ヘンリー (グロスター公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー
Prince Henry
Duke of Gloucester
Dukeofgloucester.jpg
グロスター公ヘンリー
続柄 ジョージ5世第三王子
称号 グロスター公爵
アルスター伯爵
カローデン男爵
全名 ヘンリー・ウィリアム・フレデリック・アルバート
身位 Prince(王子)
敬称 His Royal Highness(殿下)
出生 1900年3月31日
イングランドの旗 イングランドサンドリンガム
死去 1974年6月10日
イングランドの旗 イングランドノーサンプトンシャー
配偶者 アリス
子女 ウィリアム
リチャード
父親 ジョージ5世
母親 メアリー
役職 オーストラリア総督
テンプレートを表示

グロスター公爵ヘンリー王子(Prince Henry, Duke of Gloucester洗礼名: ヘンリー・ウィリアム・フレデリック・アルバート; Henry William Frederick Albert1900年3月31日 - 1974年6月10日)は、イギリスの王族。グロスター公爵、アルスター伯爵、カローデン男爵。第11代オーストラリア総督(在任:1945年 - 1947年)。

人物[編集]

当時ヨーク公だったジョージ王子(後のジョージ5世)と妃メアリーの三男として、ノーフォークのサンドリンガムで誕生した。兄にエドワード8世ジョージ6世、姉にハーウッド伯爵夫人メアリー、弟にケント公ジョージらがいる。

同年5月17日に、ウィンザー城のプライベートチャペルで、ウィンチェスター大主教であるランドル・デイヴィッドソンによって洗礼を施され、ヴィクトリア女王ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世ベアトリス王女ハノーファー王太子妃テューラノルウェー王妃モードギリシャ王子ゲオルギオスアスローン伯アレグザンダー・ケンブリッジロバーツ伯フレデリック・ロバーツらが代父母となった。

1913年からイートン校で学び、卒業後の1919年には他の兄弟とは対照的にサンドハースト王立陸軍士官学校に入学、陸軍軍人となり、1937年の退役まで第10軽騎兵連隊の将校を務めた。第二次世界大戦が始まると軍に復帰し、主席連絡将校を務めた。1955年には陸軍元帥、1958年には空軍元帥に任ぜられた。

1928年にグロスター公となり、1930年にはエチオピア皇帝ハイレ・セラシエの戴冠式に出席するため、アディスアベバに赴いた。

1929年には日本を訪れ、5月5日に靖国神社に参拝したほか、明治神宮陸軍習志野演習場京都神戸などを訪問している。

1936年、長兄エドワード8世の予期せぬ退位で王位についた次兄ジョージ6世は、もし自分に不測の事態が起こり死ぬようなことがあり、まだ年端もいかないエリザベス王女が即位するような事態となったら、摂政として補佐してほしいとヘンリーに頼み、イギリスを離れないように要求していた。

オーストラリア総督時代のグロスター公爵夫妻の記念切手(1945年)

1944年、オーストラリア労働党政権の首相ジョン・カーティンと懇意にしていたため、オーストラリア総督就任を依頼された。カーティン自身は総督職をオーストラリア人にさせるべきとの持論の持ち主だったが、第二次世界大戦中だったため王族が総督になる方が得策と考えた[1]オーストラリアのイギリス離れを封じるためと、オーストラリア守備の必要性からであった。元々、他の兄弟に比べて容姿にコンプレックスを抱えていたこともあって、内気で人前に出るのが苦手だった彼は、オーストラリア国民に好かれなかったが、公爵夫人アリスは好印象を与え、夫の負のイメージを和らげた。1945年にカーティンが亡くなり、戦争が終結すると、ヘンリーは1947年3月に任期を残して職を辞し、帰国した。

第二次世界大戦以降も、1949年に兄王の代理として南アフリカを訪問するなど、夫人とともに海外歴訪を含む公務をこなし続け、1954年にはグレイ法曹院の大蔵卿に任ぜられた。だが、晩年は脳卒中に倒れ、1972年の長兄ウィンザー公の葬儀にも出席できず、同年8月28日には長男ウィリアムが飛行機事故で急逝するなど、不幸が相次いだ。

1974年6月10日に74歳で死去。ジョージ5世の子供たちの中では最も後年まで生きた。グロスター公位は、次男のリチャード王子が継ぐこととなった。

雑記[編集]

1935年発行の100カナダドル紙幣に肖像が使用されている。

家族[編集]

1935年11月6日、バクルー公及びクイーンズベリ公ジョン・モンタギュー=ダグラス=スコットの娘アリス・クリスタベル・モンタギュー=ダグラス=スコットと結婚し、

の2男をもうけた。

称号[編集]

グロスター公ヘンリーの紋章
  • 1900年3月31日 – 1901年1月22日
    ヘンリー・オブ・ヨーク王子殿下(His Highness Prince Henry of York)
  • 1901年1月22日 – 1901年11月9日
    ヘンリー・オブ・コーンウォール・アンド・ヨーク王子殿下(His Royal Highness Prince Henry of Cornwall and York)
  • 1901年11月9日 – 1910年5月6日
    ヘンリー・オブ・ウェールズ王子殿下(His Royal Highness Prince Henry of Wales)
  • 1910年5月6日 – 1928年3月31日
    ヘンリー王子殿下(His Royal Highness The Prince Henry)
  • 1928年3月31日 – 1974年6月10日
    グロスター公爵殿下(His Royal Highness The Duke of Gloucester)

脚注[編集]

  1. ^ 元々は、弟のケント公ジョージに就任が打診されていたが、1942年に飛行機事故で急逝したため、一度は白紙に戻されていた。
先代:
グロスター公爵
1928年 - 1974年
次代:
リチャード
先代:
アレグザンダー・ホア=ラスヴン
オーストラリアの旗 オーストラリア総督
第11代:1945 - 1947
次代:
ウィリアム・マッケル