ビクトリア (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Victoria (F82).jpg
艦歴
建造者 バサン
フェロル造船所
運用者 Flag of Spain.svgスペイン海軍
計画
発注
起工 1983年8月16日
進水 1986年7月23日
竣工
就役 1987年11月11日
退役
除籍
除籍後
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 フリゲート
艦級 サンタ・マリア級
排水量 基準 3,610t
満載 4,177t
全長 137.8m
全幅 14.3m
深さ
高さ
吃水 8.6m
機関 COGAG方式、1軸推進
* LM2500 ガスタービン × 2基
* 非常用旋回式スラスタ(350 HP) × 2基
機関出力 41,000HP
速力 最大速 30 + ノット
燃料
航続距離 18ktで5,000海里
潜航限界深度
乗員 士官15名、兵員190名
搭載量
兵装 * 3インチ62口径単装速射砲 × 1基
* メロカ 20mmCIWS × 1基
* M2 12.7mm単装機銃 × 4挺
* Mk 13 mod 4 ミサイル単装発射機 × 1基
* Mk 32 mod 7 3連装短魚雷発射管 × 2基
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機 SH-60B シーホーク × 2機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I * NTDS (TRITAN+リンク 11 / 14)
* Mk 116 水中射撃指揮装置 × 1基
* Mk 92 砲・ミサイル射撃指揮装置 × 1基
レーダー * AN/SPS-49 対空
* AN/SPS-55 対水上
ソナー * AN/SQS-56 艦首
* SQR-19曳航ソナー (TACTASS)
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
* Nettunel ESM装置
* Mk 36 SRBOC チャフフレア展開装置
愛称
モットー
その他

ビクトリアスペイン語: SPS Victoria, F-82)は、スペイン海軍のミサイルフリゲートサンタ・マリア級フリゲートの2番艦。

艦歴[編集]

「ビクトリア」は、バサンフェロル造船所で1983年8月16日に起工し、1986年7月23日に進水、1987年11月11日に就役した。

2009年3月29日、ソマリア沖でアタランタ作戦に参加中、ドイツ海軍給油艦A1442 シュペッサルト」 (Spessart) が海賊の攻撃を受けた。「シュペッサルト」には40名の民間乗組員と、12名の警備部隊員が乗艦していた。彼らは小火器で海賊と交戦し、その攻撃を退けた。「ビクトリア」のSH-60 シーホークは逃走を図る海賊ボートに対して射撃を行った。オランダ海軍の「F802 デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン」 (HNLMS De Zeven Provinciën) 、ギリシャ海軍の「F 454 プサラ」 (HS Psara) 、アメリカ海軍の「LHD-4 ボクサー」 (USS Boxer) が海賊の追跡に参加した。

2010年4月から8月まで再びアタランタ作戦に参加している[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]