テイラー (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Taylor FFG-50
艦歴
発注:
起工: 1983年5月5日
進水: 1983年11月5日
就役: 1984年12月1日
退役: 2015年5月8日
除籍:
その後: 売却予定
要目
排水量 基準: 3,225 t
満載: 4,100 t
全長 453 ft (138 m)
全幅 45.4 ft (13.8 m)
吃水 24 ft (7.3 m)
機関 COGAG方式
LM2500-30ガスタービンエンジン (20,500hp) ×2基
可変ピッチプロペラ(5翔)×1軸
非常用旋回式スラスタ(350hp)×2基
最大速 29ノット以上
航続距離 4,500 海里(20ノット巡航時)
乗員 206名(士官13名)
兵装 Mk.75 76mm単装速射砲×1基
Mk.38 25mm単装機銃×2基
Mk.15 20mmCIWS×1基
M2 12.7mm単装機銃×4基
Mk.13 mod.4単装ミサイル発射機×1基
* SM-1MR SAM
* ハープーンSSM を発射可能

※2003年以降撤去
Mk.32 mod.17 3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 SH-60B LAMPSヘリコプター×2機
C4ISTAR NTDS (JTDSリンク 11/14)
Mk.92 FCS (SM-1MR, 76mm砲用)
AN/SQQ-89 ASWCS
センサ AN/SPS-49 対空捜索レーダー
AN/SPS-55 対水上捜索レーダー
AN/SQS-56 船底装備ソナー
AN/SQR-19 曳航ソナー
電子戦 AN/SLQ-32(V)5 ESM/ECM装置
Mk.36 デコイ発射装置
モットー: Proud Defender

テイラー (USS Taylor, FFG-50) は、アメリカ海軍のミサイルフリゲートオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートの40番艦。艦名はベトナム戦争で戦死し、死後に海軍十字章を受章したパイロット、ジェシー・J・テイラー海軍中佐に因む。その名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

テイラーはメイン州バスバス鉄工所で1983年5月5日に起工する。1983年11月5日に進水し、1984年12月1日に就役した。命名はテイラー中佐の未亡人、バーバラ・A・テイラーと、彼女の花嫁付添人のダイアン・テイラー=オウランドによる。

1985年から93年の間はサウスカロライナ州チャールストンを母港とした。1987年、大西洋常設海軍部隊(STANAVFORLANT)の一員として北欧に展開。また、1988年のアーネスト・ウィル作戦に参加し、ペルシャ湾に展開した。

1993年、母港をフロリダ州メイポート海軍補給基地に変更し、第24駆逐戦隊に所属する。

2008年8月、テイラーはドイツ海軍ブレーメン級リューベックスペイン海軍アルバロ・デ・バサン級アルミランテ・ファン・デ・ボルボーンポーランド海軍O.H.ペリー級ゲネラウ・カジミェシュ・プワスキNATO所属フリゲートと共に、黒海での演習のためにボスポラス海峡を通過した。これらは2007年10月時点で既に予定されていた演習だが、南オセチア紛争の当事者であるロシアが情勢への影響に対して懸念を表明した[1]。2010年9月、ロシアの戦略爆撃機Tu-95に接近された[1]。2014年1月8日、第5、第6艦隊への配備という最後の任務のために母港を離れる。2月にはソチオリンピックのサポートとして、第6艦隊旗艦・揚陸指揮艦マウント・ホイットニーと共に黒海に入る[2]。2月12日、トルコサムスン沖で停泊中に座礁[3]。この事故により、艦長デニス・ヴォルペ中佐は更迭された[4]。2014年12月4日、アメリカ上院は本艦を含む4隻のオリバー・ハザード・ペリー級台湾へ売却する内容を含む法案を可決した[5]

2015年5月8日退役し、現在は台湾海軍への移籍を待つ状態である。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]