リビア飛行禁止空域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リビアへの軍事攻撃
2011年リビア内戦
Coalition action against Libya.svg
軍事基地と攻撃拠点の一覧
2011年3月19日 - 2011年10月31日
場所 リビア
現況 廃止
衝突した勢力
北大西洋条約機構の旗 NATO

カタールの旗 カタール
スウェーデンの旗 スウェーデン
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦

リビアの旗 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国
指揮官
フランスの旗 エドゥアール・ギヨー海軍大将

イギリスの旗 サー・スチュアート・ピーチ空軍中将
アメリカ合衆国の旗 カーター・ハム陸軍大将
アメリカ合衆国の旗 サミュエル・ロックリア海軍大将
カナダの旗 アンドレ・デシャン中将

リビアの旗 ムアンマル・カッザーフィー
被害者数
アメリカ合衆国の旗 アメリカ空軍 F-15E 1機墜落 (パイロット両名は生存)[1] 戦車、装甲車、テクニカル、対空ミサイル車・運搬車両、他車両合わせて1492両

軍需施設350 対空ミサイルシステム、対空砲535 複数の航空機が損壊 司令部、他施設412 発射基地16 無数の兵士[2]

民間人の犠牲者数は不明*
*リビア政府は64–90人の民間人が死亡し150人が負傷したと主張。[3]アメリカ軍は否定。[4]

リビア飛行禁止空域(リビアひこうきんしくういき、英語Libyan no-fly zone)は、2011年3月17日国際連合安全保障理事会(国連安保理)で承認された軍事行動。リビア内戦反政府勢力に対して空爆を仕掛けるムアンマル・アル=カッザーフィー大佐(カダフィ大佐)に忠誠を誓う軍部隊などの攻勢を阻止するために提案された[5]。8月下旬にカダフィ政権は崩壊し、10月末に新たに採択された安保理決議により同年10月31日をもって飛行禁止区域は解除された[6]

概要[編集]

3月12日アラブ連盟国際連合安全保障理事会に対し、リビア上空に飛行禁止空域を設定するよう要請を行った[7]。この要請を受けて3月15日、レバノン[8]のナワーフ・サラーム国連大使は、イギリスフランスの支持を得てリビア上空に飛行禁止空域を設定することや国際的な軍事介入を容認する旨を盛り込んだ決議案を上程[9]、同決議案は2日後の3月17日の理事会での採決の結果、賛成10票・反対0票・棄権5票の賛成多数で採択された。この採択された決議案が、今回の軍事介入の根拠である「安保理決議1973」である。安保理では、常任理事国5カ国のうち1カ国でも反対すると決議はできないことになっているが、今回は当初軍事介入に消極的・反対の姿勢を示していたアメリカが賛成に回ったほか、同じく否定的だったロシア中国が棄権に回ったことで採択が実現した。また、ロシアと中国以外には非常任理事国であるブラジルインドドイツの3カ国も棄権している。棄権した5カ国のうち、ブラジル・ロシア・インド・中国の4カ国については独立国への軍事介入を忌避するという理由で、ドイツについては如何なる軍事介入にも自国は参加しない意思表示のために棄権を選択したとされている[10][11]

英仏両国は喫緊の問題として反カダフィ勢力を支援する意向を述べたが、参加国の全リストとその役割についてはまだ指定されず、そしてレバノンとアメリカ合衆国は決議を支持した[12]

3月18日にリビアのムーサ・クーサ対外連絡・国際協力書記(外相に相当)は、国連決議を考慮して即時停戦を宣言した[13]。しかし、ミスラタアジュダービヤーでの砲撃は継続し政府軍部隊はベンガジに接近し続けていた[14]。3月19日には政府軍戦車部隊はベンガジ市内に突入[15]砲迫による攻撃は市街地にも実施され、市街地上空を飛行していた戦闘機が撃墜される激戦が展開されていた[16]

国連決議はリビア地上軍に対する空爆と一般市民に脅威を与えている「軍艦」への攻撃を許可した[17]。3月19日にイギリス海軍はリビア海上封鎖のためフランス航空機と共に飛行禁止空域の実施を開始する[18]。フランス軍戦闘機はリビア軍戦車に対する空爆を実施。最終的には米空母「CVN-65 エンタープライズ」と仏空母「R 91 シャルル・ド・ゴール」が沖合に展開して実施部隊に即応能力を提供する。また、アメリカ合衆国軍は3月19日にオデッセイの夜明け作戦を発動した。この作戦では、参加部隊はリビアを管轄下に置く統合軍であるアフリカ軍カーター・ハム司令官(陸軍大将)の指揮下に入り、戦術面での指揮は在欧・在アフリカ海軍司令官のサミュエル・ロックリア海軍大将が指揮を執る。作戦の経過について、ウィリアム・ゴートニー統合参謀本部事務局長(海軍中将)は第一次攻撃として米英軍艦から114発のトマホーク巡航ミサイルをリビアの防空組織を目標に発射したと伝えた[19]

3月24日にNATOはアメリカ軍から作戦指揮権を移譲され、3月27日の大使会合で空爆を含む全作戦を指揮下に置く決定を下す。指揮権のNATOへの移譲はアメリカ主導のNATOが全面に出ることをフランスが反対していたが、指揮命令系統の混乱を避けたい参加各国の要望とノルウェーは指揮権移譲を参加条件としており、作戦指揮権はNATOに一本化される。空域の維持には空中警戒管制機、給油機および戦闘機など1日あたり数十機が必要とされ、NATO加盟国10カ国が参加し、非加盟国であるカタールとアラブ首長国連邦も参加する多国籍軍作戦となっている。NATOへの指揮権移譲後は、全体の指揮は欧州連合軍最高司令官(NATO軍最高司令官)であるジェイムズ・スタヴリディス海軍大将(アメリカ海軍)が執ることになり、またそれまで支援に徹していたナポリ統連合軍司令部が作戦指揮を担当することとなった[20]

実施戦力[編集]

北大西洋条約機構は飛行禁止空域を実施するため2月後半から3月前半にかけて作戦計画を立案する[21]。特にNATO加盟国のイギリスフランスが結ばれ主導的役割を形成する[22]。英仏両国は当初から飛行禁止空域を支持しており、規制活動を実施するに十分なエアパワーを有しているが、追加支援のためより広範囲の展開を必要としていた。

アメリカ合衆国は飛行禁止空域の強化するに必要なエアパワー資産を有するが、リビアへの主権侵害の虞があるとして法的基盤を確立してから介入すべきとした。また、アラブ地域への米軍介入となるため繊細な問題を有していたため、アメリカはアラブ各国に規制作戦への参加を求めた。

アメリカのロバート・ゲーツ国防長官は公聴会にてこの点について、「飛行禁止空域は防空体制を撃破するためリビア国土への攻撃から開始される・・・。そして、リビア領空全域に航空機を展開させるが、銃殺されている人々を(直接)救うことは出来ない。しかしこれが(間接的に)救う最初の手立てとなるであろう。」と説明している[23]

3月19日にリビア上空に展開していたフランス空軍機が攻撃の口火を切った[24]。他の国はそれぞれ個々の作戦を開始した。

作戦名[編集]

介入部隊[編集]

出撃拠点[編集]

その他の国の活動[編集]

  • アルバニアの旗 アルバニア サリ・ベリシャ首相は自国が支援する準備があると言明する[52]。首相は国連の決定を支持し多国籍作戦援助の提供を申しかける。首相報道官によればこれらの活動は合法であると伝える。主要目的はリビア人の自由と諸権利の保護とした[53]
  • オーストラリアの旗 オーストラリア ジュリア・ギラード首相とオーストラリア労働党は国連任務について軍事的貢献は実施しないとしているが、しかしNATOから要請があればオーストラリア軍の派遣を検討するよう求めたことを、オーストラリア自由党の国防スポークスマンが伝えた[54]。スティーブン・スミス国防相は政府が必要と判断したならば人道的貢献の一環として空軍のC-17大型輸送機を派遣する用意があると発言する[55]
  • クロアチアの旗 クロアチア イヴォ・ヨシポヴィッチ大統領はNATO加盟国の一員としてリビアでの作戦に参加すると言明し、クロアチア軍の参加準備を整える間は人道的支援を努力するとした[56]
  • ヨルダンの旗 ヨルダン アメリカ議会当局はヨルダンが国連任務の実施に関与するかもしれないと伝えた[57]
  • クウェートの旗 クウェート デーヴィッド・キャメロン英国首相によれば「後方支援分担」を実施するとされる[58]
  • ブルガリアの旗 ブルガリア ボイコ・ボリソフ首相はブルガリア海軍からウィーリンゲン級フリゲート「41 ドラツキ(Drazki)」を海上封鎖に参加させるとし、人道援助にも備えていると言明した[59]
  • オランダの旗 オランダ ウーリ・ローゼンタール外相はオランダが飛行禁止空域についてまだ詳細な支援については確定しないものの、軍を派遣する用意があるとしている[60]
  • スウェーデンの旗 スウェーデン カール・ビルト外相はNATOの要請があればスウェーデンが飛行禁止空域について支援する軍事行動を考慮すると発表した[61]スウェーデン空軍グリペン戦闘機8機を空爆作戦に参加させる準備をしているが、スウェーデン政府は部隊派遣についてNATOの要請を待つとしている[62]。最新の調査においてスウェーデン国民の約65%が飛行禁止空域を強化するために国際作戦に参加することを望んでいる[63]。スウェーデンの8個議会党のうち7つが軍派遣に賛成している[64]
  • サウジアラビアの旗 サウジアラビア 空爆に参加している可能性について言及される[65][66]

国際部隊による戦闘行為[編集]

リビアへの介入についてアメリカ国民に向けて演説するオバマ大統領

2011年3月19日1600GMT時にフランス空軍が反体制派支配下の都市を防御するためにベンガジ上空から150kmから100kmの領域に戦闘機19機を展開させたと伝えた。仏国防省スポークスマンは1645GMT時から1659GMT時にかけてフランス軍機がリビア軍の車両に対して空爆を実施しこれを破壊したと伝える[67]

アルジャジーラによるとフランス軍機はベンガジ南西にてカダフィ軍の戦車4輌を破壊した[68]。同日、デーヴィッド・キャメロン英首相はイギリス軍機も活動中であると言明し、さらに報道ではアメリカ軍が最初の巡航ミサイルを発射した事を示唆する。CBSのデービッド・マーティンはB-2爆撃機3機がリビア国内の主要飛行場に40発の爆弾を投下するためアメリカ本土から無着陸で飛行すると報じた。さらに、同じ報道でアメリカ軍機が攻撃対象となるリビア軍地上部隊を捜索していると報じている。

アメリカ国防総省とイギリス国防省は協同で駆逐艦「USS バリー」と潜水艦「HMS トライアンフ」から少なくとも110発のトマホーク巡航ミサイルを発射したことを確認した。また内陸および沿岸部の軍事施設に対して補微修正の空爆支援が実施されている[69]

当初、作戦参加のアメリカ軍部隊はアメリカアフリカ軍司令官カーター・ハム陸軍大将(en:Carter Ham)の指揮下におかれた。作戦の戦術指揮は在欧アメリカ海軍司令長官サミュエル・ロックリア海軍大将が地中海上で航行中の指揮艦「USS マウント・ホイットニー」艦上から実施する。ロバート・ゲイツ米国国防長官は数日の内に作戦統制権がフランスおよびイギリスの指揮当局またはNATOに移管されると伝える[70]

2011年3月20日にはストーム・シャドウ巡航ミサイル数発がイギリス軍機から発射された[71]。アメリカ軍機19機も空爆を実施した。アメリカ軍機は海兵隊のハリアー短距離離着陸戦闘機、空軍のB-2爆撃機、F-15戦闘機およびF-16戦闘機が参加している[72]。カダフィ軍の地上部隊車列は数回の空爆によって撃破されている。70台近くの車両とその乗車兵が同時に撃破されていることが知られる。

デンマーク空軍のF-16戦闘機4機が5時間の飛行後イタリアのシニョネッラ航空基地に帰還し、「非常に危険な任務である」であると報道官は述べた[73]。その後、イタリア空軍のトーネード攻撃機3機がトラーパニ航空基地から離陸する[74]。3月18日に即時停戦宣言ののち、3月20日2100時からリビア軍によって新たな停戦が宣言される[75]。SA-2、SA-3およびSA-5地対空ミサイルの移動式以外と固定対空火砲の多くは破壊され、残る脅威は携帯式地対空ミサイルやSA-6およびSA-5移動式地対空ミサイルシステムなどとなっている[76]

リビア政府は軍事施設の防衛にために人間の盾の使用を認めた。カダフィ大佐の居住地の一つとみなされるバブ・エル=アジジア(Bab al-Azizia)の居住区は3月20日夜半から3月21日早朝にかけて破壊される[77]

3月26日夜、フランス軍機はミスラタのカダフィ政府軍に対して空爆を実施、戦闘機5機、戦闘ヘリコプター2機を破壊する。多国籍軍の戦闘機が上空を飛行している間はカダフィ政府軍の攻撃が停止していると反体制側が伝えており、飛行の抑止効果が現れている[78]

活動規模[編集]

アメリカのマイケル・マレン統合参謀本部議長(海軍大将)は「異例の複合作戦を準備する」と表明した[79]。またロバート・ゲーツ国防長官は作戦のため航空戦力がリビアとその付近に展開する必要があると述べているほか、NATOのアナス・フォー・ラスムセン事務総長もその必要性を強調している[80]

戦略予算評価センターによると、飛行禁止空域を維持するためのコストについては、アメリカ国防総省シンクタンクのシナリオの下では1週間あたり3億米ドル程度と試算されているという[81]

この軍事介入について、元アメリカ空軍参謀総長メリル・マクピーク退役空軍大将は「この軍事問題が簡単に解決するとは想像できない」として、カダフィ勢力支配地域の上空に飛行を集中するよう提案した。つまりリビアの防空システムを破壊して脅威を除去する攻撃を必要とする[82]

作戦の終焉[編集]

NATOによる軍事介入は抵抗を続けるカダフィ勢力を追い詰め、8月23日に反政府勢力は首都トリポリを陥落させる。カダフィは10月20日に死亡し、その後採択された国際連合安全保障理事会決議2016により理事会決議1970及び1973で規定された軍事介入は10月31日をもって終了することが決議された。これに伴いリビア飛行禁止区域も解除された[6]

脚注[編集]

  1. ^ “US crew rescued after Libya crash”. BBC News. (2011年3月22日). http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-12816226 2011年3月22日閲覧。 
  2. ^ PDF Library”. NATO (2011年9月25日). 2011年9月25日閲覧。
  3. ^ Libya says 64 killed in western military strikes” (2011年3月20日). 2011年3月20日閲覧。
  4. ^ By the CNN Wire Staff (2011年3月16日). “CNN. March 20, 2011”. Edition.cnn.com. 2011年3月21日閲覧。
  5. ^ CNN Gunfire, explosions heard in Tripoli March 20, 2011 0310 GMT
  6. ^ a b 安全保障理事会決議2016(2011)”. 国際連合広報センター. 2012年10月20日閲覧。
  7. ^ Arab League calls for Libya no-fly zone-state TV
  8. ^ レバノンは現在、安保理の非常任理事国である。
  9. ^ Libya and Lebanon: a troubled relationship
  10. ^ UN authorises no-fly zone over Libya
  11. ^ U.N. Security Council approves no-fly zone over Libya
  12. ^ Libya: UK forces prepare after UN no-fly zone vote
  13. ^ Libya: Foreign minister announces immediate ceasefire
  14. ^ Gaddafi forces shell west Libya's Misrata, 25 dead
  15. ^ Libya: Gaddafi forces attacking rebel-held Benghazi
  16. ^ Gaddafi forces encroaching on Benghazi
  17. ^ UN no-fly zone over Libya: what does it mean?
  18. ^ Gunfire, explosions heard in Tripoli
  19. ^ Libya Live Blog - March 19
  20. ^ リビア:NATO、空爆でも指揮権 米から移譲受け
  21. ^ guardian.co.uk Nato weighs Libya no-fly zone options 8 March 2011 12.16 GMT
  22. ^ BBC.News Libya: UK and French no-fly zone plan gathers pace 08 March 11 09:11 GMT
  23. ^ CNN.US U.S. mulling military options in Libya March 02, 2011
  24. ^ CNN Gunfire, explosions heard in Tripoli March 20, 2011
  25. ^ Operation Freedom Falcon
  26. ^ L'AM e l'Operazione 'Odyssey Dawn'
  27. ^ Danish F-16s drop their first bombs on Libya
  28. ^ SOUDA BAY/OSLO (VG Nett) Her tar det første norske F-16-flyet av fra basen på Kreta. Målet: Libya og Moammar Gaddafis styrker.
  29. ^ DeMorge.de Belgische politici unaniem achter militaire interventie 18/03/11, 12u06
  30. ^ TVA Harper confirme l'envoi de sept CF-18 18 mars 2011 à 12h25
  31. ^ CBS.News Harper heads to Paris meeting on Libya Mar 18, 2011 10:22 AM ET
  32. ^ MACLEANS.CA Danish F-16s land in Sicily, Canada, Spain, US jets flying in for action against Libya March 19, 2011
  33. ^ Danish jets land in Sicily for no-fly zone deployment
  34. ^ フランス国防省 http://www.defense.gouv.fr/operations/autres-operations/harmattan/libye-debut-des-operations-aeriennes-francaises 19/03/2011
  35. ^ Ο ρόλος της Ελλάδας στο ενδεχόμενο επέμβασης στη Λιβύη 18/03/2011
  36. ^ Frattini: raid anche con aerei italiani. 7 basi a disposizione
  37. ^ Libya Live Blog - March 19
  38. ^ Her letter de på vei mot Libya
  39. ^ Kabinet besluit tot deelname aan acties Libië
  40. ^ Dutch troops to boost no-fly zone
  41. ^ view the location of this item Netherlands to join NATO operation against Libya
  42. ^ Gadaffi sier at våpenlagrene er åpne
  43. ^ 産経ニュースリビア飛行禁止区域 カタール監視参加 アラブ諸国初2011年3月27日
  44. ^ Traian Basescu: Romania va trimite fregata Regele Ferdinand cu 205 militari in Mediterana pentru operatiuni de blocare a oricarei nave suspecte ca transporta armament catre Libia
  45. ^ El Pais España intervendrá con cuatro cazas F-18, una fragata F-100, un submarino y un avión de vigilancia marítima 19/03/2011
  46. ^ 産経ニュースNATO作戦にトルコ参加 艦艇派遣で武器禁輸監視2011年3月25日
  47. ^ Fijitimes.com Arab states enforce no fly zone March 19, 2011
  48. ^ UAEが戦闘機12機派遣 飛行禁止空域監視へ
  49. ^ The Telegraph Libya: Allies pound Gaddafi to relieve pressure on rebels
  50. ^ Libya no-fly zone should be 'easy' 2011-03-19
  51. ^ Libya live blog: U.S. Joint Chiefs Mullen: No-fly zone in effect
  52. ^ Albania supports the attacks on Libya
  53. ^ Albania supports the attacks on Libya
  54. ^ US to ease military action in Libya
  55. ^ Aust prepared to send C17s to Libya: Smith
  56. ^ [Croatian president Ivo Josipović said that if it becomes necessary Croatia will honour its NATO membership and participate in the actions in Libya. He also stressed that while Croatia is ready for military participation according to its capabilities, it will mostly endeavor to help on the humanitarian side IZ VIJESTI U 17: Josipović s bugarskim kolegom]
  57. ^ Arab states enforce no fly zone
  58. ^ Libya Live Blog - March 23
  59. ^ Пращаме ”Дръзки” да патрулира край Либия
  60. ^ NEDERLAND BEREID TOT DEELNAME ACTIE
  61. ^ Sweden backs up NATO request on Libya
  62. ^ Sweden offers eight fighter jets for Libya mission
  63. ^ Most Swedes favor role in Libya mission
  64. ^ Gripenplanen är redo för kriget
  65. ^ Amid uncertainty, allies prepare for no-fly zone
  66. ^ No-fly zone to be enforced as fighting continues
  67. ^ Libya: French plane fires on military vehicle
  68. ^ Libya Live Blog - March 19
  69. ^ Libya: Coalition launches attacks
  70. ^ Gates: US Expects to Hand off Libya Lead in 'Days'
  71. ^ British jets fired on Libyan targets
  72. ^ Libya live blog: Coalition confirms strike on Gadhafi compound
  73. ^ Danske kampfly var på højrisiko-mission
  74. ^ BUILDING OF KADHAFI RESIDENCE DESTROYED: AFP
  75. ^ Libya attack – Sunday 20 March 2011
  76. ^ Strikes Degrade Libya's Defenses, But Threats Remain
  77. ^ Missile destroys Gaddafi building
  78. ^ 東京新聞リビア、反体制派が中部拠点奪回 仏は戦闘機破壊2011年3月27日
  79. ^ DOD News Briefing with Secretary Gates and Adm. Mullen from the Pentagon
  80. ^ NATO chief says no plans to intervene in Libya
  81. ^ Defense group: Libyan no-fly zone could cost $300 million a week
  82. ^ The Case for a No-Fly Zone

関連項目[編集]

外部リンク[編集]