ポーゼン (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポーゼン (SMS Posen) は1908年進水ドイツ海軍戦艦ナッサウ級

左舷から撮られたポーゼン

艦歴[編集]

1907年6月11日起工。1908年12月13日進水。1910年5月31日就役。

第一次世界大戦勃発時はバルト海にあり、1915年8月にはリガ湾の戦いに参加した。その後姉妹艦と共に第1戦艦戦隊に配属され、1916年のユトランド沖海戦に参加した。この海戦ではポーゼンは無傷であったが、帰還時に自軍のピラウ級軽巡洋艦エルビンク」に追突して沈没させる失点を犯した。

第一次世界大戦後、1920年4月にポーゼンは賠償艦としてイギリスに引き渡され、オランダドルトレヒトで解体された。