ヌマンシア (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
艦歴
建造者 バサン
フェロル造船所
運用者 Flag of Spain.svgスペイン海軍
計画
発注
起工 1986年1月8日
進水 1987年1月29日
竣工
就役 1989年11月17日
退役
除籍
除籍後
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 フリゲート
艦級 サンタ・マリア級
排水量 基準 3,610t
満載 4,177t
全長 137.8m
全幅 14.3m
深さ
高さ
吃水 8.6m
機関 COGAG方式、1軸推進
* LM2500 ガスタービン × 2基
* 非常用旋回式スラスタ(350 HP) × 2基
機関出力 41,000HP
速力 最大速 30 + ノット
燃料
航続距離 18ktで5,000海里
潜航限界深度
乗員 士官15名、兵員190名
搭載量
兵装 * 3インチ62口径単装速射砲 × 1基
* メロカ 20mmCIWS × 1基
* M2 12.7mm単装機銃 × 4挺
* Mk 13 mod 4 ミサイル単装発射機 × 1基
* Mk 32 mod 7 3連装短魚雷発射管 × 2基
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機 SH-60B シーホーク × 2機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I * NTDS (TRITAN+リンク 11 / 14)
* Mk 116 水中射撃指揮装置 × 1基
* Mk 92 砲・ミサイル射撃指揮装置 × 1基
レーダー * AN/SPS-49 対空
* AN/SPS-55 対水上
ソナー * AN/SQS-56 艦首
* SQR-19曳航ソナー (TACTASS)
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
* Nettunel ESM装置
* Mk 36 SRBOC チャフフレア展開装置
愛称
モットー
その他

ヌマンシアスペイン語SPS Numancia, F-83)は、スペイン海軍のミサイルフリゲートサンタ・マリア級フリゲートの3番艦。艦名はヌマンシアに由来する。

艦歴[編集]

「ヌマンシア」は、バサンフェロル造船所で1986年1月8日に起工し、1987年1月29日に進水、1989年11月17日に就役した。

2000年9月25日にアメリカ海軍給油艦ルロイ・グラマン」 (USNS Leroy Grumman, T-AO-195) と衝突事故を起こした。

2009年に欧州連合主導によるソマリア沖の海賊対策であるアタランタ作戦に旗艦として参加する。

2013年3月22日に母港ロタ海軍基地を出航し、4月6日にジブチに寄港しアタランタ作戦に2度目の参加をする[1]

脚注[編集]

  1. ^ Spanish Warship ESPS Numancia Starts Her Second Deployment With The EU Naval Force

関連項目[編集]