ダーウィン (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMAS Darwin F-04.jpg
艦歴
建造者 トッド造船所
運用者 Flag of Australia.svgオーストラリア海軍
計画
発注
起工 1981年7月2日
進水 1982年3月26日
竣工
就役 1984年7月21日
退役
除籍
除籍後
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 フリゲート
艦級 アデレード級
排水量 基準 5,700トン
満載 6,900トン
全長 138.0m
全幅 14.0m
深さ
高さ {{{高さ}}}
吃水 7.5m
機関 * ゼネラル・エレクトリック LM2500 ガスタービンエンジン ×2基
機関出力 41,000hp
速力 最大速 29kt
燃料
航続距離 4,500海里(20kt)
潜航限界深度
乗員 170名
搭載量
兵装 * Mk 13発射機(ハープーンSM-1
* ファランクスCIWS × 1基
* Mk 32 3連装単魚雷発射管 × 2基
* OTOメララ76mm砲 × 1基
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機 S-70B シーホーク × 2機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I
レーダー
ソナー {{{ソナー}}}
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
愛称
モットー Resurgen
その他

ダーウィンHMAS Darwin ,FFG 04)はオーストラリア海軍アデレード級フリゲートの4番艦。艦名はノーザンテリトリー準州の首府であるダーウィンに由来する。

艦歴[編集]

ダーウィンはワシントン州シアトルトッド造船所1981年7月2日に起工され、1982年3月26日に進水、1984年7月21日に就役した。

一番艦「アデレード」からこの「ダーウィン」まではアメリカで建造されたが、以降の2隻はオーストラリアでライセンス生産された。FFG UP SEA1930に基づくアップグレードが予定されている。

1999年9月19日から11月3日までオーストラリア人の指揮下で東ティモール国際軍の一部として東チモールに展開する。2001年にはソロモン諸島に展開される。

「ダーウィン」は2007年から2008年にかけてニューサウスウェールズ州ガーデンアイランドにある海軍基地にて大規模アップグレードと修理を受け、2008年11月に通常任務に復帰する。

2009年3月13日朝、「ダーウィン」は1988年のオーストラリア200周年祭以来、シドニー港で実施された観艦式で17隻中、最も大きな艦艇として式典に参加する。

2010年にはRAN戦闘名誉システムの見直しに続き、「東チモール1999」、「ペルシャ湾2003-03」および「イラク2003」の3つの戦闘名誉が与えられた。

2012年に「FFH 157 パース」、「SSG-74 ファーンコム」と共にリムパックに参加する。

外部リンク[編集]