ディフェンス (装甲巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Defence 1907.jpg
艦歴
発注 1904-05年海軍計画
起工 1905年2月25日
進水 1907年4月24日
就役 1909年2月9日
退役
その後 1916年5月31日ユトランド沖海戦で戦没
除籍
性能諸元
排水量 14,600 トン
全長 490.0 ft(149.4 m)
全幅 74.5 ft(22.7 m)
吃水 26 ft(7.9 m)
機関 ヤーロー式水管缶24基
4気筒三段膨張式機関2基2軸
27,000 hp
最大速 22.9ノット
乗員 903名(士官54名、下士官兵849名)
兵装 9.2インチ(234 mm)砲4門(連装2基)
7.5インチ(191mm)砲10門
12ポンド砲16門
18インチ(457mm)魚雷発射管5門

ディフェンス (HMS Defence) は、1907年進水のイギリス海軍装甲巡洋艦マイノーター級。最後に建造されたイギリス海軍の装甲巡洋艦である。

艦歴[編集]

1905年2月25日起工。1907年4月24日進水。1909年2月9日就役。

1914年初頭に地中海に配備される。第一次世界大戦開戦時、ゲーベン追跡戦に関与する。それから、ドイツのシュペー艦隊の捜索に参加するため南大西洋へ向かうよう命じられた。だが、ディフェンスが到着する前に1914年12月8日のフォークランド沖海戦でシュペー艦隊は壊滅した。

ディフェンスは第1巡洋艦戦隊を率いるロバート・アーバスノット少将の旗艦として1916年5月31日のユトランド沖海戦に参加した。この戦隊にはディフェンスのほかにはウォーリアデューク・オブ・エジンバラブラック・プリンスが所属していた。

大破して英独両艦隊の間を漂流していたドイツ軽巡洋艦ヴィースバーデンに止めを刺しに向かったディフェンスは、ドイツの巡洋戦艦からの攻撃を受けた。ドイツ巡洋戦艦の接近は煙と霧で隠されていた。命中弾で後部弾薬庫が破壊されて弾薬が誘爆し、そのすぐ後にさらに前部に命中弾を受けてディフェンスは大爆発を起こして沈没した。アーバスノットとディフェンス乗員903名全員が戦死した。

外部リンク[編集]