アメデ・クールベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメデ・クールベ
Amédée Courbet
Amédée Courbet Appert BNF Gallica.jpg
生誕 1827年6月26日
ソンム県 アブヴィル
死没 1885年6月11日(満57歳没)
台湾 馬公
所属組織 フランス海軍
軍歴 1849 - 1885
最終階級 海軍大将
テンプレートを表示
清仏戦争にて阮朝ベトナムの首都フエに入城するクールベを描いた絵画。

アメデ・クールベ(Amédée Courbet, 1827年6月26日1885年6月11日)は19世紀フランス提督。特にアジアで活躍した。ポリテクニシャン(エコール・ポリテクニークの卒業生)である。

クールベは1827年に3人兄弟の末としてアブヴィルで生まれた。クールベが9歳の時父が亡くなった。

1880年から1882年までニューカレドニアの総督を勤めた。1883年トンキンの海軍部隊の指揮官となった。クールベは皇帝の後継争いで混乱していた阮朝ベトナムの都フエを砲撃し、安南をフランスの保護国とした。

1884年、クールベは在中国フランス軍全てを指揮下に置き(フランス極東艦隊フランス語版英語版)、清仏戦争を戦った。クールベは1884年馬江海戦英語版(福州海戦とも)で福建艦隊中国語版英語版を破り、福州船政局を破壊した。また、台湾の侵攻と封鎖を行って、澎湖諸島を占領し、台湾南部の基隆を1884年10月1日から1885年7月まで占拠した。

クールベは、清及び黒旗軍との講和を定めた天津条約が結ばれた2日後の1885年6月11日に、台湾で死去した。

その他[編集]

台湾南部、基隆大沙湾は、クールベ率いるフランス軍の上陸地であり、日本統治時代には「クールベー浜」と呼ばれ、海水浴場が開設されていた。

関連項目[編集]

フランス海軍にはクールベの名がつけられた船が3隻ある。