ヤグアル級魚雷艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤグアル級 / ゼーアドラー級魚雷艇
Schnellboot der Jaguar-Klasse (140).JPG
艦級概観
種別 魚雷艇Sボート
艦名 鳥類もしくは哺乳類の名前
建造者 リュールセン, クローガー
運用者  ドイツ海軍
 トルコ海軍
 ギリシャ海軍
建造期間
就役期間 1957年~1976年(西ドイツ海軍)
同型艦 ヤグアル級20隻+ゼーアドラー級10隻
前級 ジルバーメーヴェ級魚雷艇
次級 ツォーベル級魚雷艇
ティーガー級ミサイル艇
アルバトロス級ミサイル艇
主要諸元
排水量 基準:183.4t、満載:210t
総トン数 {{{総トン数}}}
全長 42.6m
全幅 7.1m
吃水 2.3m
深さ
機関 メルセデス・ベンツ MB 518 B ディーゼル ×4基(ヤグアル級)
マイバッハ MD 871 ディーゼル×4基(ゼーアドラー級)
マイバッハ MD 872 ディーゼル×4基(ゼーアドラー級、1960年代後半に換装)
機関出力 3,000馬力(マイバッハ MD 872のみ3,600馬力)×4基、4軸推進
電力
速力 42ノット(ヤグアル級)
36ノット
(ゼーアドラー級、エンジン換装前)
43.5ノット
(ゼーアドラー級、エンジン換装後)
燃料
航続距離 35ノットの速力を維持して、700海里
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 39名
搭載量
装甲
兵装 ボフォース 40mm/L70 単装機関砲×2基
533mm単装魚雷発射管×4基
機雷敷設装備×2基
(オプション、1基当たり23基の機雷を搭載可。)
爆雷×4発
搭載機
搭載総数
搭載艇
C4ISTAR
レーダー
ソナー
電子戦
対抗手段
特殊装備
その他

ヤグアル級魚雷艇ドイツ語: Jaguar-Klasse)とは、西ドイツ海軍ジルバーメーヴェ級魚雷艇の後継として設計した魚雷艇である。140型魚雷艇(Klasse 140)とも表記される。

本項目では、派生型のゼーアドラー級魚雷艇141型魚雷艇ドイツ語: Seeadler-Klasse, Klasse 141)についても解説する。

概要[編集]

ヤグアル級/ゼーアドラー魚雷艇は、第二次世界大戦後西ドイツが初めて新規に設計開発された小型高速戦闘艇である。

ヤグアル級魚雷艇1番艇「P6059 / S1 ヤグアル」は1957年に就役し、1961年までの4年間でヤグアル級20隻とゼーアドラー級10隻の合計30隻が就役した。[1]

就役後、ヤグアル級は第3高速艇戦隊(3. Schnellbootgeschwader)と第5高速艇戦隊(5. Schnellbootgeschwader)、ゼーアドラー級は第2高速艇戦隊(2. Schnellbootgeschwader)にそれぞれ配属された。しかし、第3次中東戦争の1967年10月21日にイスラエル海軍の駆逐艦エイラートエジプト海軍コマール型ミサイル艇から発射されたP-15「テルミート」対艦ミサイルによって撃沈した事例から、魚雷艇の存在価値が揺らぎ始めた。

このため第3/第5高速艇戦隊のヤグアル級はティーガー級ミサイル艇への更新が進められて1975年に全艇が西ドイツ海軍から退役し、第2高速艇戦隊のゼーアドラー級もアルバトロス級ミサイル艇に更新されて1976年に全艇が西ドイツ海軍から退役した。

船体[編集]

ヤグアル級とゼーアドラー級の艇体は同一の構造であり、木製の外板と軽合金製の甲板で製造され軽量化が図られているが、主な作戦想定海域である北海及びバルト海における一定水準の航洋能力を備えている。

ヤグアル級とゼーアドラー級の差異は搭載エンジンのみであり、どちらもディーゼルエンジンを搭載するが、ヤグアル級はメルセデス・ベンツ製のMB 518 B、ゼーアドラー級はマイバッハ(後のMTUフリードリヒスハーフェン)製のMD 871を搭載する。このため、ヤグアル級とゼーアドラー級を搭載エンジンのメーカーからそれぞれメルセデス-ボート(Mercedes-Boote)とマイバッハ-ボート(Maybach-Boote)と呼ぶこともある。

当初はゼーアドラー級の最高速度が大きくヤグアル級に劣っていたが、1960年代後半にはエンジンを改良型のマイバッハ製MD 872に換装することにより、ヤグアル級にほぼ匹敵する最高速度を手に入れた。

兵装[編集]

ヤグアル級/ゼーアドラー級の兵装は基本的に同一である。

主兵装の533mm魚雷発射管は艇体の左右に2基ずつの計4基搭載されており、魚雷の発射軸線は艇体の前後軸線からやや左右外向き(前部魚雷発射管は10°、後部魚雷発射管は15°)の角度をつけて取り付けられている。艇内に予備魚雷は搭載不可能なため、魚雷の再装填には母港に帰還するか補給艦と合流する必要がある。

搭載魚雷は、当初はフランスから第二次世界大戦中にドイツが生産したG7a魚雷(最大速度44ノット時の射程距離6km)の供給を受けていたが、G7a魚雷の在庫が払底すると、その後継としてイギリス製のMk 8 魚雷(最大速度44.5ノット時の射程距離4.5km)を装備するようになった[2]

甲板上には、対空兵装と二次的対水上火力を兼ねて艦橋の前後に1門ずつのボフォース 40mm機関砲を装備している。対空用の射撃管制装置も設置されている。

オプションで機雷の敷設能力も付与することが可能であり、後部の魚雷発射管2基を撤去することで2基の機雷敷設装備とそれぞれに23基の機雷を搭載することが可能である。

この他には対潜水艦用の爆雷4発を搭載しているが、潜水艦捜索用のソナーは装備していない。

同型艇[編集]

ヤグアル級[編集]

ヤグアル級は西ドイツ海軍から退役後、11隻をトルコ海軍が引き取り内7隻を再就役させたが、1993年までに全て退役した。

トルコ海軍に引き取られなかった9隻のうち、フランス海軍標的艇として1隻を引き取ったほかはほとんどが解体された。うち1隻はブレーメン州ブレーマーハーフェンにて展示されていたが、こちらも2006年に解体されている。

ヤグアル級 / 140型
艦番号 艦名 就役 退役 備考
P6059 / S1 ヤグアル
Jaguar
1957年11月16日 1973年6月22日
P6058 / S2 イルティス
Iltis
1957年12月19日 1975年1月31日 トルコ海軍に標的艇として売却。後にスクラップとして解体。
P6062 / S3 ヴォルフ
Wolf
1958年2月12日 1975年3月21日 トルコ海軍において、P335 ユルドゥズ(Yıldız)として再就役。1993年6月17日に退役。
P6061 / S4 ルクス
Luchs
1958年3月27日 1972年12月1日
P6060 / S5 レオパルト
Leopard
1958年5月20日 1973年5月28日
P6065 / S12 ルーヴェ
Löwe
1959年2月5日 1975年4月25日 トルコ海軍において、P332 カルカン(Kalkan)として再就役。1981年7月20日に退役。
P6066 / S13 フクス
Fuchs
1959年3月17日 1973年7月13日
P6067 / S14 マルダー
Marder
1959年7月7日 1972年6月2日
P6082 / S15 ヴァイエ
Weihe
1959年10月28日 1972年7月5日 フランス海軍に標的艇として売却。1986年にトゥーロン沖にて撃沈。
P6083 / S16 クラーニヒ
Kranich
1959年12月19日 1973年11月2日 ブレーマーハーフェンにおいて博物館船として展示。2006年にスクラップとして解体。
P6085 / S17 シュトルヒ
Storch
1960年3月12日 1974年3月29日 トルコ海軍において、P331 トゥファン(Tufan)として再就役。1988年2月24日に退役。
P6087 / S18 ハーヘル
Häher
1960年4月5日 1974年12月15日 トルコ海軍において、P333 ミズラク(Mızrak)として再就役。1981年7月20日に退役。
P6088 / S19 エルスター
Elster
1960年7月8日 1974年7月19日
P6089 / S20 ライハー
Reiher
1960年8月15日 1973年8月21日 トルコ海軍に引き渡し後解体。
P6091 / S21 ドメル
Dommel
1961年2月4日 1974年3月22日
P6090 / S22 ペンギン
Pinguin
1961年3月28日 1972年12月14日 短期間、第71テストセンター(Erprobungsstelle 71)において運用された。
後にトルコ海軍においてP336 キリク(Kılıç)として再就役。1988年12月31日に退役。
P6063 / S23 ティーガー
Tiger
1958年10月15日 1974年12月20日 トルコ海軍において、P334 カライェル(Karayel)として再就役。1981年7月20日に退役。
P6064 / S24 パンター
Panther
1958年12月12日 1973年3月1日
P6084 / S29 アルク
Alk
1960年1月14日 1974年8月6日 トルコ海軍に引き渡し後解体。
P6086 / S30 ペリカン
Pelikan
1960年3月30日 1974年5月31日 トルコ海軍において、P330 フルトゥナ(Fırtına)として再就役。1985年に退役。

ゼーアドラー級[編集]

西ドイツ海軍から退役したゼーアドラー級は、10隻全てをギリシャ海軍が引き取りその内7隻を再就役させたが、2005年に最後の艇が退役した。

ゼーアドラー級 / 141型
艦番号 艦名 就役 退役 備考
P6068 / S6 ゼーアドラー
Seeadler
1958年8月29日 1976年7月30日 ギリシャ海軍にて、P50(1980年以降の新しい艦番号:P196) エスペロス(ΕΣΠΕΡΟΣ)として再就役。2004年に退役。
P6069 / S7 アルバトロス
Albatros
1959年1月27日 1975年12月19日 ギリシャ海軍に引き渡し後解体。
P6070 / S8 コンドル
Kondor
1959年2月24日 1976年7月25日 ギリシャ海軍にて、P54(P228) ライラプス(ΛΑΙΛΑΨ)として再就役。2004年に退役。
P6071 / S9 グライフ
Greif
1959年3月3日 1976年12月1日 ギリシャ海軍にて、P53(P199) キュクロン(ΚΥΚΛΩΝ)として再就役。2005年に退役。
P6072 / S10 ファルケ
Falke
1959年4月14日 1975年9月26日 ギリシャ海軍にて、P51(P197) カタイギス(ΚΑΤΑΙΓΙΣ)として再就役。1981年に退役。
P6073 / S11 ガイヤー
Geier
1959年6月3日 1975年6月27日 ギリシャ海軍にて、P56(P230) ティフォン(ΤΥΦΩΝ)として再就役。2005年に退役。
P6074 / S25 ブッサルト
Bussard
1959年3月21日 1975年11月28日 ギリシャ海軍に引き渡し後解体。
P6075 / S26 ハビヒト
Habicht
1959年6月21日 1976年9月24日 ギリシャ海軍にて、P52(P198) ケンタウロス(ΚΕΝΤΑΥΡΟΣ)として再就役。1995年に退役。
P6076 / S27 シュペルバー
Sperber
1959年7月1日 1976年2月27日 ギリシャ海軍に引き渡し後解体。
P6077 / S28 コルモラン
Kormoran
1959年11月9日 1976年11月26日 ギリシャ海軍にて、P55(P229) スコルピオス(ΣΚΟΡΠΙΟΣ)として再就役。1995年に退役。

脚注[編集]

  1. ^ 西ドイツ初の国産大型水上戦闘艦であるケルン級フリゲート1番艦「F220 ケルン」の起工は1957年、就役は1961年である。
  2. ^ このMk 8魚雷は非常に優秀な魚雷であり、1982年のフォークランド紛争においてイギリス海軍の原子力潜水艦「S48 コンカラー」がアルゼンチン海軍の巡洋艦「ヘネラル・ベルグラノ」を撃沈する際にも使用された。

外部リンク[編集]