アイアン・デューク (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Iron Duke (1912).jpg
艦歴
発注: 1911年
起工: 1912年1月12日
進水: 1912年10月12日
就役: 1914年3月
退役: 1946年
その後: スクラップとして売却
除籍: 1948年
性能諸元
排水量: 基準:25,000トン、
満載:29,500トン
全長: 622 ft 9 in
全幅: 90 ft
吃水: 32 ft 9 in
機関: パーソンズ式蒸気タービン4基
ヤーロウ18缶4軸推進
29,000 馬力
最大速: 21.25ノット
兵員: 925名
兵装: 45口径13.5インチ連装 5基
45口径6インチ単装砲 12 門
20口径3インチ単装高角砲 2門
21インチ水中発射型魚雷発射管 4基

アイアン・デューク(HMS Iron Duke)は、イギリス海軍戦艦アイアン・デューク級戦艦の1番艦。艦名はワーテルローの戦いナポレオンを破った初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーの愛称に因む。

艦歴[編集]

アイアン・デュークは1912年1月12日にポーツマスで起工する。1914年3月の就役後は、ジョージ・キャラハン提督旗艦として本国艦隊に所属した。第一次世界大戦の直前にキャラハン提督はジョン・ジェリコー提督と任務を交代する。ジェリコー提督によってアイアン・デュークを旗艦とするグランド・フリートが創設された。1916年5月31日にアイアン・デュークは第2戦隊の一部としてユトランド沖海戦に参加した。その後1916年後半にデヴィッド・ビーティ提督の旗艦となるが、旗艦は間もなくクイーン・エリザベスへ変更された。

戦後アイアン・デュークは地中海艦隊に配属され、ジョン・デ・ローベック提督の旗艦となる。アイアン・デュークは1929年に退役するまで地中海艦隊、大西洋艦隊での任務に従事した。その後は第二次世界大戦が始まるまで訓練艦として使用され、第二次世界大戦の間はスカパ・フローで基地として使用された。1939年に攻撃を受け浸水、その後再浮揚され大戦の終わりまで使用された。1946年にスクラップとして売却され、1948年にグラスゴーで解体された。アイアン・デュークの船内時鐘はウィンチェスター大聖堂に展示されている。

アイアン・デューク艦上のジョージ5世とキャラハン提督

関連項目[編集]

外部リンク[編集]