クールベ (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FS Courbet 10.jpg
艦歴
建造者 DCNロリアン工廠
運用者 Flag of France.svgフランス海軍
計画
発注
起工 1993年9月15日
進水 1994年3月12日
竣工
就役 1997年4月1日
退役
除籍
除籍後
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 フリゲート
艦級 ラファイエット級フリゲート
排水量 基準 3,200t
満載 3,600t
全長 125.0m
全幅 15.4m
深さ
高さ {{{高さ}}}
吃水 4.8m
機関 CODAD方式、2軸推進
* SEMT ピルスティクPA 6 V 280 STCディーゼルエンジン × 4基(21,000HP
* ディーゼル発電機 × 3基(2,250kW
機関出力
速力 最大速 25kt
燃料
航続距離 巡航15ktで7,000海里
潜航限界深度
乗員 152名
搭載量
兵装 * Mle68 TR 100mm単装砲 × 1基
* F2 20mm単装機関砲 × 2基
* エグゾセMM40 Block3SSM4装発射機 × 2基
* アスター15短SAMシルヴァーVLS 16セル
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機 AS 565 パンテルまたはNH90 × 1機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I * SENIT 7戦術情報処理装置 + リンク11
* SEAO/OPSMER指揮支援システム
* シラキューズ2衛星通信システム
* インマルサット衛星通信システム
レーダー * DRBN-34航海/着艦 × 2基
* DRBV-15C対空対水上
* CN2射撃 × 1基
ソナー
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
* ARBG-2 MAIGRET妨害装置 × 1基
* ARBR-21レーダー妨害装置
* Mk2デコイ発射機 × 2基
* AN/SLQ-25対魚雷曳航デコイ × 1基
* プレーリー=マスカー音響低減システム × 1基
愛称
モットー
その他

クルーベフランス語Courbet, F 712)は、フランス海軍ラファイエット級フリゲート3番艦。艦名はアメデ・クールベに由来する。

艦歴[編集]

「クルーベ」は、DCNロリアン工廠で建造され1993年9月15日に起工、1994年3月12日に進水、1997年4月1日に就役する。

「クルーベ」はアンジェと命名都市の関係を結んでいる。「クルーベ」はトゥーロンに配備され海外領土経済水域の警備の他に空母戦闘群の支援や特殊作戦および人道援助任務を担当し海洋における諸任務に当たる。

1998年には喜望峰経由でインド洋に向かい、その後ペルシャ湾諸国を訪問する。2000年ジブチスエズ運河を経由して帰国、同年7月には黒海での合同演習に参加する。2001年10月には不朽の自由作戦の一環でヘラクレス作戦が発動されアラビア海に12月末まで展開した。2002年には定期整備を済ませた後に地中海に展開し、翌2003年に再びインド洋に派遣される。2004年には地中海に展開し監視活動に参加、翌2005年には地中海での任務を済ませた後の11月に不朽の自由作戦に参加するためインド洋に展開する。

2006年ソマリア沖の海賊対策のためアデン湾に展開、その後レバノン侵攻での海上監視任務のためレバノン沖に派遣された。任務中の10月3日イスラエル軍の戦闘機2機が無線呼び出しに応答せず対空警戒線を越える事件が起きた。これは防衛上、外交上の問題を誘発しフランス政府は公式に抗議しイスラエルは謝罪した[1]2007年にも再びレバノン沖に派遣される。2008年7月にソマリア沖海賊対策のためにアデン湾に派遣され、9月にはソマリア沖2008年9月16日の事件で人質救出に成功する。

2013年2月3日に艦載ヘリコプターとエストニアの船舶防護分遣隊(VPD)を載せてトゥーロン軍港を出航し、2月18日にジブチ港にて「F711 シュルクーフ」と会合し、2月21日からアタランタ作戦に参加する[2]

脚注[編集]

  1. ^ LemondeIsraël présente ses excuses à l'Allemagne2006年10月31日
  2. ^ EU Naval Force Welcomes French Frigate FS Courbet To Operation Atalanta

関連項目[編集]

外部リンク[編集]