アルミランテ・ブラウン (装甲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AlmBrownAcorazado.jpg
近代化改装後の
「アルミランテ・ブラウン (ARA Almirante Brown)」
艦歴
発注 サミューダ・ブラザーズ社造船所
起工 1879年
進水 1880年
就役 1881年にアルゼンチン海軍で就役。
退役
その後 1897~1898年にフランスで近代化改装実施。
除籍 1930年
前級 ラ・プラタ級
次級 インデペンデンシア級
性能諸元
排水量 常備:4,200トン
満載:-トン
全長 73.0m
-m(水線長)
全幅 15.24m
吃水 4.95m
機関 形式不明石炭専焼円缶8基
+レシプロ機関2基軸推進
最大
出力
5,400hp
最大
速力
14.0ノット
航続
距離
12ノット/2,118海里
燃料 石炭:650トン
乗員 520名
兵装 アームストロング 1862年型 20.3cm(-口径)単装砲8基
アームストロング 12cm(40口径)単装砲6基
アームストロング 7.6cm(16口径)単装砲2基
(1897年:
1879年型 15.2cm(50口径)単装速射砲10基
1895年型 12cm(50口径)単装速射砲6基
アームストロング 7.6cm(16口径)単装砲2基)
装甲 複合装甲
舷側:229mm(水線部)
甲板:0mm
主砲砲郭部:203mm(最厚部)

アルミランテ・ブラウン (ARA Almirante Brown) は、アルゼンチン海軍の舷側砲郭装甲艦で同型艦はない。

概要[編集]

本艦はアルゼンチン海軍が自国の沿岸警備を目的として議会で購入が承認された艦である。

艦形[編集]

本艦の基本構造は平甲板型船体で3本のマストと伸縮機構のある1本煙突を持つ装甲フリゲートとしてイギリスで建造された。船体中央部に203mmの装甲板をリベット接合で組み立てて作られた砲廓(ケースメート)を持ち、アームストロング社製20.3cm単装砲を単装砲架で片舷4基ずつ計8基を配置した。

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1860-1905」(Conway)

外部リンク[編集]