シュレジェン (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Schlesien Panama.jpg
艦歴
起工: 1905年
進水: 1906年
就役: 1908年
退役:
その後: 1945年に自沈
性能諸元
排水量: 基準:13,200トン 
満載:14,218トン
全長: 127.6m
全幅: 22.2m
吃水: 7.7m
機関: 19,330hp
最大速: 19.1 ノット
航続距離:
乗員: 743名
兵装: 280mm砲連装2基、150mm砲単装15基
88mm砲単装4基、37mm機関砲連装2基
20mm機銃3基、機銃4基

シュレジエン(ドイツ語: SMS Schlesienシュレーズィエン)は、ドイツ海軍の戦艦。ドイッチュラント級戦艦の一隻。シュレジェンとシュレスヴィヒ・ホルシュタインは1930年代に改装を受け、シュレジェン級と分類される場合がある。

第一次世界大戦終了後、旧式艦であるという理由で保持を許された艦の一隻であった。ヴェルサイユ条約下シュレジェンは主に練習艦として使用されたが、第二次世界大戦においてはバルト海で陸上支援の艦砲射撃を行っている。シュレジェンは姉妹艦のシュレスヴィヒ・ホルシュタインと共に1939年9月1日、ポーランドに対する攻撃に参加した。

シュレジェンは大戦末期の1945年5月2日に触し船体を破損する。戦後はソ連軍によって標的艦として使用され、1949年から1956年にかけて解体された。シュレジェンの船体の残骸は1980年代まで確認することができた。

外部リンク[編集]