ビクトリア (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Victoria (F82).jpg
艦歴
建造者 バサン
フェロル造船所
運用者 Flag of Spain.svgスペイン海軍
起工 1983年8月16日
進水 1986年7月23日
就役 1987年11月11日
主要諸元
艦種 フリゲート
艦級 サンタ・マリア級
排水量 基準 3,610t
満載 4,177t
全長 137.8m
全幅 14.3m
吃水 8.6m
機関 COGAG方式、1軸推進
* LM2500 ガスタービン × 2基
* 非常用旋回式スラスタ(350 HP) × 2基
機関出力 41,000HP
速力 最大速 30 + ノット
航続距離 18ktで5,000海里
乗員 士官15名、兵員190名
兵装
艦載機 SH-60B シーホーク × 2機
C4I
  • NTDS (TRITAN+リンク 11 / 14)
    * Mk 116 水中射撃指揮装置 × 1基
    * Mk 92 砲・ミサイル射撃指揮装置 × 1基
レーダー
  • AN/SPS-49 対空
    * AN/SPS-55 対水上
ソナー
電子戦
対抗手段
テンプレートを表示

ビクトリアスペイン語: SPS Victoria, F-82)は、スペイン海軍のミサイルフリゲートサンタ・マリア級フリゲートの2番艦。

艦歴[編集]

「ビクトリア」は、バサンフェロル造船所で1983年8月16日に起工し、1986年7月23日に進水、1987年11月11日に就役した。

2009年3月29日、ソマリア沖でアタランタ作戦に参加中、ドイツ海軍給油艦A1442 シュペッサルト」 (Spessart) が海賊の攻撃を受けた。「シュペッサルト」には40名の民間乗組員と、12名の警備部隊員が乗艦していた。彼らは小火器で海賊と交戦し、その攻撃を退けた。「ビクトリア」のSH-60 シーホークは逃走を図る海賊ボートに対して射撃を行った。オランダ海軍の「F802 デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン」 (HNLMS De Zeven Provinciën) 、ギリシャ海軍の「F 454 プサラ」 (HS Psara) 、アメリカ海軍の「LHD-4 ボクサー」 (USS Boxer) が海賊の追跡に参加した。

2010年4月から8月まで再びアタランタ作戦に参加している[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]