、翌年7月末まで偵察巡洋艦ボーディシアに勤務した。1911年7月31日、フレーザーはHMSエクセレント(地上施設。ポーツマス港のホエール島にある海軍砲術学校)に入り、砲術のスペシャリスト士官として道を究めるための長い経歴を歩み始めた。

第二次世界大戦[編集]

ヨーロッパで繰り広げられた一連の海上戦闘の後半において、フレーザーは本国艦隊の司令長官を務めていた。そしてその期間中の1943年12月、イギリス艦隊を指揮して、北岬沖海戦においてドイツ戦艦シャルンホルストを撃沈した。その海戦はフレーザーの艦隊がソ連ムルマンスクに向かう輸送船団を護衛していたときに起こったものである。その後1944年夏には、本国艦隊から東に異動し、強力なイギリス太平洋艦隊(British Pacific Fleet、BPF)に着任したが、それはフレーザーが指揮した当時の本国艦隊と違って海上の組織ではなく、彼はオーストラリアの陸上から艦隊を指揮した。イギリス太平洋艦隊は沖縄戦と日本本土への最終的な攻撃に参加した。

東京湾のアメリカ戦艦ミズーリ艦上における日本の降伏調印式。イギリス太平洋艦隊司令長官ブルース・フレーザー提督はイギリスを代表して降伏文書に署名した。他のイギリス代表団はマイクのところのダグラス・マッカーサー元帥のそばに並んでいる。

フレーザーは1945年9月2日、日本の降伏文書にイギリス代表として署名した。

引退まで[編集]

フレーザーは1946年にフレーザー・オブ・ノース・ケープ(北岬)男爵として叙爵された。

その後1948年第一海軍卿兼海軍軍令部長となり、1951年に海軍元帥の階級で退役した。

参考文献[編集]

  • Murfett, Malcolm H.(1995). The First Sea Lords from Fisher to Mountbatten. Westport. ISBN 0-275-94231-7
  • Heathcote T. A. (2002). The British Admirals of the Fleet 1734 - 1995. Pen & Sword Ltd. ISBN 0 85052 835 6

外部リンク[編集]

先代:
サー・ジェームズ・サマヴィル
東洋艦隊司令長官
1944 - 1944
次代:
不明
先代:
サー・ジョン・カニンガム
第一海軍卿
1948 - 1951
次代:
サー・ロドリック・マグリガー
先代:
創設
フレーザー・オブ・ノース・ケープ男爵
1946 - 1981
次代:
廃絶

脚注[編集]

  1. ^ イギリス海軍には少尉という階級がなく、中尉(Sub-Lieutenant)が士官の最下位の階級である。