シドニー (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMAS Sydney 1991.jpg
艦歴
発注
起工 1980年8月21日
進水 1980年9月26日
就役 1983年1月29日
退役
その後 就役中
性能諸元
排水量 4,200トン
全長 138メートル
全幅 14メートル
吃水 7.5メートル
機関 ゼネラル・エレクトリック
LM2500 ガスタービンエンジン 2基(41,000hp)
1軸推進 COGAG方式
非常用旋回式スラスタ(350 hp) 2基
速力 29ノット
航続距離 4,500海里(20ノット)
兵装 Mk 75 76mm単装砲 1基
Mk 15 20mmCIWS 1基
Mk 41 VLS(8セル、ESSM用)1基
Mk 13 ミサイル発射機スタンダードSM-2MR SAM / ハープーン SSM) 1基
Mk 32 3連装短魚雷発射管 2基
乗員 184名 +航空要員
搭載機 S-70B シーホーク 2機
モットー Thorough and Ready

シドニー (HMAS Sydney, FFG 03) はオーストラリア海軍アデレード級フリゲートの3番艦。艦名はシドニーに由来する。

艦歴[編集]

シドニーはワシントン州シアトルトッド・パシフィック造船所1980年8月21日に起工され、1980年9月26日に進水、1983年1月29日に就役した。

「シドニー」はオーストラリア海軍の整備計画FFGUP SEA 1390によって大規模なアップデートが実施された。今回の改装の特徴は、Mk 13発射機の前部にMk 41 VLSを装備したことであり、この他には、ディーゼル発電機、戦闘システム、空調システムなどが更新され、配線も一新された。これにより排水量は4,200トンと以前と比べ100トン程度増加した。今後、「ダーウィン」、「メルボルン」、「ニューカッスル」についても順次行われる予定である。なお、老朽化が進んだ1番艦「アデレード」は2008年1月19日 、2番艦「キャンベラ」は2005年11月12日に退役した。

2012年10月14日、アメリカ海軍タイコンテロガ級シャイローシンガポール海軍エンデュアランス級揚陸艦パーシステンスと共に平成24年度海上自衛隊観艦式に参加。国際観艦式を除き、自衛隊の観艦式に参加した初めての外国鑑となった[1]

要目 (改装前)[編集]

  • 排水量:4,100 トン
  • 全長:138 m
  • 全幅:13.7 m
  • 吃水:4.5 m
  • 武装
    • Mk 13 単装ミサイル発射機(ハープーン、SM-1MR
    • Mk 92 FCS
    • Mk 75 3インチ62口径単装速射砲×1
    • ファランクスCIWS×1
    • Mk 32 3連装単魚雷発射管×2
  • 機関:2 × ゼネラル・エレクトリック LM2500 ガスタービンエンジン
  • 速力:30ノット
  • 航空機:ヘリコプター 2機(シーホーク×2、またはシーホーク×1 + AS350B×1)
  • 乗員:210名

脚注[編集]

外部リンク[編集]