マールバラ (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1912年に撮影されたマールバラ
艦歴
発注:
起工: 1912年1月25日
進水: 1912年10月24日
就役: 1914年6月2日
退役: 1932年6月27日
その後:
除籍: 1932年
性能諸元
排水量: 基準:25,000トン、
満載:29,500トン
全長: 622 ft 9 in
全幅: 90 ft
吃水: 32 ft 9 in
機関: Brawn-Bowery-Parsons蒸気タービン4 基
Babcock & Wilcox or Yarrow18缶4軸推進
29,000 馬力
最大速: 21.25ノット
航続距離: 14,000 (10ノット時)
兵員: 925 名
兵装: 45口径13.5 in連装 5基
45口径6 in単装砲 12 門
20口径3 in単装高角砲 2門
21 in水中発射型魚雷発射管 4基
装甲: 装甲帯 12 in
隔壁 8 in
砲座 10 in
砲塔 11 in
甲板 2.5 in

マールバラ (HMS Marlborough) は、イギリス海軍の超弩級戦艦アイアン・デューク級戦艦の2番艦。艦名は初代マールバラ公ジョン・チャーチルに因む。

艦歴[編集]

マールバラはプリマスデヴォンポート・ドックヤード1912年10月24日進水1914年6月2日に就役する。

第一次世界大戦では、姉妹艦とともにスカパ・フローに根拠を置くグランドフリート第1戦艦戦隊に所属した。マールバラは、1916年3月31日に行われたユトランド沖海戦に参加し2 隻を撃沈、さらに2 隻に損傷を与えるものの、自身も魚雷による損傷を受けた。

ロマノフ家の救出[編集]

1917年ロシアで革命が発生すると、マールバラは同盟国を代表して黒海方面へ派遣された。1918年11月にドイツが降伏すると、マールバラはジョン・デ・ローベック提督の指揮下、旧ロシア帝国領に進駐するイギリス艦隊の1 艦としてウクライナに向かった。

1919年には、ジョージ5世の命により彼の叔母であるマリヤ・フョードロヴナその家族を救うため、マールバラは4月4日オスマン帝国イスタンブルを発し一路セヴァストーポリ方面へ向かった。4月7日、彼女らが監禁されていたクリミア半島の避暑地ヤルタに到達したマールバラは、一家の救出を速やかに実行した。当時、旧ロシア帝国艦隊の主力は連合国軍の管理下に置かれており、残る艦船も連合国と同盟関係にある白軍が掌握していて、敵方となる赤軍にはマールバラに対抗できるような海上戦力はなかった。

不幸にして皇帝一家は殺害されたが、マールバラの救出劇のお陰で多くの命が救われた。その中には、皇太后マリア・フョードロヴナの他、その娘のクセニア・アレクサンドロヴナ、孫のイリナ・アレクサンドロヴナ、その夫フェリックス・ユスポフ、元帝国軍最高司令官ニコライ・ニコラヴィチ大公ら多数の皇族貴族が含まれた。また、アントーン・デニーキン将軍ら白軍の一部も亡命を希望し同乗した。

難民を乗せたマールバラは、内戦から安全なコンスタンティノープルに無事帰着し、これらの人々の多くはイギリスやフランス、そしてのちにはアメリカ合衆国などへ逃れた。

最期[編集]

大戦が終結すると、世界各国は財政的な理由から牽制のための海軍艦艇の制限を検討するようになった。その結果、1922年ワシントン海軍軍縮条約が締結された。この条約に絡んで多くの戦艦が処分される中、13.5 in10 門と超弩級戦艦としては比較的非力であったマールバラは1932年6月27日に売却、解体された。

外部リンク[編集]