ラファイエット (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FS La Fayette 4.jpg
艦歴
建造者 DCNロリアン工廠
運用者 Flag of France.svgフランス海軍
起工 1990年12月15日
進水 1992年6月13日
就役 1996年3月22日
主要諸元
艦種 フリゲート
艦級 ラファイエット級フリゲート
排水量 基準 3,200t
満載 3,600t
全長 125.0m
全幅 15.4m
吃水 4.8m
機関 CODAD方式、2軸推進
* SEMT ピルスティクPA 6 V 280 STCディーゼルエンジン × 4基(21,000HP
* ディーゼル発電機 × 3基(2,250kW
速力 最大速 25kt
航続距離 巡航15ktで7,000海里
乗員 152名
兵装
艦載機 AS 565 パンテルまたはNH90 × 1機
C4I
レーダー
  • DRBN-34航海/着艦 × 2基
    * DRBV-15C対空対水上
    * CN2射撃 × 1基
電子戦
対抗手段
  • ARBG-2 MAIGRET妨害装置 × 1基
    * ARBR-21レーダー妨害装置
    * Mk2デコイ発射機 × 2基
    * AN/SLQ-25対魚雷曳航デコイ × 1基
    * プレーリー=マスカー音響低減システム × 1基
テンプレートを表示

ラ・ファイエットフランス語La Fayette, F 710)は、フランス海軍ラファイエット級フリゲート1番艦。艦名はラファイエットに由来する。

艦歴[編集]

「ラ・ファイエット」は、DCNロリアン工廠で建造され1990年12月15日に起工、1992年6月13日に進水、1996年3月22日に就役した。建造はシェルブール工廠でコンポーネント別に製造されロリアン工廠で組み立てられた。

1995年10月21日サン=ディエ=デ=ヴォージュと命名都市の関係を結ぶ。「ラ・ファイエット」はトゥーロンに配備され海外領土経済水域の警備の他に、空母戦闘群の支援や特殊作戦および人道援助任務を担当し海洋における諸任務に当たる。

1998年10月にはペルシャ湾にて多国間合同のKhunjar Hadd 99演習に参加。1999年春にはインド洋諸国および東南アジアを訪問する。

2002年9月にヘラクレス作戦が発動し第473任務部隊に参加、インド洋に赴く。2004年11月にはコートジボワールの情勢悪化によりリコルヌ作戦が発動し自国民救出のため同国海域に派遣された。2005年8月に不朽の自由作戦のため再びインド洋に派遣される。2006年にもインド洋に展開する。2007年にはアメリカ合衆国にて挙行されたラファイエット侯爵生誕250年記念式典に参加する。2006年8月にはレバノン侵攻の勃発に伴い自国民救出のために「L9013 ミストラル」、「L9012 シロッコ」、「D643 ジャン・ド・ヴィエンヌ」、「D615 ジャン・バール」で部隊を編成しレバノンに派遣される。2008年5月にも海上阻止行動のためレバノン沖に派遣される。

2009年11月時点においてソマリア沖の海賊対策であるアタランタ作戦欧州連合海上部隊に参加しアデン湾に展開している。

雑記[編集]

1995年に公開された映画007 ゴールデンアイに登場した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]