デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン (海防戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
De Zeven Provinciën in port, 1910.jpg
竣工当時のデ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン
艦歴
発注 アムステルダム造船所
起工 1908年2月7日
進水 1909年3月15日
就役 1910年10月6日
その後 1942年2月18日に大破、1942年3月2日自沈。
浮揚後、1943年に再度自沈。
前級 ヤコブ・ヴァン・ヘームスケルク
次級 オランダの戦艦建造計画
要目
排水量 基準排水量 5,644トン
満載排水量 6,500トン
全長 101.5m
全幅 17.1m
吃水 6.15m
機関 ヤーロー石炭専焼水管缶8基
+三段膨張式レシプロ機関)
2基2軸推進
8,500hp
速力 16ノット(公試時:16.27ノット)
航続距離 8ノット/5,100海里
16ノット/2,100海里
燃料 石炭:700トン~872トン
乗員 448~452名
兵装 28.3cm(42.5口径)単装砲 2基2門
15cm(40口径)単装速射砲 4基4門
7.5cm(55口径)単装速射砲 10門
75mm単装迫撃砲 1門
オチキス 37mm(23口径)機砲 4門
装甲 舷側:150mm(最厚部)
100mm(水線末端部)
甲板:50mm(主甲板)
バーベット:250mm(最厚部)
司令塔:250mm(側面部)

デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン (HNLMS De Zeven Provinciën) は、オランダ海軍海防戦艦(Pantserschip)である。

概要[編集]

本艦はオランダ海軍が植民地防護のために建造した海防戦艦である。

艦形[編集]

洋上を航行するデ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン

本艦の船体形状は当時の主流である平甲板型船体で、水線下に衝角をもつ艦首から甲板上に「クルップ 28cm(42.5口径)ライフル砲」を箱型の単装砲塔に収めて1基を配置し、その背後から上部構造物が始まり、司令塔を基部に組み込み、両脇に船橋(ブリッジ)をも艦橋を基部として単脚式の前部マストが立つ。

船体中央部に2本煙突煙管型の通風筒が立ち並び、その周囲には艦載艇置き場となっており、2本1組のボート・ダビッドが片舷3組ずつ計6組により運用された。後部マストと後部見張り所が立ったところで上部構造物は終了し、一段下がった後部甲板上に28cm単装砲塔が後ろ向きに1基配置された。前後のマストの側面には15.2cm速射砲が単装砲塔に収められ、片舷3基ずつ計6基が配置された。この武装配置により艦首方向に最大で28.3cm砲1門・15.2cm砲2門・7.5cm速射砲2門が指向でき、舷側方向に最大で28.3cm砲2門・15.2cm砲2門・7.5cm速射砲5門が指向できた。

就役後の武装転換[編集]

就役後の1935年から1936年にかけてボイラーを重油専焼缶に更新した際にボイラー数が減少したため煙突は2本から1本に減少した。武装面においては艦首側の15cm速射砲2基、舷側の7.5cm速射砲8基、3.7cm機砲2基が撤去され、替りに、ボフォーズ 4cm(56口径)機関砲が単装砲架で2基、ブローニング 12.7mm(90口径)機銃が連装砲架で3基が搭載された。その後1941年に15cm速射砲2基が撤去され、ボフォーズ 4cm単装機関砲が4基追加された。

機関[編集]

本艦の機関はヤーロー式石炭専焼水管缶8基と三段膨張式四気筒レシプロ機関2基2軸を組み合わせ、公試において最高出力8,516馬力で速力16.27ノットを発揮し、通常速力16ノットとされた。燃料消費量から石炭872トンを満載した状態で8ノットで5,100海里を航行できるとされた。

1936年に燃料を重油に更新した際にボイラー5基を撤去して3基となった。最大出力は7,500馬力に向上したが速力は16ノットで変わらなかった。燃料は重油1,100トンが搭載できた。

艦歴[編集]

就役後しばらくは、オランダ本国に配備されていたが、1911年から1918年にかけてインドネシアに配備された。その後、1921年にインドネシアに再配備された。1933年2月4日に艦上で反乱が発生したが、14日にはオランダ国防相デッカーは航空爆撃による攻撃を承認し、実行されて犠牲者23人を出して鎮圧されている。この爆撃自体は、警告弾が誤って直撃したものであるとも考えられている。1936年、スラバヤ(Soerabaja)と改名、7月に練習艦に類別変更された。この時に練習艦として使用するために艦橋構造を大型の箱型構造に改装、武装の一部を撤去した。

第二次世界大戦勃発後の1942年2月18日、日本軍の空襲により大破した。日本軍ジャワ島上陸の翌日となる3月2日に港湾閉塞のため自沈処理した。その後、日本軍によって浮揚され、使用可能であった兵装の回収後、再度自沈している。


参考文献[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1860-1905」(Conway)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1906–1921」(Conway)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1922-1946」(Conway)
  • 「Jane's Fighting Ships Of World War I」(Jane)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]