ヴィースバーデン (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィースバーデン (SMS Wiesbaden) はドイツ海軍巡洋艦ヴィースバーデン級小型巡洋艦の1隻。

艦歴[編集]

1915年1月30日進水。同年8月20日就役。

ヴィースバーデンは1916年5月31日、6月1日のユトランド沖海戦にBoedicker少将が指揮する第2偵察群所属で参加した。17時ごろ、偵察部隊の戦闘に位置していたBoedickerの戦隊はイギリスの軽巡洋艦チェスターと交戦しチェスターに大損害を与えたが、フッド少将の第3巡洋戦艦戦隊が救援に現れた。ヴィースバーデンはイギリス巡洋戦艦インヴィンシブルからの砲撃で大破し、機関室への直撃弾で機関は完全に破壊された。さらに、続く駆逐艦の攻撃でヴィースバーデンには魚雷1本が命中した。その後もイギリス軍の砲撃の目標となり、6月1日午前2時45分頃に沈没した。22人がどうにか救命ボートにはい上がり、その内一人だけが助かった。死者は589名であった。