エジンコート (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Agincourt H89142.jpg
艦歴
発注: 1911年ブラジル海軍
起工: 1911年9月
進水:
就役: 1914年8月
退役:
その後: 1921年12月19日に解体のため売却
除籍:
性能諸元
排水量: 基準:27,500トン
満載:
全長: 204.7m
全幅: 27.1m
吃水: 8.2m
機関: バブコック&ウィルコックス式石炭・重油混焼水管缶22基
パーソンズ式直結高圧タービン2基+同低圧タービン2基計4軸推進
最大出力: 34,000 hp
最大速力: 22.0ノット
燃料搭載量: 石炭3,200トン 重油620トン
航続性能: 10ノット/4,500海里
兵員: 1,115名
兵装: Mark XIII 30.5cm(45口径)連装砲7基
Mark XI 15.2cm単装砲20基
76.2cm(45口径)単装高角砲2基
53.3cm水中魚雷発射管単装3基
装甲: 舷側:229mm(水線部)
甲板:64mm
砲塔:305mm(前盾)
バーベット:229mm
司令塔:305mm

エジンコート (HMS Agincourt) は、イギリス海軍弩級戦艦である。

概要[編集]

本艦の武装・装甲配置を示した図。

当初はブラジル海軍がアームストロング社に発注した戦艦「リオデジャネイロRio de Janeiro)」であった。当時アルゼンチンブラジルチリの南米のABC三国が激しい建艦競争を行っており、ブラジル海軍はミナス・ジェライス級戦艦の建造により弩級戦艦の建造で先んじたのであるが、アルゼンチンはそれを凌駕するリバダビア級戦艦を建造した。そこでブラジルはこれを上回るリオデジャネイロを建造する事とした。既に超弩級戦艦の時代に突入していたが、ブラジル政府の関係者は「30.5cm砲で十分」というドイツ海軍の関係者の弁を鵜呑みにして、結果として30.5cm砲を14門搭載する世界最強の弩級戦艦を建造する事にしたのである。だがブラジル海軍はその後方針を変更し超弩級戦艦を建造する事として本艦の売却先を探し、結果オスマン帝国海軍が買い取る事となり、艦名も「スルタン・オスマン1世Sultan Osman I)」となった。

しかし、第一次世界大戦間近の1914年8月にイギリスが強制的に接収してしまい、その名を「エジンコート」と命名した。この名はクイーン・エリザベス級戦艦の6番艦に予定された名前だったと言われる(名の由来は百年戦争でイギリスが大勝したアジャンクールの戦いの英語読み)。結果としてこの処置は、戦艦レシャディエの接収の件とあわせて、オスマン帝国の君民の反感を買ってしまい、オスマン帝国を中央同盟国側においやる理由のひとつとなった。

第一次世界大戦では第1戦艦戦隊所属でユトランド沖海戦に参加している。

ワシントン海軍軍縮条約の結果廃艦が決定し、元々の発注主であるブラジルに売却を交渉したがまとまらず、解体処分とされた。

艦形[編集]

本艦は連装砲塔を7基搭載するという、他に例の無い艦形をしている。そのため艦体は非常に長くかつ細い。英国海軍が接収当時、英国艦隊の戦艦としては最長、かつ最大排水量の艦であった。同時に世界最大の弩級戦艦であり、搭載する主砲の門数、副砲の門数も戦艦としては最多である。防御は軽度なものに留められ、反面速力は当時の戦艦としては比較的快速であり、巡洋戦艦的な性格の艦であった。14門の主砲の斉射にこの細長い艦体が耐えられるのかが危惧されたが、ユトランド沖海戦において問題無い事が判明した。

主砲[編集]

本艦の主砲は、「Mark XIII 30.5cm(45口径)砲」であり、旧来の弩級戦艦のものをそのまま踏襲した。ただし14門という門数は世界最多であり、投射弾量を考えれば一部の超弩級戦艦すら凌駕するものである。砲塔が7基であるため、各砲塔には曜日の名前が振られ、1番砲塔が日曜日、7番砲塔が土曜日であった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1860-1905」(Conway)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1906-1922」(Conway)
  • 「世界の艦船 増刊第22集 近代戦艦史」(海人社)
  • 世界の艦船 増刊第30集 イギリス戦艦史」(海人社ISBN 4905551366