マッケンゼン級巡洋戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッケンゼン級巡洋戦艦
マッケンゼン級完成予想図
艦級概観
艦種 巡洋戦艦
艦名 人名
前級 デアフリンガー級
次級 ヨルク代艦級
性能諸元
排水量 常備:31,000 t
全長 223.0 m
全幅 30.4 m
吃水 9.30 m
機関 パーソンズ式ギアードタービン4軸、32缶、90,000馬力
最大速力 28.8 ノット
航続距離 8,000(14ノット)
乗員 1,186名
兵装 45口径35 cm連装砲4基
45口径15 cm単装砲14門
45口径8.8 cm単装砲8門
60 cm水中魚雷発射管5門
装甲 装甲帯:100 - 300 mm
司令塔:300 mm
甲板:30 - 80 mm
バーベット:270 mm

マッケンゼン級巡洋戦艦 (Große Kreuzer der Mackensen-Klasse) はドイツ帝国海軍の建造した巡洋戦艦。同型艦は4隻である。

概要[編集]

「マッケンゼン」の進水式

本級は基本的にはデアフリンガー級の拡大型である。基準排水量は31,000t、満載排水量は35,300t、新設計の45口径35cm連装砲4基を装備した。主砲塔の重量増加による重心上昇に対し、副砲を第一甲板上に移設している。当初案では38cm砲の搭載が検討されたものの重量増加を嫌い採用されなかったが、後のヨルク代艦級で採用された。

本級は4隻の建造が計画され、マッケンゼングラーフシュペー1917年に進水。しかし戦況の悪化により全艦未成に終わったが、この状況を連合国側は察知しておらず、第一次世界大戦後の引渡艦名簿上にマッケンゼンの名前があった。この為代わりにバイエルン級が引き渡されることとなり、建造中のまま放棄された船体は1921年から1924年に解体された。

同型艦[編集]

参考図書[編集]

  • 「世界の艦船増刊第26集 ドイツ戦艦史」(海人社)

関連項目[編集]