鄭和 (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cheng Kung class frigate.jpg
艦歴
発注
起工 1991年12月21日
進水 1992年10月15日
就役 1994年3月28日
退役
その後
除籍
性能諸元
排水量: 基準 3,610トン
全長 138.1m(453フィート)
全幅 14.3m(47フィート)
吃水 4.9m(16.34フィート)
機関 COGAG方式(41,000hp) 1軸推進
LM2500-30ガスタービン 2基
非常用旋回式スラスタ(350 hp) 2基
速力 最大30ノット
航続距離 4,500海里(20ノット)
乗員 217人(飛行要員19人)
兵装 62口径76mm単装速射砲 1基
ボフォース350PX 40mm単装機関砲 2基
ファランクス 20mmCIWS 1基
Mk 13 mod 4 ミサイル単装発射機
スタンダードMR SAM用)
1基
雄風II型SSM 4連装発射機 2基
Mk 32 3連装短魚雷発射管
Mk46短魚雷用)
2基
艦載機 S-70C-1哨戒ヘリ 2機
C4I 大成 (台湾版NTDS; リンク 11 / 14)+JTIDS (リンク 16)
JTDS+Mk 92 GMFCS+Mk 116 UBFCS
レーダー SPS-49 対空捜索
SPS-55 対水上
STIR-240 射撃指揮
ソナー SQS-56 船底装備
電子戦
対抗手段
SLQ-32(V)5統合電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフフレア展開装置
モットー

鄭和 (ROCS Cheng Ho,FFG-1103)は、台湾海軍フリゲート(巡防艦)。成功級フリゲートの2番艦。艦名は鄭和に因む。

鄭和は1991年12月21日に起工し、1992年10月15日に進水、1994年3月28日に就役した。成功級はオリバー・ハザード・ペリー級の後期型と同じ船体長を持つものの、搭載兵装および電子機器で相違点がある。

鄭和は2006年3月にパラオで接触事故を起こした。

関連項目[編集]