シンプソン (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Simpson FFG-56
艦歴
発注: 1982年3月22日
起工: 1984年2月27日
進水: 1984年8月31日
就役: 1985年11月9日
退役:
除籍:
その後: 就役中
要目
排水量 基準: 3,225 t
満載: 4,100 t
全長 453 ft (138 m)
全幅 45.4 ft (13.8 m)
吃水 24 ft (7.3 m)
機関 COGAG方式
LM2500-30ガスタービンエンジン (20,500hp) ×2基
可変ピッチプロペラ(5翔)×1軸
非常用旋回式スラスタ(350hp)×2基
最大速 29ノット以上
航続距離 4,500 海里(20ノット巡航時)
乗員 206名(士官13名)
兵装 Mk.75 76mm単装速射砲×1基
Mk.38 25mm単装機銃×2基
Mk.15 20mmCIWS×1基
M2 12.7mm単装機銃×4基
Mk.13 mod.4単装ミサイル発射機×1基
* SM-1MR SAM
* ハープーンSSM を発射可能

※2003年以降撤去
Mk.32 mod.17 3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 SH-60B LAMPSヘリコプター×2機
C4ISTAR NTDS (JTDSリンク 11/14)
Mk.92 FCS (SM-1MR, 76mm砲用)
AN/SQQ-89 ASWCS
センサ AN/SPS-49 対空捜索レーダー
AN/SPS-55 対水上捜索レーダー
AN/SQS-56 船底装備ソナー
AN/SQR-19 曳航ソナー
電子戦 AN/SLQ-32(V)5 ESM/ECM装置
Mk.36 デコイ発射装置
モットー: "Attaquer en Vigueur"
(Attack with Vigor)

シンプソン (英語: USS Simpson, FFG-56) は、アメリカ海軍のミサイルフリゲートオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートの46番艦。艦名はロジャー・W・シンプソン海軍少将(1898 - 1964)に因む。

艦歴[編集]

シンプソンはメイン州バス鉄工所で1984年2月27日に起工する。1984年8月31日に進水し、1985年11月9日に就役した。イラン・イラク戦争中の1988年1月にはペルシャ湾に展開し、クウェートの石油タンカー護衛任務に従事する。1988年4月17日、シンプソンはプレイング・マンティス作戦サミュエル・B・ロバーツ触雷に対するアメリカ軍の作戦)に参加した。

4月18日の09:00頃にシンプソンはウェインライト (USS Wainwright, CG-28) 、バグレイ (USS Bagley, FF-1069) からなるチャーリー水上戦闘グループの一艦として、ペルシャ湾においてイラン海軍の石油施設および通信施設を破壊、その後同グループはカマン級ミサイル・パトロール艇ジョシャンに遭遇、ジョシャンはミサイルを発射した。戦闘グループの指揮官(ウェインライト艦長)はシンプソンにミサイルによる迎撃を指示し、シンプソンのミサイルはジョシャンの上部構造に直撃、その後グループによる砲撃でジョシャンは沈没した。この戦闘によりシンプソンは共同部隊功績章、戦闘徽章、装甲遠征メダルを受賞した。

2006年の時点でシンプソンはフロリダ州メイポートを母港とし、第14駆逐戦隊に所属する。

シンプソンは戦闘に於いて航空機を含まない艦上装備で敵艦を撃沈した2隻の現役艦艇の内の1隻である。(もう1隻は帆走フリゲートのコンスティチューションであり、この米海軍の象徴的な帆船が敵艦を最後に撃沈したのは、1812年のことである)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]