アコニト (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FS Aconit 5.jpg
艦歴
建造者 DCNロリアン工廠
運用者 Flag of France.svgフランス海軍
計画
発注
起工 1996年8月5日
進水 1997年6月8日
竣工
就役 1999年6月6日
退役
除籍
除籍後
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 フリゲート
艦級 ラファイエット級フリゲート
排水量 基準 3,200t
満載 3,600t
全長 125.0m
全幅 15.4m
深さ
高さ {{{高さ}}}
吃水 4.8m
機関 CODAD方式、2軸推進
* SEMT ピルスティクPA 6 V 280 STCディーゼルエンジン × 4基(21,000HP
* ディーゼル発電機 × 3基(2,250kW
機関出力
速力 最大速 25kt
燃料
航続距離 巡航15ktで7,000海里
潜航限界深度
乗員 152名
搭載量
兵装 * Mle68 TR 100mm単装砲 × 1基
* F2 20mm単装機関砲 × 2基
* エグゾセMM40 Block3SSM4装発射機 × 2基
* アスター15短SAMシルヴァーVLS 16セル
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機 AS 565 パンテルまたはNH90 × 1機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I * SENIT 7戦術情報処理装置 + リンク11
* SEAO/OPSMER指揮支援システム
* シラキューズ2衛星通信システム
* インマルサット衛星通信システム
レーダー * DRBN-34航海/着艦 × 2基
* DRBV-15C対空対水上
* CN2射撃 × 1基
ソナー
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
A* RBG-2 MAIGRET妨害装置 × 1基
* ARBR-21レーダー妨害装置
* Mk2デコイ発射機 × 2基
* AN/SLQ-25対魚雷曳航デコイ × 1基
* プレーリー=マスカー音響低減システム × 1基
愛称
モットー
その他

アコニトフランス語Aconit, F 713)は、フランス海軍ラファイエット級フリゲート4番艦。艦名はトリカブトのフランス語読みに由来し、この名を受け継いだフランス軍艦としては2代目にあたる。

当初の艦名はジョーレギベリ(Jauréguiberry)が予定されていたが建造中の1996年に変更された。

艦歴[編集]

「アコニト」は、DCNロリアン工廠で建造され1996年8月5日に起工、1997年6月8日に進水、1999年6月6日に就役する。

建造前の1992年7月18日[1]シャロン=スュル=ソーヌと命名都市の関係を結んでいる。「アコニト」はトゥーロンに配備され海外領土経済水域の警備の他に空母戦闘群の支援や特殊作戦および人道援助任務を担当し海洋における諸任務に当たる。

就役間も無い1998年末頃に南米への遠洋航海を開始し年末にリオデジャネイロを訪問した。1999年9月にはチュニジアビゼルトに寄港しチュニジア海軍と数日間に渡って合同訓練を実施した。2000年5月に約7ヶ月間にわたる世界一周航海に出る。経路はイスラエルパキスタンカラチインドネシアシンガポールタイプーケットカンボジアシアヌークビルベトナムホーチミン市フィリピン中華人民共和国香港日本舞鶴港から東京港大韓民国アメリカ合衆国真珠湾ベネズエライギリスに寄港し11月29日トゥーロンに帰港する。

2001年にはセネガルダカールコートジボワールアビジャントーゴロメベナンコトヌーカメルーンドゥアラガボンポールジャンティの順で西アフリカ諸国を訪問する。2002年は不法移民船の取締りを、2003年1月にはインド洋に派遣され海上阻止行動に参加する。2005年2月から7月にかけて不朽の自由作戦のためインド洋に展開する。2006年11月から2007年3月にかけて再びインド洋に展開した。2008年4月からは南米訪問し、10月にレバノン沖での監視活動のために派遣される。2009年3月にアタランタ作戦に参加するためにアデン湾に派遣される。4月にはソマリア沖2009年4月10日の事件で人質救出活動に参加し、同月27日[2]には海上自衛隊AOE-423 ときわ」から2008年の補給再開から数えて第100回目の洋上補給を受け、補給終了後に甲板上に居たアコニト乗組員は100回目を記念する横断幕を揚げ両艦が分離後に日本国歌を斉唱し別れた[3]。7月下旬に任務を終えジブチから帰国の途に着く。この際に「DD-106 さみだれ」から横断幕で航海の無事安全が祈念された[4]

2010年10月から2011年2月までアタランタ作戦に参加するためソマリア沖・アデン湾に展開する[5]。その後、リビアでの騒乱リビア飛行禁止空域が設定され、国連決議に基づきフランス独自の軍事行動であるアルマッタン作戦に参加するため3月20日にトゥーロン軍港を出航しリビア沖に展開する。任務終了後の5月19日に帰港する。

2012年2月11日、アタランタ作戦に参加する[6]

脚注[編集]

  1. ^ 海軍公式サイトの記述による
  2. ^ 朝雲新聞インド洋補給活動 再開後、100回目に「ときわ」が達成 仏艦が感謝の横断幕2009年4月30日
  3. ^ 海軍ニュース100e ravitaillement pour les Japonais2009年5月8日
  4. ^ 海軍ニュースL’Aconit en retour de mission2009年8月4日
  5. ^ French frigate ACONIT leaves EU NAVFOR after one month of outstanding performance.
  6. ^ French warship FS ACONIT joins EUNAVFOR in the Horn of Africa

関連項目[編集]

外部リンク[編集]